見出し画像

<クイズの答え> 1枚目と、2枚目のイラストの違いわかりますか?

<クイズ>
1枚目と、2枚目のイラストの違いわかりますか?

画像1

画像2

イラスト:@hiroki.38



***


<答え>

このイラストは、「サッカーをモチーフにして日本の子どもの貧困問題」をイラストレータの宮内大樹さんに描いて頂きました。

日本では、子どもの約7人に1人が貧困状態にあります。
サッカーに例えると、11人の中に1人いることになります。
イラスト上で、1人だけ影がユニフォームを着ていない子どもは、日本に潜む貧困の見えづらさを表しています。

日本では、最大9万人の子どもたちが相対的貧困下の状態にありながら、サッカーをしている可能性があります。
その存在を部活やクラブチームが把握しているケースは少なく、現実的にはサッカーをしたくても、経済的な理由により部活・クラブに所属していない子どもたちが多いのかもしれません。

問題は、その存在が見えづらいことなのか、
それとも、私たちが存在を見ようとしていないことなのか。

サッカーに関わる多くの人がその存在に目を向け、声を聞きはじめることで状況は変わります。必要なサポートができるようになり、子どもたちは仲間たちと一緒に、同じユニフォームを着て、大好きなサッカーを楽しむことができるようになります。サッカーを愛する人たちには、そうして今を豊かに変える力があります。

サッカーを愛する多くの人がそうであるように、サッカーを好きになった子どもたちの人生が豊かになるよう、行動していけると幸いです。


<イラスト>

●1枚目(Before)
・私服でプレイ
・影が一人だけユニフォームを着ていない(貧困の潜伏)
・バラバラな配置
・全員ボールを見てプレイしている
・土のグラウンド
・笑顔


●2枚目(After)
・ユニフォームでプレイ(平等)
・同じ影(チームワーク)
・フォーメーション配置(知識、教育、一体感)
・各々が周りの友達を見てプレイしている(視野、思いやり)
・芝のグラウンド(環境の向上)
・さらに笑顔に(気付き、解決)


***


love.fútbol Japanでは現在、「子どもサッカー新学期応援」事業を通じてサポートを希望する子どもを募集しています。

日本国内で経済的・社会的な理由でサッカーをしたくても諦めている、または続けることに悩んでいる子ども・若者を対象に、新学期を安心して迎えてサッカーを続けられるように奨励金の支給、社会との繋がりをつくるプロサッカー選手とのオンライン相談、用具の支援をおこないます。

▷概要・申し込みはこちら


また、動を応援してくれるサポーターを募集しています。
この活動は、love.fútbol Japanに寄せられる寄付を原資に実施しています。
これから規模を大きく、継続していくために、新しい支援者を必要としています。
現在、112人ものマンスリーサポーターに支援いただいています。
月額寄付1,000円のサポーターが200人になると、今回の倍の60人規模の子どもたちに支援ができるようになります。


みなさんの寄付と思いを、愛と責任持って子どもたちに繋いでいきます。

拡散、ご支援のご協力宜しくお願い致します。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
17
サッカーしたくてもできない子どもたちの環境を変えるため、日本・アジア・ブラジルで、コミュニティ型のサッカー・スポーツグラウンドづくりをしています。https://www.lovefutbol-japan.org/