見出し画像

【超入門編】アナログ時計の読み方練習プリント2160枚!

子ども分野の言語聴覚士「くろねこ」です。

アナログ時計が読めるようになるための、「時計の読み方練習のプリント」を紹介します。

今回紹介するのは、4段階中もっとも簡単な「超入門編」です。

時計練習プリントの難易度

これから「時計の読み方」を練習するお子さん向けのプリントです。

  1. わかりやすい数字付き文字盤で、短針と長針が指す時刻がわかる

  2. 子ども分野の言語聴覚士が作成した、当ブログオリジナルのプリン

  3. さまざまなバリエーションでプリント枚数:2160枚!

うまく印刷されるか試すために、サンプルのデータも貼っておきます。

内容は以下の6つです。

①〇時〇分が1分ずつ順番のプリント(180枚)

1時00分から12時59分まで、1分ずつ順番に表示されたプリント。

1枚に4つの時計が描かれています。

全部で720問(プリント180枚)あります。

時計の読み方を段階的に学習したいお子さんに最適です。


②〇時〇分がランダムになっているプリント(180枚)

1時00分から12時59分までの時間がランダムに表示されたプリント。

1枚に4つの時計が描かれています。

全部で720問(プリント180枚)あります。

時計の読み方を瞬時に判断する力を養いたいお子さんに最適です。


③1枚に1つの文字盤のプリント(720枚)

1時00分から12時59分まで、720パターンの時刻を1枚に1つずつ描かれたプリントです。

720問(720枚)あります。

見やすい大きな文字盤で取り組みたいお子さん向けです。


白黒:〇時〇分が1分ずつ順番のプリント(180枚)

カラーインクを節約したい方向けに、①のプリントを白黒にして少しアレンジしたものです。

全部で720問(プリント180枚)あります。


⑤白黒:〇時〇分がランダムになっているプリント(180枚)

カラーインクを節約したい方向けに、②のプリントを白黒にしたものです。

全部で720問(プリント180枚)あります。


⑥白黒:1枚に1つの文字盤のプリント(720枚)

カラーインクを節約したい方向けに、③のプリントを白黒にしたものです。

720問(720枚)あります。


時計学習の導入にお使いください。

====利用詳細====
本データを再配布/再販することはできません
①②④⑤はデータ容量が大きいため3つのPDFデータに分けてあります。
14個のPDFファイルに分かれており、合計254.2MBの容量があります。ダウンロード後、必要に応じて圧縮して保存して下さい。

ここから先は

149字 / 14ファイル

¥ 300

期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?