はじめてみた!


初めまして、noteを始めてみました!

簡単に自己紹介させていただくと、沖縄県から東に360kmほど離れた南大東島に住みながら宿とレンタカーをやってるいーたん28歳ないちゃー妻(体年齢60歳)これはまじでショックだったので、近々どうにかこうにかします。

のnoteです。島でワニワニパニックをスタッフとやったり、5歳の娘とやったり、お客様とやったりしたのをYouTubeに上げていたりもしています。気まぐれで島の観光名所を紹介したりもしています😆

実家は東京にありまして、今は面影すらないですが6年前はシティーガールでした笑


noteを始めた理由は今現在やってる月桃ムーンピーチという宿の2号店を建てる予定をしてまして、その内容や、考え、フラッと思いついたこと、こんなことを島でやりたいなぁとか、私生活で嬉しいこと、考えてること、もうなんでも、そんなのをつらつらと綴っていきたいと思います☺️

2号店を作るにあたってどんな宿がこんな田舎の島にあったら嬉しいとか、島に対する思いだとか、そういうの聞けたらありがたいです💓

今回は私がなぜこんな田舎の離島に辿り着いたのかを書きたいと思います✌️

(お客様に『なぜ東京からこんな田舎に?』と聞かれることが多いから)


あれは東京の高円寺に住んでいる頃でした。当時はバンドをやっておりまして、ギターを担当していました。五月女五月というバンドをやってまして、どんなバンドと説明するよりも見せたほうが早いと思いますのでこんな感じ

当時はLD &Kっていう事務所にもちょこっとお世話になったりもして、

地方にツアーなんかも行ったりして、タワレコでCDが発売されたりして、

うほーい!ウホホーイ!とまじで猿並みの表現ですが、そんな感じでした。笑


インディーズでデビューしたはいいけど、鳴かず飛ばずで2作だけ事務所からCDを出して3作目を作りたいと言ったところで、いやいやこれ以上は無理やでと言われ(もっと丁寧な感じに言われたのですが、今思えばこんなド下手素人バンドのCDを出してくれたLD &Kに超感謝、いろんな経験をさせてもらって、あの説は大変お世話になりました、LD &Kはとても面白い会社で、カフェをやったり、又や出版社をやったり、本当に色んなことしてて魅力的な会社です✨)それでもバンドをやり続けた私達は自費で3作目をレコーディングして、このアルバムが完成する頃には身も心もなんだか削りきったようで、メンバーの中で解散というワードが頻繁に出てくるようになっていました。

それまでバンドを続けるためにフリーターとしてお金を稼いでいた私はなんのためにお金を稼いだらいいのか、いやまじでいろいろどうしよう、この先の人生どうしよおおおおおとなっていました。

そんな時いーたんは閃きました💡

そういえば、毎日3食ご飯を食べて生活してるし、食べるの大好きだけど、どんな風に食べ物ができるのかまるでわかっていないな、私。。。前から農業のバイトとか興味あったし、よし!旅をしながら農業バイトをしよう!

そういえば、沖縄っていうところに行ったことがないな。。

よし!これから冬になって寒くなるし、今年の冬は暖かいところで過ごそう!と

決めたのも束の間、すぐにネットで沖縄県 農業と検索。

そして当時ヒットしたのが、多分時期的な問題もあって、南大東島 かぼちゃのアルバイトオンリーでした。そう、一択。そう、他に選択肢はない。

あれ?これが運命ってやつなのかい?にしても、超、離島っぽいなぁ。あれ?ソフトバンクの電波ないとか書かれてるよ。。。まじか。。私の携帯ソフトバンクだよ。。。?まあいっかあ。携帯の電波がなくても!たまにはそんな生活してみよ〜。最低雇用期間が2ヶ月だし、もし無理だと思ったら2ヶ月だけ働いて、その後は沖縄本島でアルバイトでもしながら春を待てばいっかと呑気に考えておりました😌


そんなこんなで南大東行きを決めて、10月の中旬には初めての沖縄本島に渡って、暑さにビックリ。まだ真夏のような日差しで、海でも全然泳げる!

ゲストハウス に数泊して、南大東島にいく定期船だいとうの出港日を待ち、ついに出港当日!! 夕方泊港に行くも、定期船だいとう丸が見つからない、電話がなる、するとどこにいますか?と船会社からの電話。泊港にいるのですが、だいとう丸が見つかりません!というとその日は『新港ふ頭』からの出港日だったらしく、泊港ではありませんとのこと。。。

なんてこったい!!出港まで後30分、もしかしてこれは乗れないパターン!?

ヤバイ!急げ!とヘイ!タクシー!に乗り込み無事新港ふ頭につくことができました。

無事だいとう丸に乗船できて、一安心。

一人1台ずつ割り当てられた寝台ベッドで近くになったお姉様からなぜかパンのお裾分けをいただいたりしながら(よっぽどパンを食べたそうな顔をしてたのかもしれない笑)、その日は北大東島先行だったので船に揺られること寝ても覚めても大海原、14時間後北大東島に到着、島にコンテナが下ろされるのを眺めたりして、へぇ、こんなしてクレーンでコンテナをぶら下げて荷物をおろすのかぁ。なんて幼稚園以来まともに船に乗ったことがなかった私はそれが珍しいことだということすらわからず。。

海の透明度がすごすぎて、あれ、こんな浅いところにこんな大きな船つけるんだねぇ、意外にも船の海に浸かってる部分って少ないのかなあ?なんて思っていたら、透明度がすごくてそう見えるだけで、10メートルぐらい深さがあることを後から知りました。

南大東島に着いたら、農協の人が港に迎えに来てくれていて、島をぐるっと一周案内してもらいました。

それから寮について、お世話になる農家さんのところへ案内されて、通勤手段は原付バイクを乗ることに!!

自動車免許を取得するときに1、2時間しか乗ってないバイク。。。。

果たして乗れるのか!? と思う私に農家さんがバイクの乗り方を教えてくださり、ことなきをえました。翌日から仕事場まで自分でバイクできてね〜とのこと。


ここから私の島暮らしが始まりました!

島最高イェーイ!な生活のはじまりはじまりー!

おわり











この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
はいたい!沖縄県から東に360km離れた南大東島で宿とレンタカー、レンタルバイク屋さんをやってるいーたんです。YouTubeで島を紹介しながらワニワニパニックをしてたりもしています❣️島に嫁いで6年、いつ間にか宿をやっていた私が2号店を計画中💡面白いと思ったことをやっていきたい!