見出し画像

【レビュー】ゼンハイザーHD598/599

ゼンハイザーの599です。ロングセラーモデルのひとつですが、その実力とチューニングを解体していきたいと思います。


【HD598/599スペック】

■モデルナンバー HD598/599オーバーイヤーヘッドホン
■ドライバー 1DD/その他不明
■感度106db
■インピーダンス50Ω
■周波数特性 12Hz ~ 38500Hz
■質量 256グラム[実測値]

HD650よりも側圧が軽めになっていて、650との比較で装着感はこちらの599の方が上です。

イヤホンよりも装着が長くなりがちなヘッドホンでは重さも極めて重要。HD650が実測で271グラムなので僅かに軽くなっています。

全体的に装着感という点で云えばHD650を僅かながら上回るでしょう。

巷では前モデルの598と599が「同じ音」と評価されているようなので、こちらでも「同じ音」として扱います。手元に598があれば詳細な比較ができるのですが・・・。たいした違いは無い、というのが世間の定評のようなので外見もそっくりでその点では「同じ音」として扱っても特に大きな問題は生じないと判断しました。

こちらの599は「ゲーミングヘッドホン」としての評価も高いようなので、レビュー本文では「ゲーミング」としての性能も簡易的に評価しようと思います。ちなみにゲーミングですので、音の定位を中心に判定します。

この続きをみるには

この続き: 3,112文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
ノートで購入するよりもマガジンで買う方を優先していますので、出来ればマガジンで買ってくださいませ。

最新のV6バージョンとなります。 中華イヤホン&ヘッドホンとDAPレビュー辛口のオススメの「海外&国産イヤホン版」。 まずは無料版からスタ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
22
【まとめ】中華イヤホン&ヘッドホンとDAPレビュー辛口のオススメの管理人であるluna-lunaです。こちらは有料スピンアウトブログととなっています。他には「ぶろぐなんかめんどくせえよ」とBluetooth系のブログを運営しています。無断転載厳禁です。

こちらでもピックアップされています

【V6】中華イヤホン&ヘッドホンDAPレビュー辛口Ver6
【V6】中華イヤホン&ヘッドホンDAPレビュー辛口Ver6
  • 20本
  • ¥1,000

最新のV6バージョンとなります。 中華イヤホン&ヘッドホンとDAPレビュー辛口のオススメの「海外&国産イヤホン版」。 まずは無料版からスタートして下さい。 https://catwalk1101earphone.hatenadiary.jp/ 次回発行予定は2月を予定しています。

コメント (14)
ありがとうございます。
やはりアナログアンプを買うべきですか。
ちょっと調べてみましたが、結構値段がしますし、ヘッドホンよりアンプのほうが値段が高いみたいな事になってしまいそうです。
イヤホンも普段使っていますが、イヤホンにはデジタルがいいとのことなので、余計にアナログアンプを買いづらいです。
なので、当分はアンプなしで使うことになりそうです笑
もし、hd598にアナログアンプを合わせるなら、いくら位のものがよいでしょうか?
あの、無理する必要はありません。今の音で満足しているのならこのまましばらくいきましょう。
もし買うのなら中華1502を推奨しておきます。
ただし、前段のプリ管のみ新品の12ax7にしましょう。これが最安値でしょう。
ですので最低限3万程度はかかると見ておいてくださいませ。ヘッドホンの世界に深く来るつもりがないのなら、今のままで聴きましょう。イヤホンは特殊なもの以外まるで聴けない音がするので。
そうですね。直挿しで完全に満足度まではいかないですが、初心者のうちはこのままにしておこうと思います。
ヘッドホンにもっとハマったり、金銭的な余裕ができたときに買ってみようと思います。
ありがとうございます。
はい、イヤホンの比重が高ければまずはリファレンスクラスのdapを買った方がいいですよ。
それでこちらも本領は発揮できなくても、かなり鳴らし込めます。
なので、もっと経験を積んでからでも遅くありません。ゆっくり行きましょうね。先は長いですから。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。