フレームって何? 〜「ぷよぷよプログラミング」でお勉強〜 番外編

game.jsを見てきましたが
「frame フレーム」がたくさん出てきましたね。

一体なんでしょう?

パラパラ漫画を思い浮かべてください。
ノートの端っこに少しずつ変化のある絵を書き、
ノートをパラパラすると、動く、アレです。

アニメーションの原型みたいなものです。

ゲームの場合も同じです。

一枚の絵、コマ、を表すのが「フレーム」です。

今回の「ぷよぷよプログラミング」は
1秒間に60フレーム描画します。

60フレーム/秒
60FPS
と表します。
(これをフレームレートと言います)
1フレーム描画するのに約0.016秒

ちなみにアニメーションは1秒間に24フレームくらいだそうです。


config.jsの中にある
Config.playerMoveFrame = 10; // 左右移動に消費するフレーム数
Config.playerRotateFrame = 10; // 回転に消費するフレーム数

この数値を変えて、プレビューでぷよを動かしてみてください。
移動や回転スピードが変わります。


※初動画チャレンジです。
「フレーム」のイメージ動画です。
(かえってわかりづらいかもしれません)
音、ありませんっ!音楽、ありませんっ!
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
(ボソっ)う、うれしい
5
千葉県在住、2児の母、プログラミング開発20年以上。 IT苦手!忙しくて手が回らない!という女性起業家さん向けLINE公式構築運用サポートしています。 →Clubhouse寄席公式LINE(構築運用)https://lin.ee/03bAnjA