「コロナ禍の中での船出、それも自分らしいのかも」
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

「コロナ禍の中での船出、それも自分らしいのかも」

無我夢中人

MyStory『無我夢中人#006』
ジュエリーデザイナー 谷口堅一郎(その2)

縁もゆかりも無かった土地で暮らして5年。谷口さんは、ここ愛媛県松山市で独立し、開業することを決めた。東京時代からあたためていたオリジナルブランド「here to stay」(普遍的になる/当たり前になることの意)を屋号として。

2019年12月、谷口さんは退職の意を会社に伝え、独立の準備を始めた。自分を表現する場所。お客さんの想いを繋ぐ仕事。夢がひとつ叶う。

画像2

しかし、翌、2020年1月、コロナウイルスの感染がジワジワと広がり始める。そして、退職する4月には、世界中がコロナのニュース一色に。

正直「まずいぞ」と思ったけど、今更、会社に戻りたいとは言えない。やるしかなかった。

松山の暮らしに慣れてきたとは言え、知り合いがそれほどいる訳でもない。まさに顧客0からの出発。それは覚悟出来ていたが、コロナ禍は想定外。こんな状況の中でジュエリーをつくりたい人なんているのか?不安ばかりに襲われた。

開き直るしかない「これも、自分らしいのかもしれない」コロナ禍の6月「here to stay」は、ひっそりとオープンした。

店舗にあまり商品を持たない谷口さんのお店は、オープンしたからといってお客様がやって来るという商売ではない。ローカル媒体に片っ端から連絡を取り、記事に取り上げてもらった。少しずつお客様が訪れる様になり、お客さんがお客さんを呼ぶ様になった。

画像1

大切な記念に作るリング。祖母から貰ったものをリフォームするリング。我が子のイニシャルをデザイン化して刻むリング。そこには様々な想いが世界でひとつしかないリングとして形取られていく。

谷口さんに、今後の「夢や目標」を尋ねると、意外な答えが返ってきた。

「夢はもう叶ったと思ってるんです」

何も持たずにミュージシャンを目指して福井を飛び出してから27年。人の「想い」を繋ぐジュエリーづくりに人生をかけている。”here to stay”. それは、谷口さんのジュエリーづくりに対する覚悟の表れだ。これからも谷口さんのジュエリーは、誰かの「想い」をのせて、削られ、磨かれ、形取られていく。そして、その夢から覚めない限り、お客様の笑顔も続いていく。

『My Story 〜無我夢中人〜』 
 2021.03.11&18/21:30-22:00 on FM愛媛
【パーソナリティ】西城戸淳平/遠山恭輔
【ゲスト】ジュエリーデザイナー 谷口堅一郎

過去の出演者の密着動画やラジオトークはこちらから↓



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
無我夢中人
MyStory『無我夢中人』十人十色の人生物語 木曜 21:30-22:00 FM愛媛 様々な分野で夢中に頑張っている人達を応援するラジオ番組。ゲストたちの「熱い想い」を記事と動画で配信しています。「無我夢中人」のストーリーが少しでも人生を前向きにするスパイスになれば幸いです。