見出し画像

#葉ね文庫、#一日店長、ご来店ありがとうございました、などの一日。#kurukeredo

画像1

この続きをみるには

この続き: 798文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
登録していただいたメールアドレスに毎日、メールでも同じ内容の日記が届きますので、noteサイトでも読めるし、メールでも読めます。

内容は、月700円で購読できるマガジン『毎日のように手紙は来るけれど』(https://note.com/masuno/m/m945bf3…

1.枡野がnote(https://note.com/masuno)でゲストごとの有料マガシンを作成、販売します。売上の50%がゲストへ分配される仕組み。 2.マガジンに関連記事も掲載。 3.当日、YouTube限定アドレスをnote記事に公開します。生中継するか事前録音するかは、ゲストによります。 【※サークル #枡野書店を利用する会 の会員は、このマガジンを購入する前にサークル内の説明をご覧ください。】

#枡野と短歌の話 第3回ゲスト #池上きくこ さん(#葉ね文庫 店主) @tobiyaman 10/16(金)21:00〜22:30…

教科書に短歌が載っている歌人の枡野浩一が、2011年4月から毎日ちゃんと配信してきた世にも珍しい有料メルマガ「毎日のように手紙は来るけれど」、noteに引っ越しました。表現についてずっと考えています。

短歌、言葉、その周辺の仕事。興味のあることだけやって二十数年生活してきた歌人の、あやまちだらけの毎日を知ることで気持ちがきっと楽になります…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

もしお役に立ちそうな記事があれば、よろしくお願いします。

深謝! 私もです。
5
『ドラえもん短歌』(小学館文庫)重版出来! 短歌小説『ショートソング』(集英社文庫)は約10万部のヒット、小手川ゆあさん作の漫画版がアジア各国で翻訳されました。電子版あり枡。南阿佐ヶ谷「枡野書店」店主。トークイベント「#枡野と短歌の話」はnoteマガジンを購入すると視聴できます。

こちらでもピックアップされています

毎日のように手紙は来るけれど #kurukeredo
毎日のように手紙は来るけれど #kurukeredo
  • ¥700 / 月

短歌、言葉、その周辺の仕事。興味のあることだけやって二十数年生活してきた歌人の、あやまちだらけの毎日を知ることで気持ちがきっと楽になります。正直さでは負ける気がしません。1日ずつのバラ売りも(たまに)しますが、まとめ売りのマガジンは毎日更新をめざしますので、30本とかで700円。更新できなかった日の翌日は、2本更新します。1日あたり24円。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。