見出し画像

毎日のように手紙は来るけれどあなた以外の人からである (メルマガ #kurukeredo について)

書き手として、そして商売として有料メルマガってどうなの?|ケイクスカルチャー|枡野浩一 @toiimasunomo |cakes(ケイクス) https://cakes.mu/posts/143 


※以下、メルマガのサンプルです。このサンプルは予告なく時々差し替えています(無断転載厳禁)。noteの仕様で現状こうなっていますが、実物のレイアウトはこんなに行間が広くありません。


枡野浩一です。20150909(1610)多摩美へ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

多摩美へ朝から行きます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

多摩美といえば佐野研二郎氏。

http://bylines.news.yahoo.co.jp/takayukifukatsu/20150907-00049112/

私もエンブレム自体は、

ぱくりではないと思っています。

なぜか。

動機として、

ぱくる必要がない。

そんなリスキーなことしない。

むしろ「偶然似ている先例があったら面倒」くらいの

意識でつくるに決まってるじゃないですか。

短歌の盗作についてはネットに文を色々書いてるので

検索してみてください。

「たくさんの前例を知れば知るほど、

ぱくりなんて安易に言えなくなる」

というのが、

短歌のプロとしての実感です。

どんなジャンルの人でも

プロとしてたくさんの前例を知ってる人なら、

私と似た感想を持っているはず。

「素人にわかるように説明するのがプロ」

みたいな意見も見ましたが、

まさか素人がそこまでの意識だとは、

プロの現場の人にはわからないんですよ。

いつも代理店を相手に仕事してるんだもの。

そのへんの橋渡しができる人が、

お役所側にいなかった。

もちろん、

パンの写真や眼鏡の写真を

そのまま流用してるのは問題。

その問題をみて、

私が佐野氏に勝手に感じているイメージは、

「人徳がなくて良いスタッフが居付かないか、

ものすごく忙しくて色々雑になってるか、

その両方なんだろうな」

というような感じ。

私は広告会社(代理店ではないが、

代理店的なこともしている老舗制作会社)の

コピーライターでした。

https://twitter.com/toiimasunomo/status/632993504227004416

まずね、

広告の仕事で部下が実質的なデザインをしてる場合、

トートバッグの仕事みたいなのは

「部下の腕の見せどころ」なの。

みんな、はりきって、やるの。

だって自分の描いた絵やマークが

佐野氏の名前を冠して世に出たら、

自分の立場もよくなるんだもの。

「これ、俺がイラストかいたのが採用された」

とか自慢するに決まってる。

私のいた広告会社でも、

あの手の仕事はみんな熱が入ってました。

なのに、

ネットにあるものからの流用で済ませるなんて、

部下のやる気がなさすぎる。

もしくは、

部下はオリジナルのものも混ぜて提案したのだが、

オリジナルでないものばかりを

ボス(佐野氏)または

代理店がチョイスしたのかもしれない。

とにかくね、

大量の案をプレゼンするんです、

こういうの。

で、

写真なんか自前で撮ればいいし、

それができないなら手続きを経て借りたらいいのに、

無断流用に対して意識のいいかげんな部下が多くて、

時間ない中で何案もつくれと言われていて雑になって、

佐野氏が現場の手抜きを把握してなかった、

もしくは、

甘くみてしまった、

みたいな、

まぬけさだったのだろうと想像しています。

その部下たちはおそらく、

物心ついたときからネットがある世代。

私よりちょっと年下くらいである、

佐野氏なんかには想像もつかない意識なのかも。

「他人の不正に敏感な人は自分も不正をしている」

というのは普遍的真理。

佐野氏の仕事のぱくりをすぐ探し出せた人は、

「自分だったらこういうふうにぱくる」

ということから逆算して、

元画像を探したわけでしょう?

http://kakeru.me/other/etomiho-snake/

ぱくりネット世代が安易に流用して、

ぱくりネット世代がその流用を暴く、

という悲しい風景の中で、

佐野氏はもしかしたら不正に敏感になれない仕事を

してきた人なのかもしれないとすら思う。

そして上司としての管理不行届のせいで

大舞台を台無しにした。

そういう事件だったんじゃないかと私は思います。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

マッスルを見た!【昔のmixi日記2007年09月06日12:10】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

