vol.019 【レポート】エクスチェンジプログラムvol.6 JST×大阪大学×大阪市中央公会堂 サイエンスアゴラ in 大阪 ラウンドテーブル 「Dialogue for Life〜コロナ禍を生きる私たちの未来に向けて〜」
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

vol.019 【レポート】エクスチェンジプログラムvol.6 JST×大阪大学×大阪市中央公会堂 サイエンスアゴラ in 大阪 ラウンドテーブル 「Dialogue for Life〜コロナ禍を生きる私たちの未来に向けて〜」

Creative Island Nakanoshima

開催日時:2022年2月10日(木)18:30〜21:00
会場:大阪市中央公会堂 中集会室
〈登壇者〉
石黒浩(大阪大学栄誉教授、大阪・関西万博テーマ事業プロデューサー)
玉川弘子(大阪商工会議所地域振興部長 兼万博協力推進室長)
熊谷晋一郎(東京大学 先端科学技術研究センター准教授 ※オンライン参加)〈ファシリテーター〉
堂目卓生(大阪大学 社会ソリューションイニシアティブ長)
〈コメンテーター〉
サリー楓(株式会社日建設計 コンサルタント、建築デザイナー)
永井佑依(a-tune副代表、大阪大学外国語学部学部生)

「コロナ」「いのち」「25年万博」をキーワードに、ラウンドテーブル

 サイエンスアゴラin大阪/ ラウンドテーブル「Dialogue for Life」(大阪大学21世紀懐徳堂主催、科学技術振興機構、アートエリアB1など共催)を2月10日、大阪市中央公会堂で開催。約70人が参加し、約360人がWEB聴講しました。

 基調講演で石黒浩・大阪大学栄誉教授が「人間とは何か? 命の可能性を拡げる試み」と題し、「アバター共生社会の実現を、ムーンショット・プロジェクトで進めています。25年万博では、人間性を失わないようにしながら、技術が支えるいのちを描きたい」と話しました。

 ディスカッション「Dialogue for Life~コロナ禍を生きる私たちの未来に向けて~」では、脳性マヒを抱える熊谷晋一郎・東京大学先端科学技術研究センター准教授が「狭義の『障がい者』にとどまらず、障がいというものがコロナ禍で普遍化し、差別が広がっている」と分析。玉川弘子・大阪商工会議所地域振興部長は「コロナのもと、地元企業などへの支援を続けている。万博に向けては、人とロボットが共に暮らせる『コモングラウンド』実現を目指したい」と述べました。

 また、コメンテーターとして、トランスジェンダーである建築デザイナー、サリー楓さんは「新しい共助の感覚を、広げていきたい」と、大阪大学学生サークル「a-tune」の永井佑依副代表は「『ユニティ』を目指して国内外の学生と交流している。多様性を広げたい」と語りました。

ファシリテーターは、堂目卓生・大阪大学社会ソリューションイニシアティブ機構(SSI)長が務めました。

レポート執筆:嶋谷泰典(大阪大学21世紀懐徳堂)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Creative Island Nakanoshima
「クリエイティブアイランド中之島」は、創造的な実験島として、 大阪・中之島にある14の文化施設等による国内最大規模の創造ネットワークです。 施設と施設だけでなく、人と人、人と文化、文化と自然など、 様々なものをつなぎ、新しいものを生み出していく島を目指すプロジェクトです。