戦士の一生

肌の戦士の一生をコントロールする

すべての物事には、始まりと終わりがあります。

漫画の連載も始まって終わり、アニメの1クールも始まって終わり、

肌にも始まりと終わりがあります。

正確に言うと、細胞にです。

細胞は肌の奥の方で生まれて、徐々に成長しながら肌表面に出てきます。一番表面まで出てくると、細胞も役目を終えて老衰して、垢になって剥がれ落ちます。

この、細胞の生まれ変わりの1サイクルのことを、ターンオーバーと呼びます。

今日はこのターンオーバーの話!


ターンオーバーは戦士の一生

細胞は日々生まれ変わっています。

新しく生まれた細胞が肌表面に出てくるまでは、大体2週間くらいです。

肌の中で一人前の戦士に育って、訓練が終わったら肌を外敵から守る、国境警備をしだすイメージです。

そこから 肌表面で2週間くらい留まって、あとは剥がれ落ちます。

2週間戦い続けた後に、「ここらで潮時かな……、後は若いもんに任せて、老兵は去るとするか……」って感じだ!

この戦士の一生、肌の1サイクルが、健康的に滞りなく進むと、お肌の調子が良いんです。

何たって、戦士が外敵から肌を守ってくれて、「異常なし!」にしてくれてるってことですからね。

しかし、そのターンオーバーが上手くいかない時もあります。

ターンオーバーが早くなるパターンと、遅くなるパターンがあります。大体は併発してるんですけどね。それについては後述。

ターンオーバーのリズムが乱れると、

●やたら肌が乾燥する(外敵に負ける)
●肌が刺激に弱くなる(外敵に負ける)
●肌がぶつぶつザラザラする(国境が人ごみ)
●肌が分厚くなって、必要な水分油分が通れない(国境が人ごみ)
●ニキビ(国境が人ごみ)

といったことが起こります

原因は主に2つ。

①戦士の栄養不足
②戦士の交代失敗

続きをみるには

残り 1,819字

¥ 300

期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

サポートありがとうございます!とても励みになります!! こちらは、今後の制作や研究、出展に充てさせていただきます。