見出し画像

今年買ってよかったもの


通勤用リュック
それまでおしゃれなポーターのビジネスリュックを使っていたもののノートPCを2枚突っ込んでぶん回していたところ壊れてしまった。
修理に出すぞーといったもののまだ出しておらず、ダメ人間やなぁと反省するところです。
ただ会社勤めの日本人ですので何かしら荷物を持って家を出ていくことがよくあります。日帰りではいけない出張もそこそこあったりして2泊くらいならなんとかごまかせる容量の通勤用リュックを買うことにしました。
デザインは二の次で機能性とコストが安いことを重視して考えました。

https://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/B07DWNMQW9/

買ったのはこちらの商品。
コスト重視なので、Amazonのセールで購入。
もう少し表面硬くてもとは思いつつも十分な力を発揮しています。

ただ、今後につなげていこうという部分もあって
・荷物の出し入れが不便
リュックおろして、二重の蓋を開けて…と結構面倒です。
・一番上の蓋を止めるボタンがすぐ外れて意味がない
かいたまんま、パタパタしてしまう!
・モバイルバッテリーが押しボタン式なのでケーブル出ても…
このリュック、横にモバイルバッテリーから伸びたケーブルを出せる穴が空いています。ポケットにモバイルバッテリー入れなくて済む!って感じで嬉しいポイントだったんですが使ってみると…
 □事前にセットしておくと穴からケーブルが垂れ流しになってしまう
 □自分のモバイルバッテリーがケーブルにスマホを繋いで本体のボタン押すことで充電始まるタイプ。つまり
  (理想)電源切れそうだしケーブルに繋いどこう!って感じでリュックを背負ったまま完了する
  (現実)充電なくなりそうだし、リュックおろしてケーブルを穴に通して繋いでボタン押して蓋を閉めて出発だー!

めっちゃ使いにくい。
実際にはかばんちゃんに手を突っ込んで激しく動かしてバッテリー探したりしてるわけで運用に難ありです。

とはいえコストは正義、ラフに使える、それなりにものが収まるはかなり快適です。

脱アイロン、クリーニングライフ
サラリーマンの宿命である制服のメンテナンス。ワイシャツというのは大変デリケートな商品で一度着る→洗う→シワがつくというサイクルをめぐります。
シワがつく→クリーニングとなるわけですが、なかなか出しに行けなかったり出掛けてると受けとるタイミングを逃したりします。

そこでいい情報を聞きつけて買ったのがこちら!
https://www.amazon.co.jp/dp/B075V3MZPB/

こちらはジャージと完全に同じ素材で出来ている。つまりシワにならない。見た目はワイシャツっぽいが手触りはジャージである。
全部がこれになるとまずいこともあるだろうが、日常生活においてはほぼ支障がない。安物のワイシャツよりは値がはるがクリーニングやアイロンといった手間から完全に開放されるためおすすめである。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。