pmconf 2021にシルバースポンサーとして協賛しました
見出し画像

pmconf 2021にシルバースポンサーとして協賛しました

MIDAS Technology Review

ミダスキャピタルは、2021年10月26日(火)に開催されたプロダクトマネージャーカンファレンス 2021(通称、pmconf 2021)に、シルバースポンサーとして協賛しました。
当日は、オンライン形式で開催され、4,000人以上の参加者と国内外から集まった登壇者によるプレゼンテーションが、同時5トラック進行という大変見応えのあるカンファレンスでした。

そのようなカンファレンスに、スタートアップピッチ枠にて投資先企業のSheepMedical株式会社 執行役員PMOの東さんとともに、株式会社ミダスキャピタル 取締役パートナーの寺田も登壇しました。

画像1

ミダスキャピタル 寺田の登壇内容

冒頭、寺田よりミダスキャピタルの紹介を行いました。

画像3

ミダスキャピタルはPEファンドです。「傑出した才能と技術を集め、世界に新たな価値と景色をもたらす」というミッションを掲げています。

画像3

pmconfのようなイベントへの協賛を通して、優秀なPM人材やテクノロジー人材と接点を持ち、テクノロジーによって大きな成長ポテンシャルのある投資先企業とのマッチングを進め、企業価値向上を行う取り組みを紹介しました。

下記リンク先は、投資先企業におけるプロダクトマネージャー職の採用ページまとめです。併せてご覧ください。

SheepMedical 東さんの登壇内容

メインセッションである「歯科のリアルビジネスを支えるシステムと専門領域のプロダクトづくりについて」を東さんよりプレゼンいただきました。

スクリーンショット 2021-11-05 12.56.55

SheepMedicalは、マウスピース型矯正器具製造において国内2位のシェアを持つ歯科技工メーカーです。

画像4

医療業界、特に歯科領域において、歯科技工所(SheepMedical)、クリニック、患者それぞれの分野で法律による制約や課題、システムの必要性について説明がありました。

画像5

しかしながらシステム観点で見ると、それぞれの領域で別々のシステムを使っており、分断されていることが分かります。

画像6

クリニック・技工所・患者の3者をシステムによって繋ぐことで、冒頭にあげた課題解決へ向かうと考えています。また、SheepMedicalは2021年11月現在、10ヶ国に進出しており、システムはこれらの国でも利用できるよう、グローバル対応が必要になります。

画像7

システムのポイントをまとめます。
さらにその先には、歯科クリニックにおける自由診療の需要拡大と、予防歯科へ転換し未病ケアの啓蒙へと繋げていきたいと考えています。

画像8

なお、未病ケアの領域でも、既に新規事業開発が進行中です。
インナーケアとして、腸内細菌DNA検査・研究を行うラボを持っており、クリニック専売サプリの開発・企画を進めています。
ボディケアとして、バイオメカニクス研究において特に足に着目し、米国・日本のドクターとともにインソール型の矯正装具の研究・開発を進めて
います。
その他、D2C事業も進めています。

このように、歯科領域・未病領域それぞれにおいて、海外展開含めた積極的な事業拡大を進めています。
事業拡大に伴い、プロダクトマネージャー、デザイナー、エンジニアを積極的に募集しています。下記リンク先に募集職種一覧を掲載していますので、併せてご覧ください。

まとめ

ミダスキャピタルでは、今回のpmconf 2021以外にも、iOSDC Japan 2021にシルバースポンサーとして協賛したり、様々な会社のCTO・PM・エンジニアの方々をお招きして知見や技術を学ぶMIDAS TECH STUDYというイベントを自主開催したりするなど、積極的にテクノロジー分野にも投資して参ります。

当日の登壇内容については、以下をご確認ください。


MIDAS Technology Review
株式会社ミダスキャピタルのTechnologyチームが、最先端のテクノロジーやテクノロジー経営・ビジネスに関するリサーチを発信します。