剣盾 s12ダブル 最終79位 エスバチェリム

剣盾 s12ダブル 最終79位 エスバチェリム

1.使用構築

最新系(2020/12/19 追記)

画像9
コンセプト
・コータス+オーロンゲであくび,トリックを用いて起点を作成→後発エスバ+チェリムでビートダウン


2.構築経緯(構築経緯に特化した記事はこちら

〇考察はじめ
チェリムを使用した構築を作成したいと考察をスタート

表エースはエレキボルトに強めで、タイプ一致ダイバーン、ダイジェット、ダイナックルが一致で打てるエースバーンに確定

コータス、チェリム、エースバーンまで確定として以下の3点を主軸に残りのポケモンを探しました。
悪ウーラオスに構築単位で強く(弱くなく)すること。
②VSリザ軸や晴れの対策を用意すること。(できれば同居しているチョッキランドロスと戦えるポケモンが欲しい。)
③おいかぜトリックルームに対応できるようにすること。

〇考察の結果
悪ウーラオス、ドラパルト耐性があり、s操作が可能で誤魔化し力の高い尻尾トリックオーロンゲ
・ツンデ入りトリルにイエッサン♀+トリルまで考慮するとオーロンゲだけでは対応不可であり威嚇が欲しい→地面無効と縦の相性補完が良い霊獣ランドロス
・リザードンおよびその取り巻きとも打ち合えることができる裏エースのチョッキレジロック
を採用して構築が完成しました。

〇チェリムの型について
・やどりぎ守る@残飯のような耐久型は悪ウーラオスにプランが拒否されるため厳しい。
・オーロンゲの尻尾トリックに割かれたリソース(アド)を即座に取り返したい。

以上2点を考慮してアタッカー型のソラブレチェリムを採用しました。


3.個体解説


コータス
呑気H252B36D220@ピンチベリー
しっとのほのお、ボディプレス、あくび、まもる。
〇調整
陽気珠レジギガスのダイアース15/16耐え
意地珠ドラパルトの手助け130ダイドラグーン(ダイホロウ)15/16耐え
残りD

画像2

〇解説
・晴れ要因、役割として重視したのは初手選出した際のあくびによるダイマ流し、削りです。調整の通りミリ耐えすることが多いので持ち物はピンチベリーを採用しました。
・オーロンゲと選出することで幅広い構築に安定した場づくりを行うことができました。特に素早さが遅くトリックルーム採用構築に強く出れるため、構築(基本選出)の対応範囲がぐっと広くなるのがとてもよかったです。あくびがあるため相手のレヒレの選出を誘導できる点もチェリムとシナジーがあります。
・命中安定の嫉妬の炎、ガオガエン,バンギラス用のボディプレあくびまもるで完結していると思います。※ボディプレスはイカサマと同様にフラワーギフトの恩恵を受けることができます。

〇ダメージ計算
【晴れ嫉妬の炎(ダブルダメ)】
・AS悪ウーラオス:33.1~39.4%
→ソラブレと合わせてほぼ落ちる。

【ボディプレス】
・H201-B126ガオガエン:43.8~51.7%
・ASバンギラス:98.3~116.6%
→ギフト補正があれば確定
・HAバンギラス:83.1~98.6%
→ギフト補正があれば確定

〇被ダメージ計算
【物理】

・A197ランドロスのダイアース:91.5~108.5%(瀕死率46パーセント)
・陽気珠レジギガスのダイアース(非スロスタ):83.6~100.0%
・意地珠ドラパルトの手助け130ダイホロウ:84.2~100.0%
・A197ランドロスのダブルダメ地震:52.0~62.1%
・A197ランドロスのダブルダメ地震(威嚇込み):35.0~41.8%

【特殊】
・臆病CSガラルファイヤーのダイジェット(130):53.1~63.3%
・臆病CS珠ガラルファイヤーのダイジェット(130):68.9~82.5%
・臆病CS珠ガラルファイヤーのダイジェット(140):75.1~88.7%
・臆病CS珠原種サンダーのダイジェット(140):86.4~103.4%(瀕死率:28.1)

