ライフステージ

現在、日本人は一生に平均で7.5回住み替えている。その都度住宅に関する投資をするか、高額な家賃を工面して支払っている現状です。私は10年に1回住み替えるとして、80歳で8000万円の財産を残すことをご提案します。

1.20代、頭金を貯める。

2.新婚マンションライフ30代で会社に近い、自転車で行ける距離に住み、仕事に熱中する。購入したマンションは1000万円値上がりすることを計画に入れる。

3.40代、子供のために自然環境、医療環境が整った郊外に住むことをお勧めします。ここでも街づくり住民協定を考えて、1000万円値上がりすることを考えてください。

4.ゲストルーム付き住宅。客間にお客さまを呼べる住宅です。子供さんは高校、大学生となり、友達も増やせる大事な時となります。ご主人の仕事も順調で友人が増えていくことと思います。友人は長い人生で宝物になるのは間違いないでしょう。

5.別荘ライフ。別荘は日本人のライフスタイルに合わない事が多いので、会員制のプランなどにお入りになることをお勧め致します。ここでは財産形成にはなりません。

6.60代は定年を迎える訳ですが、ご主人、奥様の趣味を生かすのはいかがでしょうか。あるいは1階を店舗付き住宅として家主になることをお勧め致します。

7.仕事も体力的に疲れるので、お孫さんと楽しく暮らす3世帯住宅になるかと思います。収入付き住宅として1000万円程度の財産形成を目指します。

8.ケア付き住宅。持っている資産を売却し、お住まいになることかと思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
MISAWA・international株式会社 代表取締役。HABITA200年住宅。