【245ページ目:もちおのソフトテニスノート】団体戦のオーダーの組み方①(3-1-2が好まれる理由)

//もちおのソフトテニスノート
//2020年9月16日(水) 第245号

-------------------------------------------

団体戦の悩みの種であるオーダー。

自分なりのオーダーの組み方をはっきりと持っている指導者がいる一方で、「どうやってオーダーを組めばいいのかわからない」って悩んでいる指導者もいるはず。

「3-1-2の順番が一般的って言われているけど、本当にこれでいいのか悩む...。オーダーでミスしたら自分の責任だし...。」って思いますよね。

ということで今回は、(参考になるかはわからないけど)オーダーの考え方や僕なりのオーダーの組み方について話をします。

※ダブルス×3本という小中高の一般的な団体戦の話。

まず、一般論から。(すっごく当たり前の話をします)


オーダーは6通り

3ペアに1番手・2番手・3番手という序列がある場合、オーダーの組み方は6通りです。

・1-2-3
・1-3-2
・2-1-3
・2-3-1
・3-1-2
・3-2-1

この6通りのオーダーの中から”最適”なオーダーを選ぶわけです。


よく見るのは3パターン

じゃあ”最適”なオーダーってなんだろう...って悩むことになって他チームのオーダーを研究したりするんだけど、実際の団体戦の各チームのオーダーを見てみると「この6通りのオーダーが全て均等に選ばれているわけではない」ということに気づきます。

よく見る(監督が選びがちな)のはこの3パターン。(たぶん)

・1-2-3
・1-3-2
・3-1-2

【1-2-3】
最初の2本で勝ちを決めてしまおう!っていうオーダー。1番手で流れを作り、2番手に託す...って感じ。全中でよく見る(気がする)。

【1-3-2】
1番手で勝って良い雰囲気を作った後、3番手に伸び伸びプレーをしてもらおう!っていうオーダー。3本目までもつれた時は守護神の2番手の出番。

【3-1-2】
3番手に(負けてもいいから)元気よくノープレッシャーで伸び伸びプレーしてもらって、勝った場合は1番手で勝負を決める、負けた場合は1番手に踏ん張ってもらって守護神の2番手に託す...っていうオーダー。


んで、僕はこの3つのオーダーの中で【3-1-2】が一番好まれる傾向にある気がしています。


3-1-2が好まれる理由

では、3-1-2のオーダーが好まれる理由は何なのか?を、監督の心理から考えてみます。(だいぶ回りくどい説明になります)

まず考えられるのが、

この続きをみるには

この続き: 1,150文字
記事を購入する

【245ページ目:もちおのソフトテニスノート】団体戦のオーダーの組み方①(3-1-2が好まれる理由)

もちお

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます!
ソフトテニスブロガー・YouTuber。ブログ「もちおスクール」(https://softtennis-blog.com)とYouTube「もちおチャンネル」(https://www.youtube.com/channel/UCV6hvyLBxUP33WSjt-gMSeA)を運営

こちらでもピックアップされています

もちおのソフトテニスノート【裏Stepメルマガのnote版】
もちおのソフトテニスノート【裏Stepメルマガのnote版】
  • ¥490 / 月

「こうやったらうまくいった」「これは失敗だった」といった、自分が選手だった時に学んだこと・指導者としてのノウハウ・日頃の気づき・考えていることなどを、ほぼ毎日投稿します。僕はメンバーの皆さんのアドバイスも頂きつつ現在進行形で選手を指導中なので、そのリアルタイムの指導記録も投稿します。また、僕のノウハウに限らず、他チームの指導者に教えていただいた指導法・考え方もメンバー限定で共有することがあります。【※裏Stepに投稿している記事と同じです】

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。