オーロンゲ(2020/12/19 追記
腕白H244A4B228D4S28@まんぷくおこう
ねこだまし、ソルクラ、イカサマ、トリック
調整(※画像は振りミス時のもの)
1加速で最速バンギラス抜き、60族ミラーを意識してsを少し伸ばす。
HB
陽気珠レジギガスの非スロスタダイアタック8/16

画像8

〇参考にしたチャンネル
ユークリ
〇解説
・コータスと初手に選出して起点作成を行うのがメインです。ねこあくびトリックでエスバチェリの起点を作成します。尻尾トリックはs操作としてはトリルおいかぜに両対応できる他、コータスの試行回数を稼げるようになったり、弱点保険やいのちのたまなどのアイテムを没収して相手エースの火力をそぐことができ幅広い構築への誤魔化しが可能でした。
・タイプが非常に優秀でコータスチェリムで重めな悪ウーラオスドラパルトに強く、いたずらごころ勢のちょうはつが効かないのも評価が高かったです。
・悪技はいろいろ候補がありますがaダウン後も火力を維持できるイカサマを採用しました、ドラパルトランドロスに強めになります。しかしクレセリアやゴチルゼルを落としきれないこともあったのでうっぷん晴らしorDDラリアットに変更するのがいいかもしれないです。
・モロバレルやトゲキッスが数を減らしていたことでトリックが通りやすく、本来の性能が遺憾なく発揮される環境であったと思います。選出率No.1。


エースバーン(非キョダイ個体)
陽気A252D4S252@いのちのたま
かえんボール、とびひざ蹴り、とびはねる、守る。

画像8

〇解説
・1加速でエレキを抜ける、ボルトロスより上を取っている素早さとすべての技をタイプ一致で打てるのでどの技も火力の水準が高いことが特徴です。
ドラパルトと比較するとポリゴン2(および横にいるフシギバナやトゲキッス)に一貫する打点があるところが貴重で環境にマッチしていました。エースバーンの通りが良い環境であったと思います。
・威嚇が脅威に見えますが、威嚇が入ってもギフト補正込みでガオガエンをほぼ1撃で倒すことができるので苦手なポケモンではありません。
VSランドロス入りは威嚇込みだとダイバーンでダイマランドロスを落とせないので相手にダイマ権を先に切らせること威嚇を一旦解除することを意識した選出立ち回りをします。
・ギフトエースバーンの強さはサンパワーリザードンの物理版だと思っていただけると強さ(火力)がイメージしやすいと思います。さらにDも上がっていると思うと強力度合がわかるかと思います。
・技構成はふいうちを採用する理由がほぼなく、火炎ボール、とびひざ蹴り、とびはねる、守るで完結していると思います。格闘技をけたぐりにするとダイナックルの威力が上がりガオガエンへの乱数がさらに有利になりますが、非ダイマポケモンとしても使用するので採用を見送りました。
※キョダイカキュウの効果は味方のフラワーギフトの効果をも無効にします。非キョダイマックス個体で使用しましょう。

〇ダメージ計算(※珠、ギフト補正込み)
【ダイバーン】
・ダイマASランドロス:107.3~127.1%
・ダイマASランドロス(威嚇込み):72.6~85.7%
・ダイマCSガラルファイヤー:106.7~126.4%
・ダイマASボルトロス:139.6~164.9%
・ダイマASボルトロス(威嚇込み):92.9~110.1%(瀕死率:64.1%)
・H147-B178キセキサマヨール:100.7~119.0%
・HBキセキサマヨール:88.4~104.1%(瀕死率:28.1%)
・HBクレセリア91.6~108.4%(瀕死率:52.1%)
・HCキセキポリゴン2:124.0~146.4%
・HBキセキポリゴン2:87.5~103.6%(瀕死率:22.1%)
・ASドラパルト:124.5~147.2%
・HCヒトム:97.5~115.3%(瀕死率:82%)

