石井雅登

石井雅登です。 最大にして最強の敵は「めんどくさい」です。 人生日々是勉強也。 バイク/釣り/珈琲/音楽/カレー

石井雅登

石井雅登です。 最大にして最強の敵は「めんどくさい」です。 人生日々是勉強也。 バイク/釣り/珈琲/音楽/カレー

    最近の記事

    「ジャック・ザ・リッパー」 私見報告書 vol.4

    作品を彩るキャラクター今作品では個性溢れるキャラクターが物語を右へ左へ斜め後ろへと誘導していきます。 ここからはキャラクターの考察を進めていきたいと思います。 アンダーソン:CID(犯罪捜査局)主任 嘗ての恋人、ポリーの同業者が殺害されるという凶悪事件に対し強い正義感を持って捜査に臨む。 警察官でありながら麻薬中毒者という弱点をモンローに標的とされる。 「この街が嫌いだ」二幕六場 記者に銃を突きつけたり、場所も考えずコカインを吸引したり、突然暴力行為に及んだりと、一見

      • 「ジャック・ザ・リッパー」私見報告書 vol.3

        第二幕「暗闇が汝を照らすだろう」 第一場[地下研究室(1888年)]不安を煽る旋律と共に第二幕はダニエルの地下研究室から始まります。 ダニエルと共に研究室に入ってきたのはアンダーソンとモンロー。 モンローは特に興味津々で室内を物色しています。 「高圧ガスを利用した冷凍装置です」 「勝手に触らないで下さい。圧力の調整を間違えばこの家まるごと吹っ飛んでしまうかもしれない。」 冷蔵庫すら大変貴重(しかも電気ではなくガス式)なこの時代に冷凍装置を保持するダニエルの経済力と研究へ

        • 「ジャック・ザ・リッパー」私見報告書 vol.2

          本編 一幕「あの頃には愛があった」プロローグ 19世紀、ロンドンのホワイトチャペル。 早々に様々な人達が現れます。 スラム街の一角ということで娼婦が目立ちます。 稲妻が鳴り響く中、黒尽くめの男の姿が現れ・・・ 続いてシーンが変わり、ロンドン市警警部アンダーソンの事務所へ。 息を切らしてアンダーソンが部屋に入ってきます。 手には拳銃が握られており呼吸は乱れ興奮状態です。 彼は落ち着く為に引き出しからコカインを取り出し吸入。 呼吸が整った彼は静かにタイプライターを打ち始めま

          • 「ジャック・ザ・リッパー」私見報告書 vol.1

            気付けば少し秋の気配を感じる様になりました。(とは言え本当に10月かと疑う暑さですが。) マスクでの生活も多少息苦しさが緩和された様な気がしますが皆様如何お過ごしでしょう。 いつの間にやら「出演記録報告」的様相を呈してきたこのnoteですが、これ迄沢山の方々に目を通して頂き、また応援して頂き有難い限りです。 出演作品が愛されていることを確認できる貴重な場となっております。 有難うございます。 さて、先日ミュージカル「ジャック・ザ・リッパー」は無事大千穐楽を迎える事が出来ま

            ミュージカル「マタ・ハリ」を終えて Vol.3

            マタ・ハリのスパイ活動とその成果 作品中のマタ・ハリは優秀なスパイとして描かれていますが、史実では諜報活動による記録はほぼ残っていないことからスパイとして優秀であったとは言えなかったようです。 具体的な活動内容もほぼ記録されていませんし戦闘能力の高いタイプではなかったことは確かかと思いますので主な活動は「伝達」や「情報収集」であったと予想されます。   能力に対してあまりに有名だったマタ・ハリ。 結局はスケープゴートとして利用されてしまったのです。   知名度と美貌故に狂わ

            ミュージカル「マタ・ハリ」を終えて Vol.2

            M17 「寺院の踊り」 二幕はマタ・ハリが公演を続けながらスパイ活動を積極的に行なっている描写から始まります。 世界中を飛び回りまるでマタ・ハリが何人もいるかの様に仕事をこなしていきます。 それはアルマンのことを忘れようとしているかの様にも。 マタ・ハリの妖艶さと時間の経過をダンスと五枚の巨大な鏡で表現しています。 私は鏡の一枚を担当していましたが恐ろしく重い上に床の模様のせいで目印がわかり難く大変苦労しました。 自分だけ全然違う場所にいたこともあり、恥ずかしい思いを何

            ミュージカル「マタ・ハリ」を終えて Vol.1

            皆さま暑中お見舞い申し上げます。 今年も暑そうですね。 マスクを着用しての外出が当たり前となっておりますが熱中症にも何卒ご注意ください。 どうかご自愛を。 もうご存知の方も多いと思いますが先日ミュージカル「マタ・ハリ」は関係者に陽性者が出てしまった為、上演予定回数を三回残し千穐楽という運びとなりました。 中止となった公演を楽しみにされていた皆様、大変申し訳ございませんでした。 お客様とキャスト・スタッフを守る為の制作側の判断をご理解頂ければ幸いです。 東京・愛知・大阪公演に

            ミュージカル「パレード」を終えて vol.2

            スレイトン知事衝撃の一幕から二十分の休憩を経て、二幕は逮捕から一年後、スレイトン夫妻のやり取りから始まります。 レオ・フランク事件は北部出身のユダヤ人に南部の裁判で死刑が言い渡されたことで全米を巻き込む大きな事件に発展していました。弁護団からは減刑・再審を求める嘆願書とその支持者からの多く署名が届く一方、それ以上の反対派からの署名が届いていました。 「世界中が我々の問題に首を突っ込みたがってるみたいだ」 北部と南部の代理戦争の程を成す世の中に対し冷静なスレイトン知事の今

            ミュージカル「パレード」を終えて vol.1

            皆さんこんにちは。 2021年初投稿です。 すっかり「見る専門」になっておりました。いかんいかん。 さて、先日ミュージカル「パレード」が富山にて大千穐楽を迎えました。 ご来場くださった皆様、支えて下さった皆様。誠に有難うございました。 如何でしたでしょうか。 お楽しみ頂けていたら幸いです。 ここでは話題作(問題作?)となったと噂のパレードについて出演者目線での考察を交えて綴れたらと思います。 レオ・フランク事件についてパレードをご観劇、またご興味が湧いた皆様で検索された方

            はじめに

            ご挨拶を。 皆さんこんにちは。 石井雅登です。 初noteです。 使い方はわかっていません。 noteを始めること自体、問題だらけです。 何故なら 私は機械オンチ。2011年に購入したmacbookを未だに使っています。(それすら使いこなせているのか甚だ疑問) OSのアップデート対象外となった為いずれ使えなくなるにも拘らずまだ新しいPCを手に入れていません。 なぜなら… 私は業界でも上位に入る めんどくさがり。なのにnoteに手を出しました。 マズい。 絶対にマズい。