文化の日

街づくり、現地調査。日本列島の水害が近年多くなり、安全な場所に住まなければいけないという認識が高まっていることから、日本人の大移動が長期的に必ず起こるはずです。例えば、南海トラフで東京の晴海、浦安、などは問題の土地、と言われています。東京都の中央区、千代田区も含め、広範囲に水没する心配があり、東京駅周辺のビジネス街が殆どが水没するのではないかという恐ろしい話が近年報道されています。にも関わらず、大きな移動が起こらないのは不思議な事です。

私は残った時間の中で、大規模な開発を検討を始めている。計画的にニュータウンをつくるとすれば、100万坪で1000戸程度の街になります。街になれば、生活利便施設、教育施設、医療施設、公共施設等、リクリエーション施設を含めた本格的な検討となる。東京周辺に100万坪の可能性のある土地が交通機関を増やす事で解決する数か所の場所が存在します。文化の日でおめでたい日だったので現地に来ている。なかなか良かった。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
MISAWA・international株式会社 代表取締役。HABITA200年住宅。