【ダイジェット】
・ダイマASドラパルト:77.6~91.4%
・ダイマASガラルサンダー:133.0~156.7%
・ダイマASエースバーン:81.6~96.1%
・HCコータス:85.9~101.1%(瀕死率16.1%)
・HBコータス:64.4~76.8%

【ダイナックル】
・H244B4ダイマックスヒードラン:70.1~83.2%
・H201-B126ガオガエン(威嚇込み):93.0~110.0%(瀕死率58.1%)
・HCキセキポリゴン2:111.5~131.9%
・HBキセキポリゴン2:79.1~93.7%

※補足※
【けたぐりベースダイナックル】
・H201-B126ガオガエン(威嚇込み):98.5~116.4%(瀕死率88.0%)

〇被ダメージ計算(ギフト補正込み、体力はダイマックス時)
【特殊】
・臆病珠ガラルファイヤーのダイジェット(130):26.5~31.3%
・臆病珠ガラルファイヤーのダイジェット(140):28.1~33.9%
・臆病2UPガラルファイヤーのダイジェット(140):54.5~64.2%
・臆病珠リザードンのダイジェット(130):52.9~61.9%
・臆病珠原種サンダーのダイジェット(140):41.6~49.0%
・ひかえめ珠ラプラスのキョダイセンリツ(飛行タイプ時):70.3~83.9%

チェリム
陽気H148A252B12D4S92@奇跡のたね(以下種)
ソラブレ、タネマシンガン、にほんばれ、まもる
〇調整
A…ぶっぱ
B…A182ウーラオスのインファ確定耐え、天候ダメ1回+A182ウーラオスのインファが18.8%の低乱数、A200ウーラオスのインファが37.5%の低乱数1発
S…準速75族+1、ジェット1回で最速120族+3

画像5

〇解説
※調整は
@glalie20000さんからのいただきものです。
晴れ下の数値はH164-A168-B92-x-D148-S128…強そうな数値をしています。Sを伸ばすことでバンギラスの上から行動でき、カプレヒレにはほぼSで負けず、1加速でエスバ抜きもできるため行動できる回数が非常に稼ぎやすいです。
・火力が舐められがちですがギフト種ソラブレの火力指数は主要な草物理タイプのポケモン以上です。
-陽気AS種チェリムのギフトソラブレ…37800
-意地A特化種ゴリランダーのGFグラスラ…31777
-陽気ASカミツルギのリーフブレード…31445
高速な役割遂行が可能で、尻尾トリックに割かれた分のアドを取り返すに十分な性能があります。
・タネマシンガンの部分はてだすけ等を採用したくなりますが、天候ポケモンへの交換が想定されるときの攻撃技として外せない印象です。
・最強のエースバーンを誕生させながら、チェリムもしっかり殴れる→強力なダイジェットエース+高火力物理草タイプのビート展開がシンプルに強かったです。

〇ダメージ計算(※種、ギフト補正込み)
【ソーラーブレード】
・CSレジエレキ:131.6~154.8%
・ASランドロス:78.7~93.3%
・ASランドロス(威嚇込み):53.0~62.8%
・HCレヒレ:119.8~142.4%(H177-B160まで瀕死率100%)
・ASバンギラス:124.6~148.6%
・HAバンギラス:105.3~125.6%
・ASドリュウズ:96.2~113.5%(瀕死率76%)
・AS悪ウーラオス:67.4~80.6%

ランドロス
意地H244A4B116D36S108@オボン
地震、雪崩、トンボ返り、まもる
〇調整
お盆込みで悪ウーラオスの暗黒強打2耐え
最速バンギラス抜き

画像6

〇解説
・電気地面無効+威嚇の唯一無二のポケモンで、この構築のクッションとして採用しました。威嚇が刺さる構築、ツンデツンデやブリザポス入りイエッサントリルにはほぼ選出していました。
・クッションや味方の物理耐久力upが主な役割です。そのためダイマ権をきることを想定しておらずそらをとぶや馬鹿力ではなく守るを採用しています。トリックルーム枯らしやダイマックス枯らしにとても有用でした。ランドロスの守るは読まれにくく刺さる場面が非常に多かったです。(一番強い技と思っている。)
HPが4n-1なのはチョッキ個体の流用です。196でもいいと思います。耐久や素早さは改良余地ありと思っています。

