伝え方

今日はお盆休みも重なって甥っ子の面倒をみさせてもらった。

YouTubeに夢中な、小学校1年生の甥っ子が、

お爺ちゃん、おばあちゃんに対して、

うっせなー

うう、その言葉づかいは違うだろ、そんな言い方したら、相手に不快感を与えるやろ。

と思いながら、それを小学校1年生にどう伝えるか

言葉を選んでいる自分がいる。

考えながら、ふと聞いてみる。

〇〇くんの夢は何?

「宇宙飛行士!!」

おお、いいやん、その為には何をやらないかんの?

「いっぱい勉強しなきゃいかん。」

おお、そうなん、なんの勉強しないかん?

・・・沈黙

YouTubeに聞いてみる。

YouTube見て、宇宙は高さ何メートルから宇宙か、解説してくれる。便利(笑)

おい、分かっていないんかい、それじゃ宇宙飛行士は無理っぽくない・・・

でも、そこまで言えない自分がいる。

本当に迷う、相手にどう伝えるか、その伝えたことが相手にどう影響がでるか、自分の子供ならまだしも、人の子供だと思うと、迷う・・・

でも、そも迷いが、本質を見誤る。

やっぱり、もう少し、ダメなことはダメと叱ってあげないといけないと今日改めて思う(今回の場合、お爺ちゃん、おばあちゃんに対する言葉づかい)

経営者だと社員にも同じことが言えると思う、相手にどう伝えるか。

経営者に本当に必要なことは意思決定、その結果をきちんと社員(人)に伝えなければいけない。

MGの基本理念は「教えない」それは相手に気が付いてもらわないと、本当に大事なことが、身に付かないから。

でも、教えて早く一人前になってもらいた、ここが難しい。

経営者はこの狭間で、常にどうしたらいいか考えて、もがき、七転八倒していると思います。

人は育つ、しかし、自分が経験したことでしか成長ができない。

今回の場合、その言葉づかいで、自分に怒られて、もしかしたら甥っ子は育ったのかもしれないと思うと、自分はそのチャンスを逃したのか・・・

悪いことしたかな・・・

いや、伝え方と考えて、何も言えなかった自分が、一番育ったのかもしれない(苦笑)

そんな、伝え方を常に考えながらMGのインストしています。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。