はじめまして。はじめました。

新年明けましておめでとうございます!はじめましての方は、はじめまして。そうでない方は、ごきげんよう。PARTY NEW YORKという会社をまわしている川村と申します。

誰にお願いされた訳でもなく、新年のテーマとしてもっと文章を書いていこうと思い、noteをはじめて見ることにしました。言葉への苦手意識を克服するため(言葉って大理石に記号を刻み込むような、余地も後戻りもできないような感じがして苦手なのです)、普段の思考の整理をするため、そして僕が何をどう考えて企画をしていたり会社を経営していたりするのか良く質問されるのでその端緒に触れていただくため、拙くもそれなりに読んで面白く何かの足しなるような文章を認めていけたらと思っています(ただし無茶苦茶マイペースな更新になる予感はプンプンします)。ちなみに周辺のイケてるみんなの読書バトン的な輪からは土星の環とポンデリング程度には離れてしまっているようで、そのような流れに与するでもなく、さりげなく今年の所信表明的な内容でスタートさせていただきます。

昨年一年は僕とPARTY NYにとっては、体幹を鍛えるような一年でした。一見派手でへんちくりんなものばかり作っていると思われる我々ですが、クリエイティブとビジネスの境界線で意外とまじめに、いかにクリエイティブを使って社会に新しい価値を生み出せるかというプロセスやビジネスモデルの実験を世界中で繰り返しています。4年目に入り、語弊がありますが、面白いものを軽やかに作れることは判ったのでそれを第一義にするのではなく、会社として成長するためにこれまで以上に大きめなプロジェクトを新しい方々とドッシリ腰を据えて取り組むといったことに挑戦した年でした。結果Chipotleというアメリカの巨大ブランドと一緒にRZAという憧れのアーティストと仕事ができたり、同じく憧れのスタジオジブリと共同で服のブランドの立ち上げに関われたり(まさかジブリ公認でトトロのコマ撮りをさせていただける日がくるとわ…)、寄付すると拍手してくれるロボット壁を台湾の711に設置したり、中国のとある都市全体のブランディングに携われたり、Slackという日頃大活用しているツールの日本ローンチキャンペーンを任せてもらえたり… 他にもたくさん書き出したら止まらないくらい、いろんな貴重な体験をすることができました。これら重めの、クリエイティブとビジネスをバランスボールの上でバランスとるようなプロジェクトを通して、これまで使ってこなかった会社の「体幹」が鍛えられた気がするのです。いっぱい失敗もしたし、いっぱい改善点もみえたし、いっぱいダメージもくらったけど、休みの間に超回復が起きているような実感があります。

ただ、やっぱり体幹トレーニングだけ続けててもつまらないんですよねw 強くなるし成長はするけれど、それはあくまで筋トレであって、実際に僕ら選手に期待されている役割ではないというか、力をフルで発揮する舞台ともまた違うのではないかなと。僕らのようなチームがやるべきなのは、ともかく打席に立って、誰も見たことないような魔球に向けて思っ切しクリエイティビティというバットを振って、特大ホームランかまして世界をあっと驚かせたり楽しませたりすること。少し我慢してトレーニングしすぎたせいで(おかげで)、ふとそんな初心に帰ってくることができました。なので2018年は変にせこせこ筋トレするのではなく、のびのび振ったバットで間違って会社という花瓶を叩き割ってしまうくらいな気持ちで、全力かつ貪欲に打席にたっていこうと思っております。楽しく振り切る2018にしていきたいので、みなさまどうぞよろしくお願い致します。

追記:最後は年初の営業トークになってしまいますが、こんな僕およびPARTY NYにご興味を持っていただけましたら、お仕事や講演のご依頼などなどお待ちしております。あまり知られていないっぽいのですが、クライアント企業直接じゃない代理店・プロダクションからの依頼もお受けしています。また日本国内・国外問わず対応もできますので、お気軽にコメントかmasa@prty.jp までご連絡ください。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

35
Whatever CCO。前PARTY Co-Founder。数々のグローバルキャンペーンや、テレビ番組開発、ミュージックビデオ演出など活動は多岐に渡る。Creativity「世界のクリエイター50人」やFast Company「ビジネス界で最もクリエイティブな100人」に選出。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。