DM投函がうざい。対策その1
見出し画像

DM投函がうざい。対策その1

大量のDMがポストに投函されまくる。

出張が多いとすぐにポストが一杯。

その結果、大事な郵便物が埋もれ、時にはポストから郵便物が落ちる。

対策

対策として「DM禁止!」のステッカーをポストに貼った。

おおよそのポストの外観に合う大人しいデザイン。主張しすぎない調和するデザイン。マンション等の他人に見られても恥ずかしくない。

効果

32通→5通に減った

上記のステッカーを貼る前までは月間で32通のDMが入っていた。


スライス 1

32通の内訳は1通が行政からの連絡。それ以外は、宗教勧誘や商品勧だった。

この32通の中に、私の名前と住所を記載して送られる郵便物カウントしていない

ステッカー添付後は5通にまで減った。5通の内訳はタウンメール系2通・そのほか勧誘3通。

画像3

2通は郵便局のタウンメールだ。

タウンメールは企業が特定地域を指定し、郵便局が一斉にDMを送付することのできるサービスだ。

効果の理由

ステッカーを貼るだで効果が出た。

正直驚いた。効果が出ると思っていなかった。

なぜ、効果が出たか。

それはDM拒否のを掲げておきながら、ポスト投函した場合に住居侵入等に問われる可能性があるからだ。

本当に住居侵入に問えれるか。

法律家ではないので不明。

だが投函者側も法律的にグレーだから、無難に投函しない。

そう考える人が多いのだろう。

なお、タウンメールは郵便物。

そのため、グレーではなく合法である可能性が高い。

まとめ

1.「DM禁止」ステッカーでDMはかなりの数が減る

2.ただし全てのDMを止めることはできない

3.タウンメールは郵便物扱い



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Mickelberryと西川アツシによるブログ。 二人はアメリカ文化に影響を受け渡米。ニューヨーク州のとある大学にて出会い意気投合そのまま会社を設立へ。多彩でクールな文化を日本に広めようと活動中