タルト・タタン(ノンベジ)

〜タルト・タタン(ノンベジ)〜

2019年フランス旅行中。
友人が「フランスのタルト・タタン食べたい」と言っていて…
でもなかなか良さげなタタンに出会わず、「じゃあ私が作るよ!」という約束をしたのです。

なんでかって?
私 15年ぐらい前にフランスのレストランで料理人をしておりまして、くる日もくる日もタルト・タタンを焼いてました。
100個は焼いたと思います。
もちろん砂糖とバターたっぷりのヤツ💕

そんなわけで、当時を思い出し、フランスレシピのタタンを作りに行ったのです。
一年越しの約束を果たしに〜♪

15年ぶりに作ったタルト・タタン。
バッチリカラダが覚えてました。
同じものを作り続ける楽しさを久々に思い出しました。

作り過ぎ、食べ過ぎ注意です😆

----------------------------------------

<分量> 直径18cm マンケ型 1個分
粗製糖:型の底に1cm厚にふんわり
バター:50g(有塩がオススメ)
リンゴ:5〜6個(酸味のあるものが👌)

小麦粉:70g
バター:70g
水  :適量
打ち粉:少々

----------------------------------------

<作り方>

まずリンゴの準備
①リンゴの芯をくり抜き、皮を剥いて半割にする。
(種の部分を取り除ければいいので、1/2割にしてからスプーンでくり抜いてもよい。)
②粗製糖とバターをフライパンに入れ、中火にかける。
③カラメルになってきたら、まっ茶っ茶の一歩手前で火を止める。
④カラメルを型に流す。
⑤リンゴを放射状に敷き詰める。
(隙間にもリンゴをしっかり詰めると、仕上がりがきれい。)
⑥200度に予熱したオーブンでリンゴがやわらかくなるまで焼く。

焼いている間に生地の準備
①冷たいバターを1cmサイコロ状に切る。
②小麦粉にバターを入れ、スケッパーで切るように細かくする。
③水を加え、粉となじませる。
④こねないように生地を押さえてまとめる。
⑤冷蔵庫で冷やしておく。

リンゴが焼き上がったら…
①やわらかくなったリンゴを上からギュッと押さえる。
↑キレイなかたちに仕上げるために大事なポイント!
②生地をのばし、型に乗せ、穴を開ける。
③200度で焼き色がつくまで焼く。
④あら熱がとれたら、ひっくり返して型から出す。

しっかり冷めてから型から出す方が、リンゴの形がきれいに固まっててキレイなのでオススメです。
ただ、冷めるとバターやリンゴのペクチンが固まったりして、型から出しにくくなる時があります。
その時は、型をちょっと温めてあげる(バーナーであぶる、湯煎する…)とキレイにはずれます。
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2
MEGURIYA organic¯obiotique 愛知県渥美半島にて料理教室、暮らしの教室、メタトロン測定、バッチフラワーレメディ、イベント等を運営しています。 441-3503愛知県田原市若見町権亟地80 http://meguriyaorganic.com