見出し画像

美肌づくりはクレンジングから【スキンケアを始めたい、見直したい方向け】

ファンデーションなどのお化粧は、洗顔剤だけでは落ちにくく、洗顔をする前にメイク落としを使うことはお肌にとっても大切です。

クレンジング剤いわゆるメイク落としですが、いろいろなタイプがありますよね。

たくさん種類があって、何がよいのか選ぶのに迷いませんか???

それぞれのクレンジング剤には、お肌のとってメリットとデメリットがあります。

まずは、それらについてお伝えします。

①オイルタイプ

【メリット】 
洗浄力が高く、手早くクレンジングができる
【デメリット】
お肌に必要なうるおいまで落としてしまう。そのため乾燥しやすい。乾いた手でしか使えないものもある

②石けんタイプ

【メリット】 
洗浄力が高い。皮脂や汚れをしっかり落とせる
【デメリット】
お肌に必要なうるおいまで落としてしまう。石けんそのものが刺激になってしまうことも

③シートタイプ

【メリット】
手早くクレンジングが可能。場所を選ばないので手軽
【デメリット】
毛穴の中の汚れが落ちにくい。シートで拭き取る摩擦で、お肌に負担がかかる

④リキッドタイプ

【メリット】
クレンジング剤に油分をほとんど含まないため、マツエクをしていてもOK
【デメリット】
洗浄力が弱め

⑤クリーム・乳液タイプ

【メリット】
洗浄力が高め、お肌への負担が少ない
【デメリット】
水に弱いため、浴室で使いにくい


みなさんは、お使いのクレンジング剤の特徴を意識してお使いでしたか?

例えば、お肌の乾燥が気になる方がオイルタイプや石けんタイプを使用していると、余計に乾燥してしまうかもしれません。

手軽だからとシートタイプをいつも使っていると、摩擦でお肌を傷つけたり毛穴のざらつきにつながるかも・・・。

私、n.sarubiaが取り扱っているノエビア化粧品では、
⑤クリーム・乳液タイプをおすすめしています。

お風呂でバシャバシャとはいきませんが、お肌への負担が少ない上に洗浄力があり美肌をめざすみなさんにオススメです。

クレンジングの基本

とにかくやさしくお肌になじませること!ゴシゴシはNGです。
ゴシゴシしないコツは、「手のひら全体でなじませる」

指先だけでなじませると、意外と力が入りお肌の摩擦につながりますまた、指先だけだと時間がかかりますし、洗い残しの原因にも・・・

でも、指先だけでクレンジングしている方、結構見ます。

「ムンクの叫び」の手のあて方がベストですよ。

ゆっくりやさしくなじませていると、最初は手触りが重く感じますが、次第にスルスルと手触りが軽くなります。そうなると、メイクとクレンジング剤がしっかりなじんだサイン

洗い流しタイプは洗い流し、拭き取りタイプはティッシュで拭き取ります。

その時のポイントは、「やさしく」です。

洗い流しも、拭き取りもゴシゴシしてはお肌をきずつけます。

そのあとは、お風呂などで洗顔フォームを使って洗顔です文章では分かりにくいところもあると思います

ノエビアオンラインショップに、洗顔方法の動画ありますので、ぜひご覧下さい(1分30秒ほどの動画です)

お肌にクレンジング剤をなじませるときの力加減も、わかりやすく動画で説明しています

クレンジング


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2
素肌やからだの中からキレイになるお手伝い♪「n.sarubia」(エヌ.サルビア)安田紀子です。 保健師として20年勤務してきた経験を生かし美容や健康に関する記事を投稿しています。 普段は、高知県田野町と高知市を拠点に、美容や健康に関する講座やイベントを開催しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。