プロレスと演劇の融合、

マッスルの試合を見ました。

下北沢の北沢タウンホール。

大坪ケムタさんが

「シベリア少女鉄道のよう」

とすすめてくれたのですが、

ほんとにシベ少でした。

プロレスを知らない私にも楽しめた。

知ってるともっと楽しいんだろうな。

男色ディーノは本当は男色じゃないのか……残念。

それにしても常にプロレスという枠組の中で

毎回シベ少をやるのはさぞ大変だろう。

このサービス精神で。

演出家に感情移入して気が遠くなった。

演出は双数姉妹の人。

そーすーしまいって、

響きがいい。

終了後、下北のカフェで、

好きなAVについて語る取材を受ける。

私は古いセルAVを買っては売り

買っては売りしている。

レンタルも借りる。

AVチャンネルに加入していた時期もある。

ゲイビデオも観ている。

とてもストライクゾーンが狭く、

つかえる作品に出会うことは稀。

有り難いことに取材ギャラをもらったので、

さっそくAVを買って帰った。

まだ観てないけど。

以前、

池袋でおすすめの店を教わりました。

アントニオ猪木の店と

うなぎの店と寿司屋。

あと行ってないのは

くし焼きの店かな。

自分の日記を検索できないのですが、

もしよろしかったら

もういちど

店を教えていただけると嬉しいです。


【以上、昔のmixi日記2007年09月06日12:10より。

マッスルについて専門誌誌で厳しめの、

門外漢からの頓珍漢な感想を言ってしまったせいか、

マッスル関係者に私は嫌われているそうです。】



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【近況】メルマガのまとめ買いは9/23〆切です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

https://note.mu/masuno/n/ndcc5be6949d5

2015年下半期のイベント出演カレンダー

https://note.mu/masuno/n/n118f9d9c797f

2015年の枡野浩一の主な仕事

https://note.mu/masuno/n/n364394006605

その他

http://twilog.org/toiimasunomo/search?word=%E8%BF%91%E6%B3%81%20%E7%B7%8A%E6%80%A5%20%E5%8B%9F%E9%9B%86&ao=o



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「毎日のように手紙は来るけれど」ほぼ日刊のメールマガジン

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

文責発行☆☆☆☆☆ 歌人 枡野浩一 https://note.mu/masuno

枡野書店☆☆☆☆☆☆☆ http://togetter.com/li/554560

感想受付☆☆☆☆☆ http://togetter.com/li/349502

まぐまぐ☆☆☆☆☆☆☆ http://www.mag2.com/magspe/interview49/

配信中止☆☆☆☆☆☆☆ http://www.mag2.com/m/0001272552.html

「メルマガが届かない」「解除の方法がわからない」等、

メルマガの購読や課金に関するお問い合わせは、まぐまぐ

reader_yuryo@mag2.com までお願いします。内容に関しての

ご意見ご感想は、枡野浩一 ii@masuno.de までメールを直接どうぞ。

記事の一部または全部を転載したい場合も枡野浩一に一度ご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

枡野浩一有料メルマガは無断転送、むしろ歓迎です。

興味を持ちそうな信頼できる友人がいたら、時々なら転送してあげてください。

でも「こっそり」転送という、うしろめたい気持ちは大切に。

転送の転送はやめてもらってください。ネットその他への無断転載は禁じます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

もしお役に立ちそうな記事があれば、よろしくお願いします。

深謝! 私もです。
2
『ドラえもん短歌』(小学館文庫)重版出来! 短歌の青春小説『ショートソング』(集英社文庫)は約10万部のヒット、小手川ゆあさん作の漫画版がアジア各国で翻訳されています。電子版あり枡。南阿佐ヶ谷「枡野書店」店主。『44歳、僕は自殺をやめて地下芸人になった』をnoteマガジンで連載。

こちらでもピックアップされています

枡野浩一の短歌や文章
枡野浩一の短歌や文章
  • 104本

新聞・雑誌などに書いた短歌や文章の一部を転載します。ほかに有料メルマガをほぼ毎日発行しています。

コメント (3)
サンプルは、時々、切り替えます。
実際のメルマガは、こんな行間あいてません。
メルマガは2017年9月、リニューアルすることに。https://twitter.com/toiimasunomo/status/909825863650181120
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。