見出し画像

Cervelo CALEDNIA5 と ASPERO5の試乗車 (期間限定11月中旬まで)

mikami3up

CerveloのCALEDNIA5とASPERO5をお借りしました!
サイズはどちらも51cmで、どちらも「5」のグレードです。
「5」とはCerveloとしてのトップグレードを表します。
11月の中旬までの期間限定でお借りしました。

画像1


CAREDNIA5

画像2

CAREDNIA5は荒れた舗装路を含むタフなルートが得意です。ここ飯能周辺の地域で言えば奥武蔵グリーンラインをはじめとした奥秩父などの山深い地域を好むライダーにピッタリなモデルです。
SシリーズやRシリーズに比べるとフレーム剛性をしなやかにしている事や、チェーンステーをRより5mm、Sより10mm長くする事でロードバイクとしては安定性を持たせた性格。タイヤクリアランスは35cまで対応していますのでグラベルにも対応できる懐の深いバイクです。
プロチームではパリ-ルーベなど石畳を含むレースで使用しているタフな奴。

ライターで編集者でレース解説者の小俣君の(自腹)購入からライドまでのCAREDNIA5のレポートです → https://laroute.jp/column/2021/10/0101-022/

画像3


ASPERO5

画像4

ASPERO5はグラベル“レース”バイクです。
グラベルバイクというジャンルは未舗装路もフィールドとし、グラベルでのレースから長距離移動のバイクパッキングなどの旅の道具としての使い方まで幅広い用途にあてはまります。

その中でもこのASPERO5はグラベルをレーシーに楽しむことを目的とした性格を持ったバイクです。

シクロワイアードのレポートです→ https://www.cyclowired.jp/news/node/344359
※硬いフレームとの印象が読み取れますが、もともとチューブレスタイヤでの使用を前提にしているハズのバイクなのですが、試乗車はクリンチャータイヤが装着されているのため、若干トータルバランスが崩れちゃってるんですよねー。

画像5


輸入代理店の東商会さんから11月の中旬までお借りする事が出来ました。
試乗をご希望の方はご連絡ください。(貸し出している場合がありますので)
※試乗をご希望の方は下記のご協力をお願いします。
・現在お乗りのバイクのサドルの高さをお伝え下さい。
・ペダルのお持ち込みをお願いします。
・身分証のご提示をお願いします。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!