見出し画像

あとをひく小谷野敦作品、野澤大志ブランドンの髪型、「ぶ〜け」と松苗あけみとおかざき真里と庄司陽子、などの一日。#kurukerdo

2020年9/14(月)3400




https://twitter.com/toiimasunomo/status/1305281159224467457
短歌は一句ではなく一首

というのは
みんな言いそうだからやめた。



https://twitter.com/toiimasunomo/status/1305286091272908801
#山階基 氏との
#枡野と短歌の話。
あとがき的トークは、
きのう録音する予定だったが、
私の体力に限界が来てしまい、
本日これから録音します。
タイムスタンプは、
もうちょっと数字を
調整しないとだめかも。
あとで見なおします。
https://twitter.com/karakur/status/1305160941479157760



https://twitter.com/toiimasunomo/status/1305312495611949056
#仁尾智 さんとの
第2回もよろしくどうぞ。
https://twitter.com/toiimasunomo/status/1305314053867204608



https://twitter.com/mk791122/status/1305301203467661313
#工藤吉生 さんの記事、
いいコラムだった。
敏腕編集者が早く
気づきますように。
https://twitter.com/tankakenkyu/status/1305390026058997761



https://twitter.com/toiimasunomo/status/1305352074301812736
#小谷野敦 さんの私小説、
あとをひくというか、
ずっと考え続けてしまう。
現実のわからなさに、
対峙するみたいな感じで。
Amazonのレビューを読むと、
主人公の言動に
文句を言いたくなる人が
一定数いるみたいだけれど、
主人公がいい人に見えるよう
操作するほうが簡単だと思う。
その言動を書いたことで
周囲がどんな反応をするかくらい、
私小説の作者が
知らないはずないでしょう。
もちろん無自覚な部分も含めて、
その人のあれこれが表現される。
それが小説、
いや、
文章を書くということだと思う。
https://twitter.com/gozasorotaro/status/1305405560771076096



https://twitter.com/koizumi69/status/1305396872631123969
#本と雑談ラジオ、
私がまだ
もう一冊を読めてない。
今週中には収録したい。



きょうテレビに、
髪の毛がくるんくるんの、
なんだこの愛嬌のある青年は、
と目が釘づけになる人が出てきて、
名前をサーチしてしまった。
#野澤大志ブランドン。
https://twitter.com/Lehua_br/status/1304779555295473671


https://twitter.com/mikihiko_18/status/1301861120949379072
天然パーマらしい。
写真を調べたら、
以前は全然ちがう印象。
髪型、おそるべし。
https://twitter.com/fctokyoofficial/status/1051714286785986560


https://www.pinterest.jp/pin/695735842411538661/
#ホラン千秋 が、
髪を短くしたら
ニュース番組のキャスターの
仕事が来たとテレビで言ってた。

坊主をやめて長髪になり、
髪が鬱陶しくて。
部屋も抜けた髪で散らかるし。
みんな髪、
よくがんばって保つなあ。
私はもうだめかも。
坊主に戻すかも。
何かを変えたかったのだが、
日によって見た目が微妙に
変わるというのが本当に面倒。
坊主はまあ髪は伸びるものの
あまり変化が見えないから楽だった。
自分の肉体はこのままロボットのように、
風呂に入らなくてもいい、
食べ物は #カロリーメイト缶 だけでいい、
みたいになりたいのかもしれない。



https://www.instagram.com/p/CFHcC5Jjz0b/
雨がふる前にと、
朝から新宿の整骨院へ。
ランチは急に思いついて、
初めて入る店で寿司にした。
990円。
味は普通だったというか、
私は寿司の味の差が
あまりわからないタイプ。
もう少し高いやつにすると
寿司の数が増えるのだが、
そっちにしてもよかったかな。



https://twitter.com/tsutsui_ota/status/1305111218491781120
荻窪で漫画を買った。
#和山やま
も買ったけれど、
先に読んだのは
#松苗あけみ。
ずっと謙虚な自分語り。
#おかざき真里 さんの名前が
「#ぶ〜け」出身者として出てた。
でも松苗あけみはあの伝説の、
#サンリオ「#リリカ」デビューなのだ。
幸運に恵まれてデビューしたものの、
自分の作風を発見して
ヒットするまでが大変そうだった。
そして家を買った直後に
バブルがはじけ、
ローン地獄になるのが凄かった。
「週刊文春」最新号の
#庄司陽子 の記事にも、
家を買って大変だった記述が。
庄司陽子は、
「ぶ〜け」初期の読者アンケートで、
好きな漫画家第一位だったという。
もちろん「ぶ〜け」には描いてないし、
のちの「ぶ〜け」はむしろ庄司陽子の
アンチみたいな漫画家だらけだ。
https://www.instagram.com/p/CFHcGrcDrQe/





