見出し画像

情報交換の重要性👶 ママ and the Baby.

👶

生まれて初めてママになって、

ベビーカーを押して出かけるようになった頃、

衝撃を受けたことがありました。

それは、

ママになるまで頭の中にあった

#それまでの地図が通用しないこと

比喩じゃないのです、コレ。

ベビーカーに赤子を乗せて、

おむつやらお湯やら着替えやらが

つまった大きなバッグを持って

ワンオペで外出すると、

「エレベーターがどこにあるか」が最重要で。

それまではそこを意識することなく

街を歩いていたわけで。

行き慣れた場所すら、

初めて足を踏み入れた場所みたいだった。

コレは、大きな衝撃だった。

「あ。行き止まりだ」...となるたびに、

ちょっと唖然となってしまった。

クタクタになった帰り道、

エレベーターを見つけられずに

人混みの駅で、

ぐずり出す赤子...。

もうね、途方に暮れたし

こちらも泣きたくなったなぁ...

やっとの思いで最寄駅について

エレベーターで地上に上がったら、雨。とかね。

「あ。もう気軽に外出とか絶対やめよ」ってなったな。笑泣

今だからちょっと笑えるくらいの思い出だけれど、

当時はもう色々とビックリすることばかりだった。

グッタリだった。

二人目以降は一人目よりはラク、とはよくいうけれど、

ただコレはもう単純に

#生まれて初めての育児 でなんとか取得した

「赤ちゃん連れて歩く地図を持っているから」だと思う。

#第一子とともに歩むファースト1年

この続きをみるには

この続き: 3,475文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
売り上げの一部を、支援が必要な子供達のために活動する団体に寄付させていただきます。一年の終わりに、ノートでご報告致します。

髪は常にボサボサ、 イケてた自分は過去の話、 メイクしてる他のママは 別惑星のセレブに見える余裕のなさ...、 出産までは最愛だった夫が …

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
𝕃𝕚𝕃𝕪

決して安くない月額制の保健室への参加、本当にありがとうございます。こちらのサポート機能は、支援が必要な子供達のための募金箱として使います🎁募金したい時にお使いください。一年の終わりに代理で寄付させて頂きます(noteでご報告しますね)

よかったぁ🌙
24
作家。39歳。蠍座。横浜生まれ。NY、FLでの海外生活を経て上智大学卒。25歳でデビュー。著書多数。最新刊は「別ればなしTOKYO2020」(幻冬舎)。「VERY」「Otona Muse」連載中。東京在住。11歳&9歳の母。www.lilylilylily.tokyo