〇被ダメージ計算
・陽気AS悪ラオスの暗黒強打:50.8〜60.0%

レジロック
意地っ張りH252A252S4@突撃チョッキ
いわなだれ、アイへ、冷p、ボディプレ
〇調整
※調整はじならしギミック構築の流用個体なので意図はないです。素直にHAベースでいいと思います。

画像8

〇解説
・ここまでで苦手なリザードン入りや晴れ軸に強く、取り巻きとも戦えるポケモンを探した結果このポケモンにたどり着きました。
・弱点保険を起動するギミックに構築リソースを割けないこと、ギフト選出できない際の特殊耐久の確保、攻撃技が4つ欲しいので突撃チョッキ型で採用しました。氷等倍、炎半減、4倍弱点がないこと、チョッキを含めた総合耐久力の高さが非常に頼もしかったです。
物理とも殴り合うことを想定してアイへ(スチル)ボディプレ型です。自分でBを上がられるレジロックは非常に扱いやすかったです。A4upランドロスのダイアースをB3up非ダイマレジロックが耐えたり、威嚇が入ったテラキオンのインファイトを2耐えしたりと想像以上のポテンシャルを見せてくれました。
ヒードランやランドロスが重いので炎pのところは地面技or冷pの方が対応範囲は広くなると思います。
・2020/12/19 追記
最新系ではれいとうパンチに変更しています。

〇被ダメージ計算(体力はダイマックス時)
【物理】

陽気ウーラオスのインファイト:30.5~35.8%
陽気ウーラオスの暗黒強打:15.2~17.9%
※補足(体力は非ダイマックス時)
陽気AS4upランドロスのダイアース(B3up時):84.9~101.1%(瀕死率16.1%)
【特殊】
控え目珠フシギバナ150ベンタツ:54.8~65.2%
臆病珠リザードンサンパワー120ダイアース:42.5~50.0%
珠ひかえめレイスポスのダイホロウ:30.5~36.4%

4.苦手なポケモン


〇ヒードラン
本来エースバーンが有利なポケモンですが、巨大個体を採用できないこと、天候を晴れにするので重くなりがちです。
横のクレセリアのサイドチェンジまで考えると安定して勝てないです。

〇ゴリランダー
苦手というより、苦手意識。エースバーンのタイプ管理をミスするとグラスラで縛ってきたりします。
負けたことはほとんどないのですが、こちら視点ではタイプ管理しながらの立ち回りが強要されるため選出されたときに意外と困ったりします。

〇コータス
基本選出の最大打点がエースバーンのダイジェットと処理が遅くなりがち。
エースバーンのタイプも変わってしまうため火力を出されやすい。トリックをして削りを入れることを意識していました。

〇状態異常系
状態異常対策がないため不意に通されたときに非常に困ります。気合で避けましょう。
主なポケモン
フシギバナ、あくびコータス、いたづら電磁波、催眠術(原種キュウコン、雨滅びのゴチルゼル+ニョロトノ)、モロバレル

5.選出および立ち回り

〇基本選出1
コータス+オーロンゲ
裏エースバーン+チェリム(チェリムが刺さっていない時はランドロス)

基本選出です。困ったらこれ。
追い風系でもトルネグロスレヒレみたいな構築であれば基本この選出でいきます。

VSレジギガスマタドガス
1ターン目
コ:あくびレジギガス方向
オ:猫マタドガス方向

2ターン目(レヒレ入り)
コ:ボディプレスor守る(嫉妬で燃やさないように)
オ:トリックレジギガス方向
レヒレバック時→先制トリックが入るのでレジギガスが置物になる。
そのまま突っ張り→レジギガスが寝るので置物になる。

2ターン目(レヒレ無し)
コ:ボディプレスor守る(嫉妬で燃やさないように)
オ:トリックマタドガス方向(なぜかロンゲに鬼火が飛んでくるので)

