相手の立場になって考える

相手の立場になって考えろ!
なんて怒られ方をした事はありませんか?

私は何度かあります。
皆さんもきっとあると思います。
人付き合いで大事な事ですもんね?

暴言をはいたり、人を殴ったり、人を傷つけてしまったり、様々な事象があって、
こういうわかりやすい事象に関しては
昔怒られた経験があって気を付けていくものです。

でも意外と見落としがちなコミュニケーションの場では相手の立場になれていない事が遥かに多く、
むしろ、気付いてもいない人の方が多いと思います。

相手が逃げて行ってしまうような言葉や、
逆に好感をもってもらえるような、接し方が実は
あります。

けれど、相手の気持ちになれずに、
自分本意で話をすすめていくと、
うまくいくとき、うまくいかないときが
出てきてしまう訳です。

ではどうするの?

相手の個性がわかれば、
必然的に相手の気持ちも見えて来ます。
気持ちが見えてこなくても、
割り切れる点が多くなります。

【相手の気持ちになって考えろ】を
極めていきませんか?

そんな面白いセミナーを展開中です
是非是非お問い合わせください😊

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
初めまして。橋口 将来です。自分のストーリーを気ままに書いています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。