高機能無料グループウェアGroupSessionをお名前.comのVPSにインストールする方法

高機能無料グループウェアGroupSessionをお名前.comのVPSにインストールする方法

無料版GroupSession4.9.1を【お名前.comのVPS(KVM)プランサーバー】で稼働させる為に作成しました。

GroupSessionの詳しい情報は公式ページをご覧ください
https://groupsession.jp/


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
お名前VPS(KVS)サーバー専用マニュアル
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

VPSプラン色々ありますが、最小構成(メモリ1GB)でも稼働を確認しました。

■サーバー初期設定
まずはじめにお名前.comのVPSサーバーの初期設定を行います。

[標準OS]CentOS 7.5/ex4.5(64bit)をインストール。
完了後サーバーを起動して、root権限にてSSHアクセスする。
(root権限SSHの説明はお名前.comを確認してください)

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
jdk11インストール
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

■javaをインストールします
(GSESSION公式ページを確認して推奨バージョンをインストール)


# cd /usr/local/src

# curl -L -O "https://download.java.net/java/ga/jdk11/openjdk-11_linux-x64_bin.tar.gz"

# tar zxf openjdk-11_linux-x64_bin.tar.gz -C /usr/local

# alternatives --install /usr/bin/java java /usr/local/jdk-11/bin/java 2

# alternatives --config java

選択番号を聞かれるので
(Enter to keep the current selection[+], or type selection number:)

これにする(番号入力エンター)→/usr/lib/java/jdk-11/bin/java

■jarやjavacのパス設定をする


# alternatives --install /usr/bin/jar jar /usr/local/jdk-11/bin/jar 2

# alternatives --install /usr/bin/javac javac /usr/local/jdk-11/bin/javac 2

# alternatives --set jar /usr/local/jdk-11/bin/jar

# alternatives --set javac /usr/local/jdk-11/bin/javac

# export JAVA_HOME=/usr/local/jdk-11

# export PATH=$PATH:/usr/local/jdk-11/bin

# alternatives --config javac

選択番号を聞かれるので
(Enter to keep the current selection[+], or type selection number:)

これにする(番号入力エンター)→/usr/lib/java/jdk-11/bin/javac

■JAVAバージョン確認

# java -version
これなら成功→openjdk version "11" 

# javac -version
これなら成功→javac 11

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
tomcatインストール
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

tomcatをインストールします
(GSESSION公式ページを確認して推奨バージョンをインストール)

■リモートファイルのダウンロードにwgetを使用するためにインストール

# yum -y install wget

■tomcat最新版をインストール

# cd /usr/local/src

# wget http://ftp.kddilabs.jp/infosystems/apache/tomcat/tomcat-8/v8.5.37/bin/apache-tomcat-8.5.37.tar.gz
※↑最新版必須(tomcat公式ページからURLをコピペ)

# tar zxf apache-tomcat-8.5.37.tar.gz
※↑バージョンに合わせて変更してください

# mv apache-tomcat-8.5.37 /usr/tomcat
※↑バージョンに合わせて変更してください


# useradd -M -d /usr/tomcat tomcat

# chown -R tomcat:tomcat /usr/tomcat

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
GSESSIONインストール
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

GSESSIONにアクセスする為の設定を行います。

■gsessionダウンロード
※TOMCATを停止(停止しないとエラーが起こります!)
起動してない場合は必要ありません


# sudo -u tomcat /usr/tomcat/bin/shutdown.sh

gsessionダウンロード

# cd /usr/tomcat/webapps
# wget http://dl1.gs.sjts.co.jp/v4/download/files/4.9.1/gsession.war

■ファイヤーウォール開放(8080ポートを開放)

# firewall-cmd  --permanent --add-port=8080/tcp

■ファイヤーウォール再読み込み

# firewall-cmd --reload

■tomcat起動(GSESSIONが自動でインストールされます)

# sudo -u tomcat /usr/tomcat/bin/startup.sh

■所有権を変更するので念のためtomcat停止

# sudo -u tomcat /usr/tomcat/bin/shutdown.sh

■所有権変更

# chown -hR tomcat:tomcat /usr/tomcat/webapps/gsession

■tomcat起動

# sudo -u tomcat /usr/tomcat/bin/startup.sh

これでインストール完了です。
IPアドレスでアクセスしてみてください
(起動直後にアクセスするとエラー表示される場合があります)

http://IPアドレス:8080/gsession/

※セキュリティー設定などは別途必要ですので注意してください!!
2019年1月18日現在の設定方法です。サーバーの仕様が変更されたら使えないかもしれません。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!