見出し画像

2021年 年頭所感

2021年の年頭にあたり、謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

2020年は人類史上最も難しいパンデミックという人類共通の敵と戦った一年でした。

そんな中でも、次の時代に向けて変革していくエネルギーも生まれてきています。人々の生活はドラスティックに変化し、今まで改革が難しかった領域にもメスが入り始めました。経営者はDXを通してのビジネスプロセスの変革を加速させています。

今まで当たり前だったオフィスへの出社という前提が崩れ、リモートワークが定着しつつあり、紙・押印に代表されるような人が介在することが前提の「レガシープロセス」の見直しがより一層求められるようになりました。離れた作業場所での作業品質や作業効率を担保するために、更なるデジタル化が推し進められ、AIを利用したソリューションが実際のビジネスプロセスで利用され始めてきました。公共交通機関の定期代を実費精算に切り替える企業も増えて来ています。

Miletosは2019年にリリースしたSAPPHIRE、2020年にリリースしたSTREAM等のAIソリューションにより、引き続きクライアントのDX推進を強力にサポートして参ります。また、更なる経理領域の自動化を促進するため、既存AIエンジンの高度化に加え、新規エンジン及びソリューションの開発を進めます。

2021年は全社一丸となってモダンプロセスの普及に注力し、クライアントへの価値創出に全力を尽くして参ります。
本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

Miletos株式会社 
代表取締役社長兼CEO 朝賀 拓視

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
Miletos株式会社についての情報を発信しています!現在、経費業務DXプラットフォーム"SAPPHIRE"を中心に事業展開中です。