亞人(あじん)

琉球藍を栽培し色を作り世界を少しだけ上書きするお仕事をしています。 noteでは 普段感じてることや、考えていること。

亞人(あじん)

琉球藍を栽培し色を作り世界を少しだけ上書きするお仕事をしています。 noteでは 普段感じてることや、考えていること。

    最近の記事

    【天使にラブ・ソングを】が好きなので 「🎵オーハッピーデイ!?」 (小声でコーラスコーラス!と夫に伝える) レスポンス無し 「🎵ららららららららぁ〜、、、っはい!?」 (小声でコーラスコーラス!と夫に伝える) レスポンス一切無し。

      • 嘘とは何か

        一度や二度、軽くお話した方、 たまに行く飲食店の方 バッタリと会っても知らないふりをする。 いや、めちゃくちゃ失礼なんだろうけど 相手が覚えているかどうか分からないのに 一方的に知ってるような感じで来て、相手が覚えてなかったら申し訳ないと思わせてしまう事が申し訳ないし、サービス提供者の数いるユーザーの一人でしかないのに時間外でご迷惑だろうなとも思っているんだけど、知らないふり以外での 良き対応はないのだろうか。 世のコミュニケーションマスターはどのようにするのかな、お酒を飲

        • ラブコメにハマり3次元で体験したかったので 待ち合わせしてデートしたいと夫に伝えると山羊小屋(家から10m)に集合と言われる。 ナンパされたいから人混みで見知らぬ人同士の設定でナンパして!と夫に頼むと かねひで(村内)と言われる。

          • 他人の正義はたまにちょっぴり鬱陶しい〜自戒編〜

            「おーい!ここだよー」 そういうと、家庭菜園の色とりどりのみずみずしいお野菜を詰めた段ボールを指差す。 /////////////// と、いうような セリフから始まる文章がなんとなく 情景から入るような引き込むノウハウとして 小学校の時に流行っていた。 流行り廃りではないけど 簡単に言うとそれっぽかった。 小学校の時に提出した卵のお話も (我が家は自然卵養鶏もしていたので) 内容は忘れちゃったけれど 「」から始まっていた気がする。 しかも賞を取っちゃったりしたもん

            感情の媒体のアップデート

            スタバで買ったドリンクを 手に持って 青空を背景に 写真撮ってInstagramにアップしたい! わぁ。そんな事、私がやってしまっていいのだろうか。 でも、もう誰も止められない。 お誕生日の時にもらったLINEギフトの使用期限を後押しに無双状態で本部町に足を運ぶ。 一人で店内に行くのは怖いので ドライブスルー ドライブスルーはめちゃくちゃ便利なシステムだ寝巻きでも、汗臭い作業着でも 気にする事なく購入が出来る。 ありがたい と思うけど 後ろの車を気にしながら アナウンスし

            母体

            車の点検の待ち時間 我が家にはないテレビに ついつい目がいってしまう 鯖寿司について 京都の方が品のある関西弁で説明してくれてるんだけれども 施す調味料について 「保存をさせるために美味しくなったのか、美味しくすると保存ができるようになったのか、、、」 と言っている。 鯖寿司の背景を想像しながらも そのような事って 日々の中にたくさん問うことがある。 ・部屋が汚いからイライラするのか イライラしてるから部屋が汚いのか ・気を使うから疲れるのか 疲れないために気を

            亞人的ミニマルへの遠い道のり

            先日 池間さんと折坂悠太のライブを観に行ったあとに友人宅に泊まった。 「普通にめちゃくちゃ歌が上手いな!声量が、、、声量がぁぁ、、、」 「ライトがバン!バン!右!左!ってすごかった!」 と、魅力ある視点や奥ゆかしさのある感想も言えずにビールを飲む。 私は基本的にお酒を飲んだら全然動けないので 夕飯で食べたパスタのお皿を洗って、カーリングのごとくタオルで食器を拭いてる友人を見てびっくりした。 フォークもピカピカに磨き上げられて 同じ向きで並ぶ。 その空間の中に(テーブルという

            飛んで火に入る夏の虫的な

            【飛んで火に入る夏の虫】 明るさにつられて飛んで来た夏の虫が、火で焼け死ぬ意から、自分から進んで災いの中に飛び込むことのたとえ。 goo辞書より //////////////// 山羊は木が大好きで クワや、オオバギ、ウラジロエノキなどを切ったり折ったりしながら与えると木の枝がたくさん出るもんだから 乾かしてまとめて燃やしている。 着火剤として草刈機跡の乾いた雑草をまるめて 木の間に入れ込んで燃やすのだ。 そしたら飛んで火に入る夏の虫の意味の通りなのか、その意味の

