こわいと思うことは悪いことじゃない

なかざわまり

こんばんは!
フリーランスでママ美容師をしています。

怖いって思うことって
ダメなことってずっと思ってたけど、

そんなことなかったんですね!

子供ができてからは
もっぱらテレビの2ちゃんねるを見る毎日。


この間も
次男三男を送迎して帰宅後、
つけっぱなしだったテレビから

すごい学びがありました。

それはアルピニストの野口健さんの言葉。

ある番組の企画で、

寄せてくれた質問に著名な方が答えるという
企画で。

その時の質問が


「怖さに打ち勝つにはどうしたらいい?」

でした。

その時の野口さんの答えはこうでした。



2度目のエベレスト挑戦の時、
あと頂上まで400メートルというところで
天候が悪化した。

僕は死ぬぐらいなら逃げた方がいいと
頂上を背を向けて下山をした。
一緒にいた仲間は山頂へ。

その時、
怖さに負けてしまったのかと
自らを責めた。

でも僕は生きて帰ることができたんだ。

その時思った。生きていく上で
こわがることはとても大切なこと。


悪いことじゃない。

3度目の挑戦で僕は頂上に登頂した。

怖くても
最後によければそれでい良い。

これ聞いた時に、
今自分ので年齢で考えていることを
今はこどもたちが向き合ってるんだ!

ってびっくりしちゃいました!

時代とともに当たり前が変わっていくんだなぁ
って感じました。

わたしがこどもの頃や修行時代は

精神力と体力で乗り切れ!みたいな
ノリがあったし、

こわいのは自分の弱さだ!
みたいなことも言われたっけ。

それに、

つべこべ言わずに
先輩のいうことは絶対!

みたいな文化が学生時代もあったなぁ。笑
(今は良き思い出ですw)

いろんな経験してると

その怖さから逃げたくなりますよね。
こうなったらこうなるって想像ついて。

でも悪いことじゃなくて、

その人のタイミングってあって、

それを見極めるのが難しいから
選択するチカラって習ったことがないから

わからなかったりするだけなんですよね。

選び取るチカラ

これからはそれが大切な時代なんですね。

いろんな方法で、
タイミングで挑戦することを
あきらめなければ夢は叶うって、

野口さんから学びました。

こどもたちみてると、

こどもって本当に能力以上のことをやりたがる。
そこにこわいって感情がないんですよ。

ただただやりたいたいだけ。

たまにうらやましいですね!笑

髪で誰かの毎日にささやかなポジティブを。

なかざわまり

リンクはこちら

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
なかざわまり
美容師歴21年。 「未来のヘアスタイルは日々のケアが大切」だと感じ、髪質やくせ毛を生かすカットでリピート率80%以上。毛髪構造アドバイザー。年齢に左右されず、好きなスタイル楽しめると県外からの顧客も多い。ただいま自分のサロンオープン準備中。男の子3人のママ。