早川奈穂子 Pianist ♩*。

コンサートピアニスト*イギリス人の夫と共にプレイエル(1845年)でCD制作中。 ソロ、協奏曲ソロイスト、室内楽、歌曲、オペラまで各ピアニストとして招聘され出演する他コンクール審査員も務める。 http://naokohayakawa.com ♪ 6月7月プレイエルでリサイタル

バラード1番 ~ 一番孤独な風景

こちらも過去ブログからの転載です。 2017.6.13 ショパンのバラード1番は、故郷のワルシャワ(ポーランド)を旅立ち、パリに着いた少し後から作曲されました。 その作曲…

ショパンのペダルについて(動画)とFriedrich Wieckの言葉。

下記の様な所も スタッカート(ペダルなし) ↓ スタッカートなし ↓ ペダル とショパンは書き分けているのです。。⁎ˇ◡ˇ⁎ ♡ この様な箇所は他の作品でも、もっと…

音感の始まり 0~2歳

こちらも過去記事の転載です☘️  2014.9.26 楽器を4~7歳で始めるのと、8歳~ではまるで違う、という記事を見かけましたが、 よく聞かれる「音感」に関しては、一番初…

「楽譜をよく読む」の落とし穴。

こちらも過去のFBの記事。転載しておきます。☘️ 【「楽譜をよく読む」の落とし穴。】2018.10.3 クラシック音楽の世界では、「楽譜を忠実に読み込み」ということがよく…

演奏は、身体の周波数、脳波の調整。

過去、2020年8月29日のFB投稿を転載します。 私は作品を解釈する時、演奏する時、 自分をどんどん無くし、身体の感覚も消してゆきます。 日々の練習は、そこに到達するた…

声楽曲から見える世界

お仕事でたくさんの声楽曲を弾いてきた後でフォルテピアノに出会って その順番で良かったと・・・最近本当によく思います。 フォルテピアノを弾く時、子音の感覚、間の感覚、…