見出し画像

焼く派?茹でる派?

はじめまして!freeeにBizとして2019年新卒入社予定のゆうとです。
現在、内定者インターンとしてSMB事業部に所属しています。
主な業務はLG(Lead Nurturing)活動です!

この記事はfreee 19新卒 Advent Calendar 2018の18日目の記事になります!

はじめに

まずは自己紹介から!!

群馬県桐生市出身です。
群馬県は「異国」や「グンマー帝国」など言われてイジられます。群馬が魅力的過ぎてみんな嫉妬しているんですよね。きっと…

脱線しましたが、気を取り直して。

サッカーを11年間やった後、大学では2年間本格的に登山をしました。
山岳部では富山県、長野県の山を中心に1年間で35回以上は登りました。
イッテQのイモトみたいなことしていました。笑

なぜ、山岳部に入部したのかというと…
見たことのない景色を自分の目で見たかったからです!!

本題

今回は山での経験を書きます。
※山の中では極度に空腹の状態です。これを前提に読んで下さい。笑

〜吹雪の深夜、標高2500mの出来事〜

テントで一緒に寝ていたのは同期と先輩。
入眠から3時間経過… 息苦しい。

目を開けると雪で潰れかけたテントの屋根が目の前に!!

テントが埋もれて半分程の大きさになっている…。普通はあり得ない。

ゾッとして起きたが寝起きで頭が働かない。
焦ってテントの外に出ようとするが出られない。

同期と私「え?なんで…?」

なぜなら…
吹雪の影響で出口が塞がっていたから。

手袋を装着してモグラのように掻いて脱出した。

ビュー
バチバチ…

ビュー
バチバチ…

外へ出ると吹雪が体にあたる。

スコップを使ってテントの雪を掘り続けた。
テントが潰れると帰れないため命懸けである。

2時間以上は掘り続けたと思う…
外も明るくなり始めた頃、テントの無事を確認できた。

同期「これで生きては帰れるなぁ…」
緊張が解けて疲れが体を襲う。

無我夢中で雪掻きをしていたため自分の体の状態を気にしてなかった…

ホッとした頃には右手の中指、薬指の感覚がない。
パンパンで曲がらない。色は少し白い。

先輩「これは凍傷の可能性があるなぁ」

私「指がなくなるのは寂しいです…」

先輩「まずはぬるま湯で温めよう」

指を温め続けた。

30分後…

先輩「指、ちょっと見して」

見た瞬間…

先輩「茹でたシャウエッセン!!

同期と私「ん!?…」(目を合わせる)

早く下山してソーセージが食べたいなぁ。
と思った夜明けでした。

ソーセージは焼く派?茹でる派?

完。

おわりに

♪クーリスマスが今年もやって来る〜
♪悲しかった出来事を 消し去るように〜
(すてきなホリデイ)

みなさんクリスマスのご予定はお決まりでしょうか。
何をしようかな、どこ行こうかなと悩んでいるそこの貴方。

ずばり…

剱岳(飛騨山脈(北アルプス)北部の立山連峰にある標高2,999 mの山)
に挑戦してみては!?
※私が凍傷になった山です。
※雪山登山には厳しい訓練が必要です。

読んでいただき、ありがとうございました!!

画像参考文献:https://www.nipponham.co.jp/sp/seq/

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。