Oculus Quest2 VRCOVER製品レビュー
見出し画像

Oculus Quest2 VRCOVER製品レビュー

Luck【ラック】

VRフリークの皆様ごきげんよう、Oculus Quest2(以下Quest2)は公式を含め拡張パーツが多く発売されています。
今回はVR COVER社のサードパーティ製品を4つ紹介したいと思います、最後までお付き合い頂ければ幸いです。

また、今回は初の試みとしててふのフェイリンさんとのクロスレビューを行います。
当記事と比較しながら製品を選ぶとより良いと思われます。

【注意】
完全に主観による評価になります。
情報に間違いや齟齬が発生する可能性がある事をご了承下さい。

また、記事を参考にVRHMDや製品等を買った際、問題が発生しても当方責任を負いかねますのでご了承の程お願いします。

Facial Interface & Foam Replacement Set

所謂フェイスクッションで、PUレザー製のフェイスクッションとゴム製の鼻当てがセットになっています、価格は29ドル。

画像1

箱外観、販売時期によっては四角かったりするようです

画像2

セット内容、お試しの使い捨てフェイスクッションも付属していました

StandardとComfortの2つセットになっており、Comfortの方が分厚いです。
当記事ではComfort型のレビューを中心にしていきます、Standardも悪くはないものの、Comfortに比べると装着感が若干劣ります。

画像3

画像4

標準フェイスクッションとの比較

比較をしてみると分かるように、標準フェイスクッションと比べ厚くなっており、装着感向上に一役買ってくれています。
素材もスポンジ状の物からPUレザーに変わっており、汗を吸いこむといった事態が起こらなくなり衛生面で管理がしやすくなりました。
また、鼻当てのゴムが追加されており、外からの明かりが入ってこないよう工夫がなされています。
これが没入感向上にかなり貢献しており、このためだけにフェイスクッションを交換してもいい位です。

実際の装着感ですが、標準のものよりもかなり良くなり、またホールド感も上がりHMDの左右のズレ等も少なくなりました。
フェイスクッションはマジックテープで着脱可能で、汗をかいたりしてもウエットティッシュ等で一拭きすれば良いため管理も非常に楽です。

総じて標準クッションから買い替えない理由が見つからない良品です、Quest2ユーザーであれば買って間違い無いでしょう。
尚、Quest 2は初期出荷分のフェイスクッションがリコール対象となっており、リコール後に届く代替品がこちらの製品だったりします。

Headstrap Replacement

ゴムバンド製の後頭部ストラップで、純正ストラップを強化したような性能を持っています、価格は24ドル。

画像5

かなりコンパクトに収まっています

画像6

画像7

装着した外観、かなりゴチャゴチャしています

使ってみた感想としては、装着が難しく、また調整も一癖あります。
しっかりと調整した際のホールド感はとても強く、標準ストラップと比べズレがかなり少なくなります。
また、他のストラップとは異なり後頭部に邪魔な物が無いため、背もたれを利用した際や睡眠時に邪魔にならなかったりします。
現状、ゴムバンドを利用したストラップでこれ以上の物は無いと思える位には装着感に優れていると思われます。

若干調整に癖はあるものの、Quest2を持っている人であれば買って損は無いでしょう。

Controller Grips

既存のコントローラーをスッポリと覆うような形のグリップで、手を開けたりした際にコントローラーの落下等を防ぎます、価格は29ドル。

画像8

外箱、かなりコンパクトに収まって届きました

画像9

中身、本体の他説明書と予備用のパーツが付属しています

画像10

画像11

画像12

写真の通り、手を放してもコントローラーがしっかりと固定されており、没入感の向上に一役買っています。
ホールド感やグリップもかなり良く、激しい動きをしても滑るといった事は無いでしょう。
流石にValve indexコントローラーと比較してしまうと若干固定が甘く感じる部分がありますが、そこは値段なりとも言えます。
ほとんど唯一と言っても良い欠点は電池交換の際取り外しが不便であるという点ですが、Quest2のコントローラーは元々電池の持ちが恐ろしい程に良いのであまり気になりません。

更なる没入感を追い求める方や、Beat Saber等激しい動きをする方にオススメです。

Cool XG Foam Replacement Set

最初に紹介したフェイスクッションとは若干異なった素材で作られており、冷却性ジェルが使用されています、価格は29ドル。

画像13

画像14

先に紹介したフェイスクッションとは違い本体のみで送られてきました、この商品単体では使用ができません。
利用するにはFacial Interface & Foam Replacement Setの購入が必須となります。

実際の使用感ですが、確かに冷却素材が使われているというだけあって若干冷たい感覚がありますが、肝心の装着感自体が先に挙げたフェイスクッションに劣っており、残念ながらあまりオススメできる代物ではありません。
もう少し素材を厚めに作ってあれば暑い時期に使用したかったのですが、現状購入したはいいものの使用しておりません。

正直購入はあまりオススメできません、せめてこの商品単体で使用できればまだ良かったのですが。

補足

上述した商品は全てOculus公式が販売しているケースに収まります。

画像15

終わりに

最後まで読んで頂きありがとうございます。
VR COVER社はValve indexのフェイスクッションを利用している時から贔屓にしている企業で、他にも色違いのフェイスクッションやらシリコンカバーと色々販売しています、興味があれば他の商品を買ってみるのも面白いかもしれません。
Oculus Quest2はその他にも様々な会社からサードパーティ製品が発売されていますが、VR COVERという会社の製品は高品質であると読者の方に伝われば幸いです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Luck【ラック】
VR技術の普及と考案、研究をしております。VRCID:Luck【ラック】 VRChat用ポスター及び当記事を本にした3Dモデル配布所:https://drive.google.com/drive/folders/1Vx0Agmd9LrQcQPn9xQr5TVXO-Ct9Hh3Q