見出し画像

英会話の習得のために一番大切なこと〜個人レッスンとグループレッスンをしての気づき〜

英会話講師・英語コーチ経験があり現在はライター・ブロガーをしているMinisakiです。
英会話講師時代を振り返って、英語を話せるようになるためには何が大切なのか。生徒さんの事例などを振り返りながら記事にすることにしました。

この記事は英語の教材ではないので、「勉強の内容」「フレーズ」「文法」などを紹介するものではありません。

生徒さんのブレイクスルー例や、逆に会話が思うようにできるようにならなかった例を比較することで、英会話を習得するために大切な「考え方」を紹介するものです。

3ヶ月マンツーマン講座には2年間で7名の方に、グループレッスンは1月から8月で述べ180名の方に参加いただきました。

多くの方の体験談が入ったものなので、有料とさせていただきました。

本気で英語に取り組みたい方、英語を使ってやりたいことを実現したい方へ参考になれば嬉しいです。

この記事ではマンツーマン講座で扱った動画も取り入れながら分かりやすく初心者から英語を習得する考え方を紹介しています。

日本語の文章なので初心者でつまづいている方にも、中級以上で伸び悩んでいて勉強法を見直したい方にもおすすめです。


1.英語を話せるリアルな目的はあるか?

画像1

結論から言うと、
英語を話せるようになってしたいことがリアルな方 
または
目的をはっきりさせるために全力で向き合う方
は、ブレイクスルーを体感できると言えます。

この「話せるようになってしたいこと」ですが、ぼんやりとしているもの、例えば

*外国人に道を聞かれて慌てないような英語力

*海外旅行で困らない程度の英語力

*外国人の同僚と英語で話してみたい

*映画を字幕なしで理解できる英語力

だと正直弱いです。自分ごととして、どんなシーンでどんな会話をするということが明確になっていないからです。
あなたの目的は「実現できるか分からない目標」「憧れ」で終わってしまっていませんか?

そんな方はもっと明確にするのがおすすめです。

例えば

*仕事で英語を使った会議をする。英語ができる人にサポートしてもらわなくても大丈夫なようにしたい。

*英会話サークルなどで自分より英語が流暢な人を見ると引っ込み思案になってしまう。そんな場でも落ち着いて話したい。

*外国人の友達と言語学習アプリで交流している。翻訳ソフトの不自然な英語を使わずに自分が作った英語で話したい。

*旅行先のホテルなどで必要なものを頼んだり、ツアーに頼らず現地の人に道を聞いて旅行できる会話力が欲しい。

これくらい具体的でリアルな目的です。「目標」より「目的」とより具体的に、実行可能な言葉にするだけでも違います。

2.どうやってリアルな目的を作るのか?

画像2

リアルな目標を作るためには、「英語を実際に使う場を体験すること」が必須です。

よく、英語の基礎を身につけないとそんな「英語を使う場」へは行っても仕方がない、と考える方がいらっしゃいます。

英語は「語学」なので、「使える」ことが重要です。数学のように公式が理解できれば問題は解けるというものではないので、「頭で分かっている」と「使える」ということが別物であることを身をもって体感すること。そのためには、最初は不安かもしれませんが英語を使う環境に身を置きましょう。

対面で話す方がいい方、オンラインでコミュニケーションしたい方、様々だと思います。

対面の場合は英会話スクールに行かなくてもmeet upというアプリや国際交流のイベントの場は探すと意外に多くあるものです。バーやカフェで日本人・外国人混じっての集まりに参加して、外国人の友達や英語を勉強する仲間を作りましょう。ネットで
「国際交流 大阪(など地名)」
「英会話カフェ 京都(など地名)」

検索して、足を運んでみましょう。

オンラインの場合はSNSで言語学習ができるTandem, Hello Talkというアプリで、顔を合わせずとも外国の友達を作って英語でコミュニケーションすることができます。
これらは無料で始められるので、「英会話スクールやオンライン英会話にいきなりお金を払うのが不安」という方にもオススメです。

この時の目的は、あくまでも「英語を使う目的をリアルにすること」なので、最初から会話できない自分を責めたり、会話ができないことを悔しんで凹んでしまう必要はありません。

また、知らない人と話すのが怖くてどうしても会話をする場に足が向かない、アプリなどで知らない人と話すのが嫌だという場合は、知り合い伝いに外国人を紹介してもらう方法もあります。私の生徒さんでも、人見知りをしてしまう方がおられましたが、私の友達のオーストラリアに住んでいる友達とは安心して話していました。

英会話カフェなどに行って、必ずしもその場にいる外国人と仲良くならないといけないわけではないので、その場にいる日本人とまず仲良くなり、その人の外国人の友達と友達になるのもオススメです。

3.グループレッスンでの失敗

画像3

2017年からマンツーマンで自宅学習付き英語コーチングを実施し、2018年からは英会話カフェでグループレッスンを隔週週2回開催しました。

結論から言うと、マンツーマン英語コーチングの生徒さんには英語のブレイクスルーを感じてもらえたと思っています。
グループレッスンでは、「英語を話せるようになってしたいこと」が人それぞれにも関わらず、一般的でぼんやりとしたレッスンをしてしまい、生徒さんに「自分ごと」と思ってもらえなかったことが反省点です。

グループレッスンの内容はこんなものでした。参考のために当時のブログ記事のURLを載せておきます。


レッスン形式は、旅行のシーンや外国人との初対面などよくあるシーンを想定してプリントにフレーズを書いたものを渡し、ペアワークをして実際にフレーズを口にするものでした。また、英語コーチングの生徒さんにもお伝えしていた勉強法のコツなどもお伝えしていました。

使える実践的なフレーズで、参加者の方に「英語をこんな風に簡単に使えるんだ」とハードルを下げる。一緒に勉強を頑張る仲間を見つけるといった面では有意義な時間でした。

ただ、初めての体験で力不足もあり生徒さん一人一人と向き合って「英語を使ってしたいリアルな目的」まで話す余裕がなかったり、グループレッスンだけで全てを伝え切ろうとしすぎて学校や英会話スクールのような方にはまったものになってしまったことが反省点です。

今思うとマンツーマンレッスンでの生徒さんがブレイクスルーしたポイントを伝えれば、参加者の人にも実感してもらえるだろう、というのは甘い考えでした。もちろんグループレッスンが上手で生徒さんの目的をうまく引き出す講師の方もいらっしゃいます。グループレッスン自体を否定するわけではありません。

レッスン終了後もプライベートを共にする生徒さんと繋がれたご縁や、レンタルスペースのCflatさんで出会えた方々、外国人スタッフとのご縁は一生ものの貴重なものとなりました。

4.マンツーマン英語コーチングで行ったポイント3

それでは、ブレイクスルーが生まれたマンツーマンコーチングでは何が決め手だったのでしょうか?考察してみました。

マンツーマン英語コーチング受講生の感想の記事はこちらです。

もし、受講生のようなブレイクスルーを体感してみたい、と感じた場合は以下の有料エリアで講座の概要を知ることができます。

この続きをみるには

この続き: 2,774文字

英会話の習得のために一番大切なこと〜個人レッスンとグループレッスンをしての気づき〜

ミニサキ★

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3
元英会話講師でブログwww.minisaki.comを運営しています。今はリゾートバイトをしながらブログやSNSで夢を実現するため奮闘中。英語カラオケが趣味で、カラオケSNS starmakerには外国人のフォロワー7000人 オーストラリアにワーホリ経験あり🇦🇺