「毎日のように手紙は来るけれど」https://note.mu/masuno/m/m945bf3f6d99e
まぐまぐ配信時代バックナンバー https://www.mag2.com/m/0001272552.html

ツイッターの感想用タグ #kurukeredo
枡野浩一 https://masunobooks.com/

ご意見ご感想は、枡野浩一 ii@masuno.de まで直接メールでもどうぞ。
記事の一部または全部を転載したい場合も枡野浩一に一度ご相談ください。

YouTubeチャンネル「マスノマスノ」
https://www.youtube.com/user/masunomasuno?sub_confirmation=1&app=deskto

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
▼執筆を再開すると言ったものの、足踏みしていて恐縮です。テレビやライブの「お笑い」に言及したときの私の日記も、随時このマガジンにいれてますので、更新頻度は高いです。興味ある方はぜひ。

▼https://note.com/masuno/n/n5cf43898d0d5 というわけで執筆を再開したい。長く休止していて、すみませ…

1.枡野がnote(https://note.com/masuno)でゲストごとの有料マガシンを作成、販売します。売上の50%がゲストへ分配される仕組み。 2.マガジンに関連記事も掲載。 3.当日、YouTube限定アドレスをnote記事に公開します。生中継するか事前録音するかは、ゲストによります。 ※サークル #枡野書店を利用する会 の会員は、このマガジンを購入する必要はありません。

#枡野と短歌の話 第2回ゲスト #仁尾智 @s_nio さん(歌集『猫のいる家に帰りたい』) 9/27(日)15:00〜16:30 …

1.枡野がnote(https://note.com/masuno)でゲストごとの有料マガシンを作成、販売します。売上の50%がゲストへ分配される仕組み。 2.マガジンに関連記事も掲載。 3.当日、YouTube限定アドレスをnote記事に公開します。生中継するか事前録音するかは、ゲストによります。 ※サークル #枡野書店を利用する会 の会員は、このマガジンを購入する必要はありません。

第1回ゲスト #山階基 さん(歌集『風にあたる』『風にあたる拾遺』) 9/12(土)15:00〜16:30 無観客の枡野書店から生中継 …

教科書に短歌が載っている歌人の枡野浩一が、2011年4月から2018年9月まで毎日ちゃんと配信してきた世にも珍しい有料メルマガ「毎日のように手紙は来るけれど」、noteに引っ越しました。表現についてずっと考えています。

短歌、言葉、その周辺の仕事。興味のあることだけやって二十数年生活してきた歌人の、あやまちだらけの毎日を知ることで気持ちがきっと楽になります…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

もしお役に立ちそうな記事があれば、よろしくお願いします。

深謝! 私もです。
12
『ドラえもん短歌』(小学館文庫)重版出来! 短歌小説『ショートソング』(集英社文庫)は約10万部のヒット、小手川ゆあさん作の漫画版がアジア各国で翻訳されました。電子版あり枡。南阿佐ヶ谷「枡野書店」店主。トークイベント「#枡野と短歌の話」はnoteマガジンを購入すると視聴できます。

こちらでもピックアップされています

『44歳、僕は自殺をやめて地下芸人になった』
『44歳、僕は自殺をやめて地下芸人になった』
  • 161本
  • ¥1,000

▼https://note.com/masuno/n/n5cf43898d0d5 というわけで執筆を再開したい。長く休止していて、すみません。▼小説かもしれないし自伝かもしれません。▼書き下ろしは読者の反応がなくて不安です。書いている期間の収入を得ることができません。そこでクラウドファンディング的な試みとして、noteで「連載」することにしました。▼強気の1000円。執筆中の試行錯誤を、ライブとして面白がれる方のみご購入ください。無事に本として刊行されることになったら、購入者のお名前を本にクレジットしたいです。▼中身は随時、加筆修正を繰り返します。文章が少しずつ増えたり、突然ごっそり減ったりするかも。執筆中の文章を別の場で「引用」したりするのは、ご遠慮いただけると助かります。事実誤認などのご指摘がありましたら、それを反映していきます。コメント欄へのご意見ご感想ご質問リクエスト、歓迎します。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。