見出し画像

会社でのYouTube 広報活動

YouTube 広報活動 スタート

今現在、広報活動の一環として

YouTubeにチャレンジしています。

正直。。難しい。。笑笑

初めは実際に事業としてやっている
セミナーの一部を切り取ったような
内容を投稿していっていました。

いきなり壁にぶち当たる

初めは、YouTube初心者にしては嬉しい
3桁の視聴率を稼いでいたのですが、
それも2本目まで、、

何がダメなのか、

内容?それとも画角?編集の仕方?

様々な疑問が湧き上がりました。

分析アプリを入れてみたり
サムネイル画像を変えてみたり、
試していってもどれも違う、、

一体何がダメなんだ、、

ひょんな事からの気づき

ある時一つの事に気がつきました。

「僕らがやっていたのは、需要のある人しかみない動画だったんだ!!」と

動画はどれしもそうだろうと思われる人も
いると思いますが、
僕たちがアップしていたのは本当に
みている人の枠が小さい物でした。

そこで、全然違う事をやろう!!

その決心で、『面接官を怒らせる方法』
『大食い』『激辛』といった

やり尽くされているであろう企画を
アップし出しました。

見ている人が変わるでも目的は変わらない

YouTubeはそもそも皆さんどのような時に見ます?

勉強として見る!!って人もいれば
息抜き、暇つぶしに見る。って人もいると思います。

初心者チャンネルでも、需要があるのは
恐らく後者ですよね?笑

そこに気づかずやり続けていたので、
視聴者に飽きられる。そんな事態に陥っていました。

でも、目的は変わっていません。

僕たちは会社のブランディングとして、
YouTubeを、始めたので、
まずはネクストモーションという名前を売ろう
セミナー動画はそれからだ!
という結論に至りました。(実際何本か消しました。笑)

視聴回数の回復

動画の方向性をガラッと変えたおかげで
視聴回数は3桁に戻りました。

とりあえずの、疑問は解決です。
「飽きられていた!」以上!って感じです。笑

YouTuberと言われるようになる

動画の方向性を変えた事で、
友人からは、「YouTuberになるん?」
「え、YouTuberやん!」と言われるようになりました。

しめしめ、、といった感じです。

自分の名前、会社の名前どちらも、売れる
素晴らしいツールだと感じています。

それと、今現在の働いている人の世代で
YouTuberは聴き慣れない言葉では
なくなっているという事もわかりました。

という事は、面白い会社!珍しい事をしている会社!
人間関係の良い職場!

と対外的にアピールする事も可能になります。

本腰を入れてYouTubeを、やる企業って
現状少ないですが、これからYouTubeやFacebook Live、インスタLive、インスタのリール動画など、

無料で出来る素晴らしいこれらの方法を
活用する企業は増えていく事でしょう。

僕たちは一歩先に抜きん出るスタートは
切っています。
皆さんはどうしますか??

https://www.youtube.com/channel/UCa-gt727_LmzDIl-kiBWqpg

チャンネル登録も是非是非お願い致します!!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2
初めまして。橋口 将来です。自分のストーリーを気ままに書いています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。