東京の「おいしい」の昔から

吉田健一の流儀   muse-A-muse 2nd http://muse-a-muse.seesaa.net/article/415497312.html


エントリでは触れなかったけどこの冊子で、あるいはほかのところでの吉田健一への言及で気になるものに「おいしいお店の紹介者」みたいなのがあって、そういうのは吉田健一を辿って行く時の楽しみの一つかと思っている。


文士の愛した伝統の西洋料理【南蛮銀圓亭】小川軒~胡椒亭の日本の洋食の伝統を受け継ぐ吉田登料理長!|銀座由美ママの心意気 http://ameblo.jp/ginzayumimama/entry-11391578688.html


いまだとこんなかんじで単に文士にも愛された格式ある店みたいな紹介とか認識でけっこうお高いお店なのだろうけど、小川軒というのはもともと敗戦のあとに闇市的な環境でろくに食べるものがなかったところで唯一とも言っていいぐらいの洋食屋で、なのでそこにちょっと文化や教養がある人たちが集まってきた。その頃はまだ洋食はそんなに世間に馴染みがなかったけれど、ヨーロッパ帰りの吉田健一なんかが店主にそれとなく本場の洋食を語り、次に来た時にはソレが用意されるようになって店と客が伴にたのしみ成長していった。


「文士に愛された店・愛される店」というのはそういうことなのかなと想うんだけど、現在だともうだいたいの料理は東京だと揃うようになっていて却ってその多さゆえに目移りしてしまう。たまに都心に出てもそんな感じだし、都心に出なくても自分の生活圏のまわりでけっこう満足したり。


そういう「なにを選んでいいのかわからない」という状況でぐるなびほかのグルメポータルが情報共有の場としてある程度の指針にはなっていくのだろうけど、それはそれでなんかまあクックパッド―とかグーグル―ってかんじだ。


そういうのでもなく、もっとクラシカルに定番なものを見て行きたいなと思って。特に何もなかった時代の、あるいはある程度豊かになっていった時代を共に歩んでいったような。ただ食べるだけじゃなくて歴史があるようなの。


小川亭→胡椒亭→銀圓亭というのはそういうもののひとつかとおもうけど、銀圓亭はお高いな。。(昼のランチでも4000円ぐらいするし)。

それだったら神保町のらんちょんでビーフパイからでいいかなと想う。


あるいは新宿どん底で飲放題コースとか。



まあそういうのも料理そのものっていうか吉田健一や小林秀雄、池波正太郎、寺山修司なんかの文人たちが通った店の雰囲気をあじわって「(ヽ´ω`)ハ東京・・」てする遊びのようなものだから肝心のテキストに浸るほうが先だろうけど。


とりあえず、吉田健一のこの方面では「舌鼓ところどころ」がメルクマールになってるようなのでそこから始めよう。



明日はギャラリー巡りで銀座に行くので銀圓亭でもとおもったけどお高いのでやめ。カキフライ食べ放題なとこ、もしくは、以前いった洋食屋にでもいこう。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
αでもβでもなくΚブロガー「正直に本心を吐露すること自体は悪くない。だがそれをしてよいかよくないか、してよい相手かそうでないか、の違いは厳として存在する」
コメント (9)
新宿は駅自体が迷路ですから特に迷路になりそうなのですが、着いてすぐ、新宿アルタ側の出口(JR東口)のルミネの地下にあるのがベルクなのでわりとわかりやすいです。慣れると疲れたとき、特に暑い日には絶好の給油場所になります(酒飲みにとって)。どん底もベルクもいつかご一緒したいですね。
 「こわいものはなくてもかなしいものはある」でお酒飲めそう< 小池さんは特に言葉の感受性強そうですからこの言葉でぐるぐるしつつお酒を飲んでるうちにそれ自体が詩的体験になるのかなとか妄想します(笑(吉田健一にとって酔うというのはそんな感じだったようです
なるほど。ではパクチーとかタイ料理とかお好きかもしれないですね。お酒にも合うし。
 キートンのあたらしいシリーズは気になってるのですが未だチェックしてません。自分も棚の容量から所蔵してないのですが、愛蔵版的には9巻ぐらいだったような(それでも厚みがあるし多いのだけど)。小池さん同様愛蔵版としては最後だけ買って満足してます(ほかにコンビニ版でキートンの恩師ユーリ先生の戦争中でも講義をやめなかったエピソードとか)。ジョジョほかすべからくそんな感じなので、気になった長編作家は短編集が出てたらそれを購入して満足してます。短編だと作家の方向性が凝縮されてるように思うので。あとはメジャーなものはレンタルできるようになり、書棚のアウトソース的な感覚もありますし。
 キートンはイギリス人のお母さんと日本人学者のお父さんのハーフで幼少期はイギリスで過ごしてたような。お母さんがイギリスを懐かしんでイギリス料理を作ることが多かったというのもあります。しばらく日本で過ごしてからマスターをとるためにオックスブリッジのどちらかに留学はしてます。
鳩か! < 笑。ええ、ええ。ではそのときの忙しさとか気分や天候とかにも依るでしょうし、そのへんはてけとーにお誘いしてみます。
 自分も吉田健一ほど飲んだことはないのですが、「酒宴」という小説で灘の酒元と意気投合して飲み屋から灘まではしごして、そこで酒豪たちと飲み明かすという話があるのですが、飲んでるうちに周りの人が酒樽に見えてきて、酒樽が酒を飲み干している、自分もその中でゆらゆら揺れてる(酒を飲んでるという意識はない、たんに泳いでるようだ)、というのがあって、「そこで描かれていることはでたらめなのだけれど酒を飲んでいる個人のじっさいの認知ということではこれほど精確なものがあろうか」と書かれていあったのをみて落語のあたま山みたいだとおもいました(飲んでるうちに自分の頭のなかにどんどん入っていくメタなかんじとぐるぐる感が)。
なるほど。偏食というかアレルギーみたいなのがあるのですかね?だとするとタイ料理は刺激が強いものも多いのでびみょーかも(にんにくが基本味としてありますし)。頭山のイメージはまさに山浦浩二さんのそれですね。あるいは酒宴はこちらのエントリの最後にもあった李白の花間一壺酒的な我も彼もわからないようなぼんやりとした状態に思います http://muse-a-muse.seesaa.net/article/409837761.html ええ、ええ。では季節がよくなって出かけやすくなったときにでもあらためてお誘いかけさせてもらいます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。