            逃げ道を辿る

            私は逃げるのだ。 社会不適合者として どうしたら私が生きやすくなるのかを考え続けていく。 社会人としての人格 そもそも私は大変打たれ弱い。 社会の中で「お勤め」が出来ない。 過去の短期間でのお勤めを振り返る。 メール対応をさせたら 「お世話になっております」 というラリーを何回続けたらいいのか分からない。 先輩の立ち位置の方が 出社して早々、電話したり誰かと話ししていたら 「おはようございます。」と言いそびれて いつ言えばいいんだ、、、 今更と思われたらどうしよう、

            学歴コンプレックスとのお別れ

            沖縄県北部にある今帰仁村。 特に特技も無いし、なんとなーく空気を読みながら (住んでるところから近いからバス代浮くし) ギリ徒歩圏内の県立の高校へ。 9個上の姉は予備校に通いながら沖縄県にあるたった一つしかない芸大の染色科に行き 私も県立芸大に行くのかなと思っていたけれど 高校2年生の時に親が急遽生業をたたみ無職へ(爆笑) 最寄りの予備校までは車で1時間半。 バスだと2時間以上。(バス停まで山を降りて徒歩30分) お金が無い時ってガソリン代もバス代も捻出厳しいよね、、、

            工房を建てるまでのあれこれ

            こんにちは。 これから、工房を建てるぞ!と2年前から 建てる建てる詐欺をしていた早瀬です。 ものをつくる人として まだまだ駆け出しですが なんとか工房建設まで漕ぎつけました。 (めちゃくちゃ稼いでるぞ!みたいな人ではありません。) どこかの誰かの役に立てるかなと思って お金のうんぬんなど 今までのプロセスをメモしようかなと思います。 -工房を建てる前のお話-実は亞人の工房は2017年に建っていたのです。 この時は、友人達にお願いして (日当はベターに12000円) ト

            その場にとどまるためには、全力で走り続けなければならない

            どうも フェミニズム音痴です。 難しい横文字や論文の引用などは避けて 自分の周りのドラマに沿って性別について、考えている事を、お話したいなと。 (性的な事は書ききれないので避けます) 私の父方の大正生まれのおばあちゃんは、女性解放運動などをバリバリしていて秘書としてバリバリ働いており、夫である〈画家•亞人さん〉と子供2人を養っていたそうな。 当時は選挙権を求めて運動し、やっと女性の参政権が認められた頃。 「女のくせに」と言っていた候補者が 「ご婦人のみなさま」と言って演説

            できた人間ではないけれども

            あけましておめでとうございます。 noteをはじめて1年が経ち、 mixi時代の文章を書く事の楽しさや、書く事で得るものを思い出させてもらって なんとか細々と続けています。 しいたけ占いによると、射手座は かっ飛ばせ!ほどほどにな!とアドバイスをもらったので、ほどほどにかっ飛ばせると良いなと思うのですが、ほどほどは理解できるけど、かっ飛ばすってどうやって、、、と謎なまま今年が始まり10日が過ぎようとしています。 兎にも角にも、今年もよろしくね。 今回は、年末年始の幻の5日間

            「生きたい」と呟いたら細胞が喜んだ話

            少し遠出をした時。 行きは娘としりとりをして 頭を使いすぎて意識朦朧としていた帰り道。 娘からの質問や 会話の中で かなり雑に対応していたら なーんにもどこにも誰にも配慮せずに ペラペラと喋ってしまい 次に娘の口から出たのが 「ひねくれクソババァ。」 そう。 私はひねくれているのだ。 8歳の娘に見破られてしまうくらいには。 noteを読んでくれている方や 普段の私を知ってる方の中には薄々気がついている方もいると思うけれども。 斜に構えていると言ってしまえば 様々な

            パーソナルスペースの死守

            昔から人と触れ合うのが苦手。 フォークダンスにしろ、体育のレクチャーにしろ 心がゾワ!とする。 大人になっても 主に音楽界やヒッピー界隈の方に多いハグの行為が結構無理で(酔ったらイケる事もある)握手は大丈夫。その場の空気を一心不乱に読みながらハグを返すが、いかに嫌な思いをさせずにハグを断るかが今の私の課題。 これは性別問わずに。だ。 最近、性的同意が私の携帯ではトピックに上がっているが ハグも物理的にもパーソナルスペースにグイ!と入り込む行為だからちゃんと確認してほしいと思

            侵略的外来種

            在来種 在来種(ざいらいしゅ、native species)とは、ある地域に古くから存在する生物種(下位区分である亜種、品種なども含む)やその系統を指す。 外来種 外来種とは、もともとその地域にいなかったのに、人為的に他の地域から入ってきた生物のこと。アレロパシーが強い植物など、その一部は生態系や経済に重大な影響を与えることがあり、環境問題のひとつとして扱われる。 類義語に移入種、帰化種、侵入種、外来生物がある。  友人の所属している団体が主催する自然観察会が 今帰仁村に