Xデザイン学校2019ベーシックコース5回目

#05ペルソナ/シナリオ法

【今日の学び】
・WSでユーザの意識していない欲求を掘り下げ発見できる事を知った。
・調査を行って出てきた結果を概念化することが大切。
・ゴールダイレクテッドデザインが大切
前回の授業でも出てきた内容で、ユーザのゴールを先に見つけそれに向かう物語を見つける。

【ワークショップ】
前回調査を行ったインタビュー結果を元に、行動シナリオから
”上位下位関係分析法”を使って ユーザの本質的欲求価値を洗い出すワークショップを行った。

今回私がインタビューイーとなった行動シナリオ(赤ちゃん時代の育児参加)について
ワークショップを進めた。
一番の気づきは 言語化行い”なぜなぜ”を繰り返していくと、ユーザ(私)の意識していなかった欲求が現れてきて、本質的欲求にたどり着く事を体験した。
(若干ユーザの思考が美化されて意識の中で作られているのではないか?という懸念はあるが)
今まで最も ”やっている事とゴールへの結びついた体験”であり少し光が差した気がした。

自分自身の中ではINPUTに対し、身の回りの出来事の”なぜ”を行うように心掛け始めた。すぐに変わるとは思わないが、少しづつ変えて、いつかは他の事象と繋がるようになりたい。

今我々が行っている ”育児・授乳での適温体験”についてもリフレーミング行った上でパートナ企業を考えられるように取り組んでいきたい。

少しずつレベルアップしたいと思っています。皆さまよろしくお願いいたします。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。