【TOKIOSpecial】釘・役物・期待値計算完全攻略
見出し画像

【TOKIOSpecial】釘・役物・期待値計算完全攻略

まっつん

初めまして 

まっつんと申します。

この度はTOKIOSpecial完全攻略ノートをご覧頂きありがとうございます。

皆さんはアナログ機種(羽根物)で良く当たり奇麗な右肩上がりの台・常にもんでいる台・全く当たらず右肩下がりの台、そんな台のグラフ見た事はありませんか?あれは釘+役物確率によってある程度出る出ないが決まっています。羽根物は出る台は一生出ますし、出ない台は一生出ません。

今回はそんな羽根物の中でも特に役物によって左右されるTOKIOシリーズの最新作TOKIOスペシャルを完全攻略します。今回のノートの内容は大きく分けて5つになります

・寄り釘調整におけるベストストローク解説

・寄り以外の釘調整解説

・寝かせによる役物癖の見抜き方

・期待値計算の方法・鳴き別日当ラインの目安表・履歴打ちのコツ

・TOKIOブラックに使える応用

上記5点をテーマにして解説していきます。

では早速ですが、寄り釘について解説していきます。

寄り釘調整におけるベストストローク解説

本機には狙うストロークが3種類あります。

ぶっこみ狙い

ぶっこみ狙い

ぶっこみ下の谷狙い

ぶっこみ弱狙い

逆ラッパ狙い

逆ラッパ狙い

大きく分けて3つのストロークを使い分ける必要があります。なぜかと申しますと。釘調整により例えばぶっこみ狙いだとマイナス調整になりますが、逆ラッパ狙いだと+調整に働くといった事がよくあります。釘調整によりストロークを変えてあげる事で拾い率が上がり期待値を底上げする事が出来ます。具体的に3~4%ほどストロークをベストストロークに変えてあげる事で拾い率を上げる事が出来ます

では早速どのような釘調整だと何処を狙えばいいかを具体的に解説していこうと思います。

分かりやすく考えて頂くと先ほどの3つのストロークがありましたが一番マイナス調整が少ないポイントを狙う形となっています。今回はこのマイナス調整ならこの狙い方はやめようと言ったテーマで解説していきます。

①ぶっこみ狙い時

ぶっこみ狙いをする場合は以下のマイナス調整に気を付けて下さい。

ぶっこみマイナス

※矢印向きでマイナス調整

ぶっこみ狙いは一番オーソドックスなルートになりますのでマイナス調整がそれなりにかかりやすい部分でもあります。

ぶっこみマイナス2

理想ルートは緑ルートで玉が羽に向かうのが理想になりますが、マイナス調整がかかるとアウトに誘導されて釘と羽の間に落ちて拾わないように誘導されます。上記のマイナス調整だとぶっこみルートを狙わないのが理想と言えます。

ぶっこみルートがマイナス調整だったら他のルートを検討するのがベストと言えるでしょう。

②ぶっこみ下の谷狙い

ではぶっこみ下の谷を狙う場合は以下のマイナス調整に気をつけましょう。

谷狙い

※矢印向きでマイナス調整

上記の釘に気をつけましょう。特に緑釘ですね地味に注意しないといけないポイントです。

谷の抜けた玉ですがぶっこみもそうですが羽に絡まないルートは4連釘の左側のアウトに落ちる調整になります。

谷ルート2

こちらのルートが死に玉を特に描きやすいルートですね。先ほどの緑釘に当たり左に弾かれ4連釘左のアウトに誘導され死ぬパターンですね。

ちなみにですが3連釘 4連釘の間のアウトですが上記の写真はマイナス調整になります...こぼしのマイナス調整はぶっこみ以外のルートにマイナスになります。かなり痛い部分です。

③逆ラッパ狙い

大きく分けて確認するポイントは3ヶ所あります。ぶっこみや谷を狙っても弾かれてこの逆ラッパルートに向かう玉も相当数あるはず(5割近く)ですので僕個人としては拾いを上げるのならここは無調整が好ましいポイントだと言えます。

1ヶ所目 逆ラッパ振り分け

逆ラッパ1

※矢印向きでマイナス調整

まずは逆ラッパの振り分け釘ですね右に向かえば羽に絡みますし左に向かうとこぼしを超えて羽に絡みます。基本的に緑釘でマイナスをかける店が多いです。青釘をいじる店は調整が比較的にうまい店のパターンが多いです。

上記画像はマイナス調整です。緑釘が完全に右曲がり、左上青釘が左曲がりなのが分かると思います。完全に左側に誘導するように玉を向かわせようとしています。

2ヶ所目左ルートの外こぼし。

逆ラッパ2

※矢印向きでマイナス調整

先ほどの逆ラッパで左ルートで落ちた玉を羽に完全に絡まなくするためのマイナスルートです。基本的に左側の緑・青釘でこぼしの幅を広げてこぼれる玉を増やすのがマイナス調整になります。

黄色ルートでアウトに向かう玉が増えますね。

また極悪店舗で風車を左に曲げてさらにこぼしに向かう玉を増やしてくるパターンがあります。風車が左に曲がっていると、どのルートでもマイナス調整に働いてしまいます。

③こぼしポイント

逆ラッパ3

※矢印向きでマイナス調整

上記3本でこぼしポイントからこぼれる玉が増える調整になります。青釘はよくいじられますが緑釘は上手い店がいじりダメージは青釘以上です。重要釘です。マイナスなら逆ラッパ左ルートの玉がかなり死んでしまいます。またこぼれなくても玉が緑釘に当たり勢い殺され羽と釘の間に落ち拾わなくなります。無調整が好ましい、万が一マイナスなら逆ラッパに絡みにくい、ぶっこみか谷ルートを狙うようにしましょう。

逆ラッパ4

※矢印向きでマイナス調整

このルートで死にますね....特に青釘が下が黄釘が左にたたかれると羽と釘の間に落ちて拾われなくなります。この2本が寄り釘の最重要釘になります。ぶっこみを抜けた玉以外全ての玉が絡むのでこの部分のマイナス調整だと大幅に羽拾い率が低下します。

画像32

釘と羽の間には玉1.3個分程の隙間があります。この部分がマイナス調整かかると大幅に拾いが低下します。この部分が羽部分の命になります。

僕はこの部分がマイナスだとよっぽど癖が強いか落としが強いかがないと打たないと言うより打てません...

無料版だとここまでになります。ここから先は有料になります。まだまだ濃い内容やTOKIOで勝つためには知らないと行けない寝かせについて、日当や1回当たる毎の期待値の出し方や1000円辺りの羽鳴きの計算方法など知っていれば相当有利、逆に言えば知らないと安定して勝つのはほぼ不可能な内容となっています。是非本気で勝ちたい方はご検討下さい。

この続きをみるには

この続き: 7,212文字 / 画像21枚

【TOKIOSpecial】釘・役物・期待値計算完全攻略

まっつん

2,980円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
まっつん

スパチャありがとうございます。

草ww
まっつん
パチンコ必勝教室(https://mattunn.jp/)の管理人をしています。 最近は遊タイムの期待値に力を入れています。 現在はBOOKERS https://bookers.tech/author/984/ メインにに移行しております。