見出し画像

川高川女合格専門!爆裂松江塾の講師として、20年指導している私が、埼玉県の公立高校の入試問題を予想します!

 2020年の埼玉県の公立高校の理科について、

予想していきます。

まずは、理科の大問の数と出題分野についてですが、

2020年の入試も、

例年通り、変更が無ければ、大問は5つ!

そして、大問1は、8問!

地学2問!

生物2問!

化学2問!

物理2問!

この順番での出題のはずです!

各分野で、2点問題と3点問題の2問ずつ出題されるでしょう。

大問1では、(2点+3点)×4分野で、

合計20点分の出題となるでしょう。

この内容でも、

受験生で、知らない子が9割以上と圧倒的に多い。

なぜなら、多くの受験生は、

『地学』、『生物』、『化学』、『物理』などの分野を意識しないで、勉強しているからです。

実際に、塾の生徒に、

これらの内容を伝えた時にも、

知っている子はいなかった。

重要なのは、まだまだ、ここではない。

大問2から大問5の出題に関してが、

重要なのだ!

なぜなら、各20点の合計80点だからだ。

今年の入試は、

大問2の出題範囲が、『地学』で、

大問3の出題範囲は、『生物』で、

大問4の出題範囲は、『化学』で、

大問5の出題範囲は、『物理』!

となるはずである。

試しに、2019年の入試がどうだったか、

過去問でご覧になって下さい。

大問2は、『地学』分野である。

そして、以下同様に、

『生物』、『化学』、『物理』と続いている。

当然、受験生の多くは、この事実を知らない。

ここまでの内容は、YouTubeにも、アップしています。



ここからが本題だ!

僕の指導歴20年の経験と入試研究から、

入試の範囲を予想していきます!

また、その根拠も書いていきます!

ただし、同業者に真似されるのも嫌ですので、

根拠については、一部、省略させて頂きます!

それでは、お伝えします!

大問2の『地学』分野についてですが、

地学分野は、『火山』『地震』『天気』『天体』などの分野があります!

僕の予想としては、

地学分野で出題されるのは、

この続きをみるには

この続き:1,980文字

川高川女合格専門!爆裂松江塾の講師として、20年指導している私が、埼玉県の公立高校の入試問題を予想します!

川高川女合格専門!爆裂松江塾!AKR!

4,980円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4
川越の松江塾で、20年間、指導してきました!学年1位が10人以上在籍しています! また、14年間連続で学年1位が出続けています!川高川女に興味がある生徒は、是非、松江塾へ!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。