いまやっている競技試合に対するプレッシャー対策​(3200文字程度の文章です)



20数年競技射撃をやってきて未だ試合で緊張しながら奮闘している私が
こんなことを書くのは恐縮です。
試行錯誤し、完全な答えが見いだせないままです。
現時点で私が有効と思っている方法をまとめていきたいと思います。

その中でも、私が一番プレッシャーを感じている
ジャパンスティールチャレンジについてのことを書いていきます。
なぜか実銃の世界大会よりも緊張する試合です。

プレッシャー対策は
大きく分けて、試合前の準備と試合中の対策があります。
まず、試合前の準備。
練習について。
目標を持って練習します。
まず、高望みをしないことが大事だと思います。
あまりに高い目標は、より高いプレッシャーを生みます。
現実離れした目標は、止めます。
目標とはどのくらいに設定すべきでしょうか。

この続きをみるには

この続き: 3,093文字

いまやっている競技試合に対するプレッシャー対策​(3200文字程度の文章です)

Tatsuya Sakai

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
3
競技射撃好きなひとです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。