ダイサンダー持ちギガス以外には安定します。
コータスの耐久調整が1ターン目で活きます。

VSドラパルトピッピ

1ターン目
コ:あくびドラパルト方向
オ:猫ピッピ方向

2ターン目
コ:守る
オ:トリックドラパルト方向

レヒレバック時→先制トリックが入るのでドラパルトが置物になる
そのまま突っ張り→ドラパルトが寝るので置物になる。初手てだすけ珠ダイマ技は耐えるのでコータスの耐久調(以下略)

VSドラパルトセキタンザン

1ターン目
コ:あくびドラパルト方向(サイドチェンジケア)
オ:トリックセキタンザン

レジドガス+ドラタンザンのような構築にも両対応の初手択が可能となっています。

このように初手ダイマが想定される構築にはねこ+あくびでダイマをいなしながら起点を作成していきます。
飛行タイプ(浮遊ポケモン)はあくびで寝るので問題なし、接地ポケモンはレヒレがいる場合レヒレバックまで考慮して2ターン目にトリックを重ねておきましょう。
初手ダイマしてこない場合は削りを入れながら尻尾トリックを入れて退場→エースバーン展開をします。

再戦時は読まれるので初手イカサマやソルクラを押していた。

基本選出2
コータス+エースバーン
裏チェリム+ランドロス

オーロンゲで止めれないガラルファイヤー+ランドロスのような構築に出して初手ダイマを誘発しながらこちらはランドロスバックの択をとれる選出をします。

VS指トリル(イエッサントリル+裏ツンデブリザポス等)
1ターン目指役を倒す
2ターン目エースバーンをランドロスに引きながらコータスあくび(またはまもる)でトリルを枯らしに行きます。

VSキュワワーガラルファイヤー
オーロンゲの猫トリックで相手のギミックが止まらずコータスがワンパンされてしまうため初手ギフトダイバーンでファイヤーをワンパンしに行きます。

VSガラルファイヤー+ランドロス入り
相手のダイマックス(攻撃)を往なしつつ威嚇がない状態でエスバを着地を目指す。

〇その他特殊系
VSエルテラ選出
ロンゲ+エースバーン
裏レジロック+ランドロス

1ターン目
オ:猫エルフーン方向
エスバA択:ボールエルフーン方向
エスバB択:膝テラキオン方向

相手視点猫ジェットが最悪なためテラキオンは基本的に守らない択で来る場合が多いです。A択、B択どちらでもよいですが再戦時は読まれるので猫ジェットを押していたりした。

VSリザピッピ、レイスポスピッピ選出
ロンゲ+レジロック
裏ランドロス+エースバーン(コータス)

ダイホロウでコータスが飛ぶためコータス+オーロンゲを避けた選出をする(した)。
ランドロス軸で選出される場合もあるためランドロスを後発に置き、レジロックバックランドロスからダイマ枯らしプランも見据える。
→ピッピランドロスが来てこの択を取った時に指剣舞されて泣きました。(試合には勝った)。
最適選出かどうかは要検討。


6.総括

画像8

・冠の雪原がリリースされたときに11月は最終2桁を目標にして取り組んだので満足しています。特に以前にも使用していて愛着もあるチェリムで獲得できたのは非常にうれしかったです。レジエレキ、カプレヒレを採用した構築が非常に多く草タイプ自体の通りはよかったので、個性的でも尖った長所があれな活躍するには十分でした。
・最終日の早い段階で1959ptに到達し2000ptチャレンジへ挑戦していくことも考えましたがそこから5、6連勝できるほど構築のパワーはないと判断しここで記録することとしました。外因的な要素もありますが、2000ptに挑戦できると自身で納得できる構築を組めたときにチャレンジしたいなと思います。
最終日3日くらいずっとエースバーンが技を外しませんでした。上振れ要素としては十分だったと思います。本当に助かりました。

7.Special Thanks


・調整や技、レジロックへの着想等構築の40%くらいはフォロワーさんにいただいた情報です。この場を借りてお礼を言いたいと思います。ありがとうございました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!