54 2ndチャレンジ(シンガポール)②
見出し画像

54 2ndチャレンジ(シンガポール)②

おはよう御座います^ ^
今日は珍しく、朝マックなるものを食べにきております。
noteを書こうと思っていても、なかなか進まなかったりするので、環境変えてみるのもいいですね!

さてさて、2ndシンガポールチャレンジ②
でございます。
入国審査ですんなり入国でき、胸を撫で下ろした所で終わってましたね。

前回同様、まずはSIMカードを購入し、空港外でタバコを1本吸い、タクシーを待つ。
2回目ともなると手慣れたものです。
英語やリズムにビビり顔面蒼白になっていたのが信じられません。
人間は環境に順応しやすいんですよね。

そんな事はさておき、タクシーに乗り小一時間走った先に、事前に借りていたアパートに着きました。

前回は割とシンガポールの中心部に近かったんですが、今回は外れのちょい田舎町って感じです。

田舎出身の僕としては気持ちが落ちつきます。
たしか光熱費やら込み込みで1ヶ月、11万円くらいだったかな?
シンガポールは家賃高いので東京と変わりません。
それでもアパート1室貸し切りなので、シェアハウスのような、風呂トイレ共用のようなストレスは無い。

今回は自分のリズムを大切に!!

なので、もってこいです。

まずは荷解きからの荷物整理。
エアコン、Wi-Fi接続も確認し、準備オッケー。
これから2ヶ月この地でよろしくお願いします!の意を込めて、アパート周辺を散策。

最寄り駅まで徒歩何分かかるか、近くのフードコートやスーパー、トレーニングジム、100均なるものを隈無く探す。

これがまた楽しいし、仕事を獲りにきていると言えど、これぞ旅の醍醐味!!
チェックを終えたらローカルフードの味見を!
食は大切ですからね。

30歳の時のミラノコレクションチャレンジの時は、ケバブ、ピザ、サラダしか食べていなかったんですが、まだ若かったから気になりませんでしたが、35歳ともなると、食が合わないだけでモチベーションが下がる可能性だってある。
そう、ある意味わがままになるのです笑

しかし悪い事だとは思いません。
ベストを尽くす為には、衣食住は大切ですからね^ ^

シンガポールの田舎なので、小洒落たフードコートは無く、ローカル感漂う屋台。
まずワンプレートに、ライスを盛られます。
そこに、野菜、魚、肉料理が10数種類あるので、これとこれとこれと〜、、ってな感じで盛ってもらうスタイル。

写真がありました。
こんな感じ。思ったより美味しそうでしょ?
これで400円くらいでしたかね。
これ、かなり大盛りです。
味もしっかり目でしたが、暑さと雰囲気もあってか美味いんです。
この日からこちらのお店はリピート決定でした!
かなり頻繁に行くものだから、お店のおばちゃんも、行くたびにニッコリ笑ってくれ、勝手にライス大盛りにしてくれます笑

僕は英語はほぼ喋れませんし、おばちゃんもシンガポールの言葉しか喋れない。
でもそこは人類皆兄弟。
心は通じるものです。

改めて環境は造るもの!!

前向きに行動し、その環境に飛び込む勇気があれば少しずつ景色は変わる。
僕はそれを身をもって体感しているので間違いないです。

さあ、シンガポール初日だけでも思い出が詰まってます^ ^
翌日は事務所に挨拶に行って、いよいよ始動です!!

シンガポールの都会、サマセットでの1枚を。
サービスショットです笑
この時35歳、、まだまだ心は中2です^ ^

ではまた!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます🙏
福岡出身。 25歳で単身東京に行き、モデルをスタート。 鳴かず飛ばずの20代を過ごし、30代で軌道に 乗り、企業広告、CM、雑誌等で活動中。 2018年からアジアマーケットを開拓しに、シンガポール、ジャカルタ 、バンコクでも活動。 モデルで培った、ビジネススキルを共有します。