【YouTubeに裏技はありません】
見出し画像

【YouTubeに裏技はありません】

残念ながら事実です。。。

でも、YouTubeを伸ばす近道があるとしたら、
知りたいですよね?


こんにちは、らいとです。


裏技って魅力的ですよね?


僕は子供の頃はゲームの裏技を調べて、
色々やっていました。


✅最初から最強装備をゲットできる!

✅とある方法でラスボスまですぐに辿り着ける!!


こんな裏技がYouTubeにもあったらな・・・。


そんな事を考えたことがある人は、僕だけじゃないはずです。

ㅤㅤ

YouTubeを2年ほどやって来て分かった事があります。


YouTubeに裏技はない!!


でも、近道はある!!!


ただ、

多くの方は近道を探そうともせずに、
YouTubeという名のダンジョンを彷徨い続けるか、

裏技を求めて、一見強そうな装備を身に付けているだけの状態です。


どんなに強そうな装備を身に付けても、
装備を扱う本人のレベルが低かったらボスは倒せないですよね。


YouTubeの裏技ってこういう事だと思うんです。


なので今回は、


「YouTubeにおける進むべき近道」について解説します。


YouTubeが収益化するまでの道のりは「茨の道」です。


時間をかけて作った動画が再生されないとモチベーションが保てないですよね?

早く収益化したいと焦るばかりに相互登録などをしてしまいがちです。


何度も言いますが、相互登録やSNSでの宣伝は、
百害あって一利なしですので、今すぐやめましょう!!




まずは、

YouTubeはどのように伸ばしていけばいいのかを整理します。


まずは視聴者に動画をみつけてもらう


方法としては、YouTube検索、ブラウジング、関連動画があります。


この中でも一番コントロールしやすいのが「YouTube検索」です。


YouTube検索は、検索・需要ボリュームが多いキーワードを使うことで、
ある程度の視聴者に動画を見つけてもらう可能性が出てくるからです。


動画を見つけてもらえたら、動画を見てもらわなければいけません。


そこで必要な事が、


✅クリックしたくなる「魅力的なサムネイルとタイトル」

✅視聴者が最後まで見たいと思う「動画のクオリティ」



です。


ここで視聴時間がどれだけ稼げるかという事が、
YouTubeの評価を高めます。


YouTubeの評価が高くなると、インプレッションが広がります。


多くの人に動画をオススメしてくれる状態です。



この状態になるまでに、仕掛けておきたい事があります。


それは、


自分のチャンネルを回遊する仕組みを作っておくことです。



具体的には、

・再生リストを作成し、動画を連続して見てもらえるようにする

・終了画面に最適な動画のリンクを配置しておく


特に大事なのが、

・動画内で自分の他の動画を紹介して誘導する

という事です。



このチャンネルを回遊する仕組みを作っておければ、

一つの動画が大きく再生回数を伸ばした場合に、
他の動画の再生回数も伸び始めるようになります。




この状態になれば、更に視聴時間が溜まり、もっとインプレッションが広がります。


そうなると、
視聴者のおすすめ画面や他チャンネルの関連動画に表示されるようになってきます。


更に自分の動画の評価が高くなると、
関連動画に自分の動画が表示されるようになります。


ここまでくれば、収益化はあっという間に終わっています。




要するに、


チャンネル初期は、YouTubeに自分の動画を表示してもらう、

そして、表示してもらった動画を最後まで見てもらう事が重要だという事です。



では、YouTubeに自分の動画を多く表示してもらうためにどうすればいいのか?


まずは、

投稿頻度を高くする

ジャンルによって頻度は異なりますが、
ライバルチャンネルの投稿頻度と同じか、それ以上を目指せるといいです。


ただし、無理に毎日投稿などをしようとして、
1本ごとのクオリティが下がってしまっては意味がないので、

視聴者が最後まで見たいと思うクオリティは保ってください。



次に

トレンドを予測する

トレンドに乗れれば、チャンネル初期に重要な、
検索需要が一気に増えます。


トレンドは出来る限り、
トレンドが起きる前に仕込んでおけると良いです。


どんなに遅くてもトレンドが起きた初期までです。


それ以降は、多くのライバルが参入してくるため、埋もれてしまいます。


例えばトレンドは、


・クリスマスやバレンタインデーなど必ずやってくるイベントに関連

・新商品の発売日、

・4月などの入社シーズン、

・夏休み・冬休みなどの大型連休


など、

予測できるトレンドはいくつもあります。


ただし、
トレンドを利用する時は注意も必要です。


トレンドは自分のチャンネルの属性とは異なった属性の視聴者も流入させてしまう可能性が高いため、
YouTubeが誰に動画をおすすめしていいのか分からなくなってしまう事があるからです。

ㅤㅤ
最後は、

動画は長尺がいい

YouTubeは視聴時間が溜まれば良い動画と認識されるので、


視聴者維持率が高い、長尺の動画を投稿できれば、
視聴時間はどんどん溜まっていきます。



例えば、

・5分の動画が50%の維持率なら2分30秒

・20分の動画が50%の維持率なら10分

というように、


きちんと最後まで見てもらえていれば長尺動画が有利なんです。


ただし、

維持率が50%以下になってしまうなら、
動画のクオリティが低いか、動画が長すぎる可能性があるので注意して下さい。



いかがでしたか?


YouTubeを伸ばすための最短の近道が分かって頂けたでしょうか?


この近道を進むためには、


やっぱり重要な事は「リサーチとモデリング」になります。


それぞれの細かい方法については、過去の投稿に記載していますので、
是非、見てみて下さい!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
YouTubeマーケター。数々の挫折を繰り返して将来に不安を覚える。 2020年からYouTubeを運営するが上手くいかない。 転機はYouTubeの仕組みを学んだこと!今は月収50万円を1日1時間の作業で実現中!! YouTube初心者が抱える【悩みの解決方法】を発信中。