見出し画像

ノーリスクでパイロットになるには〜機長の娘が語る〜

パイロットは、いつの時代も多くの子供たちが憧れる人気職業の一つ。

クルーを従え世界を飛び回る姿はドラマの主人公のようにかっこよく、平均年収も軽く2000万円を超えるほどの高給取りです。
また、安全確保のためにパイロットに心身の負担をかけることはできないため、休日もしっかり確保されており、金銭的だけではなく時間的にも余裕を持つことができる。

まさに成功を絵に描いたような職業と言えるでしょう。

ただ、いざ自分や我が子がパイロットを目指すとなると、どこか現実味がなく、別世界の話のような気がしてしまうのではないでしょうか?

また、「アーティストやプロスポーツ選手のように、人生をかけて目指しても、実際に夢を叶えるのは一握りの天才だけ。」
「失敗し、挫折したときのリスクが高すぎる。」
そのようなイメージは無いでしょうか?

しかし!実はノーリスク&ノーコストでパイロットを目指せる道があります。(後ほど本章でしっかりと解説します。)

実際に私の兄はその道でパイロットの内定をもらいました。しかも、小さい頃からパイロットを夢見てきたということではなく、普通の公立中学に行き、公立高校に行き、パイロットとは無縁の一般大学に行き、就活を始める時に「パイロットも受けてみようかな」という流れだったのです。

「え、そんな感じでパイロットになれるの?」と思いますよね?

なれるものなのです。
少なくとも兄のように大学2、3年生まで普通に生きてきて、ある日突然パイロットの内定をもらえるということが現実には十分起こり得ます。
パイロットになる為には、パイロットや飛行機についての専門知識や「小さい時からパイロット一筋」といった過度な情熱は特に求められていないということ。
あなたにも平等にパイロットになるチャンスがあるのです。


■このnoteのすごいところ!

このnoteは現存する書籍やパイロットになるための様々な学校の公開情報、就職先となるエアラインの情報を徹底的に収集し、どこよりも詳しい記事に仕上げました。
筆者の父は実際に40年以上、エアラインパイロットとして勤務している大ベテランの機長であり、企業の内部情報に抵触しない範囲で、生きた情報をインタビューし惜しげもなく掲載しました
また私の兄は、厳しい就活を勝ち抜いて見事内定を受けた経験があり、そのときに得た知見と経験を語ってくれました
(当然ですが、兄の内定は父のコネ、親の七光は一切影響なく、厳正な審査の上で勝ち得たものである点は付け加えさせていだきます。そんなに甘い業界ではありません。)

私自身は英語教育を専門としていますが、大学の卒業論文のテーマは「パイロットと管制官のコミュニケーション」でありましたし、パイロットの娘として様々な経験をしてきました。

その立場から、このnoteは他に類を見ない価値ある内容に仕上がったと自負しております。


■その他どこよりも詳しい解説を掲載しています。

・パイロットになる為の複数のルートとノーリスクでのチャレンジ方法
・外資系企業への就職方法
・パイロットになる為にかかる費用や学費
・パイロットの採用試験内容
・パイロットの年収や条件面
・パイロットに必要な英語力やトレーニング方法
・パイロットになった後の具体的な職務や生活

このnoteを読めば、パイロットを志してからパイロットになるまで、パイロットになった後のことまで具体的にイメージを持つことができ、パイロットになる為の行動や準備を具体的に始めることができるようになります

パイロットという職業に憧れを持つあなたが、将来大空をいそがしく駆け巡る日が訪れるよう、少しでもお力になれれば幸いです。


それでは本編に進みます。

この続きをみるには

この続き: 66,543文字 / 画像68枚

ノーリスクでパイロットになるには〜機長の娘が語る〜

ミトママ

5,980円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
13
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。