スタッフブログ 4回目~見放題への思いとタイムテーブル~

見放題実行委員会

こんにちは!見放題スタッフ2年目のMです!

今年も見放題の季節がやってきました。しかも七夕。めっちゃロマンチックですね。私は短冊に「白馬の王子さまは望まないので、ほどほどの清潔感があり、奥二重で、既読無視したLINEに「元気ー?笑」と送ってこない人をひとり天界から寄越してください、なる早で。」って書こうと思います。めっちゃロマンチックですよね。

さて、2回目の見放題スタッフ、まだまだ知らないことばかりで、準備を進めている今でもとても楽しいです。たくさんの素敵な人たちにも恵まれて、昨年の私がスタッフに応募したことをめちゃくちゃ褒めたい。

見放題スタッフの存在を知ったのは一昨年の見放題でした。お客さんとして蛍光緑のリストバンドをつけていた私は、規制間際に滑り込んだライブハウスでスタッフさんのパワーにとても驚きました。ひとりでも多くの人にライブを楽しんでもらうため、大声で前に詰めるよう指示する姿が、ただ単純にすごいな、と思いました。

そんなことはすっかり忘れていた昨年の見放題。ツイッターに流れてきたスタッフ募集のページを見つけ、とりあえずブックマークを付けました。友達を誘うもみんなに断られて、1週間ほど迷った末ひとりで応募することに。ひとりで何かを始めたことのなかった私にとっては大きな決断でした。

応募した理由は「音楽が好きな友達ができる」や「お祭りごとが好き!」もあるけれど、「自分の好きな音楽の世界に少し触れてみたい」という気持ちが大きかったです。あと、フェスのスタッフってなんだかかっこいいですよね(笑)

当日私が担当しているのはハコでも企画でもなく、関係者受付で、イレギュラーがレギュラーテンポのような場所です。わたしはこのポジションが好きで、ジャンルもタイプも違う様々なアーティストさんたちが見放題に出演してくれていることを強く実感できます。
また、関受では私の尊敬する「見放題の裏ボス」さんと一緒に仕事ができることも嬉しいです。その人に憧れて、今の私があります。いつも本当にお世話になってます!!
今年は缶バッジ企画が始まり、それも担当させていただきました。こうやって一歩ずつ見放題に深く関わっていけるのも、スタッフとしての成長を感じられます。

わたしは見放題スタッフに応募してから、「やってみたいことを(例え1人だとしても)やってみる」ことができるようになりました。
今では、この見放題の事務所のお手伝いをしていたり、大好きなバンドのスタッフを始めたり、より楽しい日々を貪欲に生きています。

昨年の自分の日記には、「見放題2016で偶然にも大好きなバンドに出会えたから、次は誰かが大好きなバンドに出会うお手伝いがしたかった!」と書いていました。サーキットフェスとは出会いの場。今年も沢山のお客さんとアーティストとスタッフが溢れかえるアメ村に素敵な出会いがありますように。
これも短冊に書こうと思います(笑)

わたしなら見放題こう回る!
13:30〜 THE BOY MEETS GIRLS (pangea)
14:00〜 DENIMS ( BIGCAT )
15:00〜 PARIS on the city! ( BEYOND )
16:00〜 The floor ( MUSE )
16:30〜 グッバイフジヤマ (VARON )
17:00〜 LOVE LOVE LOVE (CRAPPER)
18:00〜 バレーボウイズ (BEYOND)
19:00〜 FILTER (BEYOND)
20:00〜 マイアミパーティ(BEYOND)
20:30〜 シンガロンパレード (VARON)
21:00〜 浪漫革命(新神楽)

きっとインドア派の私は体力的に難しいので、これは理想ですね(笑)
レジェンドステージやルーキーステージ、VARONに行くと見放題コンピレーションの「ここにある音楽11」が貰えるので、そちらもぜひもらってください!
あーっ!当日が待ち遠しくてたまらない!

最後まで拙い文章を読んでいただきありがとうございます。
では、見放題2018でお待ちしております!◎

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!