見出し画像

【レビュー】GRADO GW100 世界初のセミオープンBluetoothヘッドホン


世界初のセミオープンヘッドホンがグラドから発売された。まったく意味が分からないが、聞いてみることにした。


【GRADO GW100スペック】

■モデルナンバー GRADO GW100 Bluetooth
■ドライバー 1DD/40mmセミオープンドライバ
■感度98.8db
■インピーダンス32Ω
■周波数特性 20Hz ~ 20000Hz
■質量 180グラム

軽い。とにかく軽い。しかも有線無線両対応である。

コーデックはSBC、apt-X、AAC対応である。主要なコーデックは網羅していると云えるだろう。デコーダチップはどのメーカーのものか分からないが、世界的にみてもデコーダチップを扱えるメーカは幾つかしかブランドはないので有名どころの何かを採用しているのであろう。

附属の3.5㎜有線ケーブルはとにかく短い。使い物にはならないと思う。

iPhoneで試聴するとBluetoothでちょくちょく音切れが発生する事があったのは注意しておきたい。

40㎜ドライバなのでおそらく旧ドライバ品だろう。音質的にも旧ドライバ系統の音質であると思う。

この続きをみるには

この続き: 2,481文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
ヘッドホンやイヤホンなど、Bluetoothも最近増やしています。国産や海外などのオーディオ機器はこちらでレビューしています。辛口の本音レビュー。無料版では物足りない方、巷のオーディオレビューでは満足できない方はこちらへ。

最新のV10バージョンとなります。 中華イヤホン&ヘッドホンとDAPレビュー辛口のオススメの「海外&国産イヤホン版」。 まずは無料版からス…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
7
【まとめ】中華イヤホン&ヘッドホンとDAPレビュー辛口のオススメの管理人であるluna-lunaです。こちらは有料スピンアウトブログととなっています。他には「ぶろぐなんかめんどくせえよ」とBluetooth系のブログを運営しています。無断転載厳禁です。

こちらでもピックアップされています

【V10】中華イヤホン&ヘッドホンDAPレビュー辛口
【V10】中華イヤホン&ヘッドホンDAPレビュー辛口
  • 15本
  • ¥900

最新のV10バージョンとなります。 中華イヤホン&ヘッドホンとDAPレビュー辛口のオススメの「海外&国産イヤホン版」。 まずは無料版からスタートして下さい。 https://catwalk1101earphone.hatenadiary.jp/ 次回発行予定は10月を予定しています。

コメント (2)
ダメでしたか。発売当初から気にはなっていたんですが、GRADOとBluetoothとの組み合わせは使いどころのイメージがわかず結局、視聴もしていませんでした。
有線、無線もダメということがわかったのでとても参考になりした。
ちなみにイヤホンのiGeも所有していますが、こちらもダメですね・・・
ダメなイヤホンって自然と出番が無くなっていき、使わなくなります。
ろっきーさん、どもです。
いつもお世話になっています。
Ige・・・グラドのイヤホン・・・怖くて買えないですよ・・・
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。