【その2】 ホンモノの人の持つ空気感~小栗先生がやってきた~
見出し画像

【その2】 ホンモノの人の持つ空気感~小栗先生がやってきた~

みーきち(マンガ家)

18年前の出会い

「ダーリンは外国人」を初めて手にとったのは仕事帰りの書店だったと思います。オレンジ色のカバーで、ちょこんと真ん中に描かれた異国籍カップル。

その時はまだビニール袋で覆われてない時代で、何ページか立ち読みして。

シンプルだけど、心地よく目をとらえる絵柄。トニーさんの個性的な言動。
日本人以外の人から見た日本。ふだん何気なく使っている日本語の説明の難しさ、そして面白さ。違う価値観を持った男女が生活の中で折り合いをつけていく様。

マンガも外国語学習も好きな私はすぐに買って、帰りの電車で一気読みして、ページが少なくなってきたとき「ああ、もう読み終わっちゃう…」って思いました。そんな気持ちは、子供時代以来、久しぶりでした。


で、そのままあとがきを読むと、1行目から編集担当さんの個人名をあげていて「へえ、めずらしい」と思いました。(文末のSpecial Thanksみたいなとこにあるのが普通だと思ってたから)

「小栗さん、ぜひ一緒に仕事しましょう!」と、この本の担当である松田紀子さんが私のふところに体当たりしてきてくれてから、はや2年が経つでしょうか。
松田さんは(中略)あっという間に上京し、メディアファクトリーに入り、私を押し倒し、そして「ダーリンは外国人」が出来上がったのでした(このタイトルは彼女によるものです)

-「ダーリンは外国人」あとがきより-

やっぱり才能のある人って世の中に見つけられる運命なんだなぁ。

そして松田紀子さんという編集さんは勢いのよさそうな人だなぁ。

そんな感想を持って本を閉じた2002年。

その頃に産んだ娘が大学生になった去年、コミックエッセイ描き方講座でこのお2人とオンラインでお話できるようとは…!!!
生きてるといろんなことあるわなぁ。

そんな機会に気持ちが昂ぶらないはずもなく、ただでさえ暴走しがちな交感神経が、盆と正月が来た勢いでワッショイワッショイもりあがってしまった結果、当日の私はこんな感じでした。

画像1

私子供の時からワクワクすると寝れないんですよ…!!!
講義が初回で、どんなものになるかの緊張もあり、前日の夜はホントに寝れませんでした。昼すこし仮眠しようとしてもぜんっぜんできなくて、自分でも「えー、ちょっと…大の大人が、そんなに?」と半笑いしたまま講義の時間に。

初回からガンガン濃い教えが

画像2

ここにはざっくりしか描いていなのですが、コミックエッセイ概論ともいうべき初回の講義は、のっけから松田さんのコミックエッセイに賭ける情熱と、これまでの経験で培った知見がてんこ盛りに伝えられました。

講義の詳しい内容を、カタノトモコさん(元マンガ家の!)が超わかりやすい図解でnoteにあげてらっしゃいます。もっと知りたいと思われる方、ぜひご覧になってみて下さい。

▼カタノトモコさんのnote

後半戦はベルリンから

画像3

小栗先生、登場ーーー!!
この質疑応答ね、本当に色々な質問を丁寧にご回答いただいたんですが、その部分は受講者特典ということで、我々1期生の心の宝として大切に偲ばせていただきます。

とにかく受け答えの速度に、言葉の端々に、たとえ話に、説明の構成に、
「やっぱりすごいよ!ベストセラー作家!!」
と、心ふるえっぱなしでした。

気さくでフレンドリーな方なんですが、ベルリンからオンライン越しでもわかる、ホンモノの人が持つ空気感。

そのエッセンスを伝えたくて、せいいっぱい例えてみたのですが、いかがでしょうか…!↓

画像4

私は本当にこの年まで生きてきて、そしてマンガ家をめざしてよかったなぁと思いました。

タイムマシンに乗って、「ダーリンは外国人」を読んでる自分に伝えてあげたい…

画像5

2期のトークゲストがどなたになるのかわかりませんが、きっと受講した人にとって特別な経験になるでしょう。

たくさんのホンモノに触れて、ショックを受けて、そこから感じとったものを作品にしていけたら、創作活動をずっと楽しめるなぁと思いました。
また、そのためには新しいものや自分以外のものを受け入れる柔軟性も必要だなと感じています。

ホンモノに触れる機会作りと柔軟性、両方だいじにしていきたいものです。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
みーきち(マンガ家)

いただいたサポートは本かマンガを買う資金にあてます。 そしてそれをマンガに生かします。コレをくり返して、くり返して、みんなが笑っちゃう世の中にしたい。

私もスキです♡
みーきち(マンガ家)
人生100年時代。後半もゲラゲラ笑える人生にしたくてマンガ描いてます。 Twitter→ https://twitter.com/miiikichii