見出し画像

対局前の会話

 初対面の人との対局で駒を並べている時、どのような会話をしますか?

 私の場合、こんな感じです。
わたし「どれくらいで指されるんですか?」
あいて「ぜんぜんです。」
わたし「わたしもです。。。」

 「もう少し気の利いた会話はないものか?」と考えていたのですが、こんなのはどうでしょう?
「感想戦で棋譜を思い出せますか?」

 もし、「はい。」と言われたら間違いなく有段者の方です。「お強いんですねー。教えてください!」とお願いしましょう。
 もし、「ひとりでは無理ですが、相手がいればなんとか思い出せるかも。」と言われたら級位者の方です。「では、棋譜を思い出しながら感想戦をしましょう!」とお願いしましょう。
 もし、「絶対無理です!」と言われたら初級者の方です。「わからなかったら言ってください。話しながら指しましょう。」と答えましょう。

 「楽しい感想戦をするために将棋を指す」ことを目的にした方が、勝ち負けにこだわってしまうよりも、趣味としての将棋を楽しめると思います。級位者の方なら初手から感想戦をしてみましょう。もし感想戦が盛り上がったら、相手の方はあなたに合った「将棋の友達」間違いなしです!

ついしん
今週の金曜日、「飲み将」として参加する予定です。
将棋の森 ファンナイト
ご都合の良い方、楽しい感想戦をしましょう!




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます! 一緒に将棋を楽しみましょう!
1
将棋が趣味です。 「友達を増やす手」を指して将棋仲間を増やしたいと思っています。 特に大人になってから将棋を始めた級位者さんとたくさん指したいです。