リエゾン川南

発達障がいがある子どもをもつ親の会として活動しています。発達障がいへの社会的認識も高まってきていますが、地域差があるのが現状です。小さい町にも認識が行き渡り、個人で抱え込み悩む親や保護者達が少しでも減っていく事を願って立ち上げました。
固定された記事

発達障がいをもつ子どもを育てる親の会の発足

初めまして。リエゾン川南です。 ある小さな地域で、子どもに起きた出来事。 それは、「ちょっと普通の子と違いますね」 と言われて始まるいくつもの出来事。 それを受…

あっという間の1年

入学して早くも1年が経ち、 中学一年生が修了した。 あっという間の1年間。 皆さんはどうだったですか? 学生の頃は時間が経つのが ゆっくりで、 大人になると 1ヶ月、1…

2か月前

インクルーシブ教育と合理的配慮

どれだけの人が 『インクルーシブ教育』なんて言葉を 知っているのだろう。 どれだけの人が 『合理的配慮』なんて言葉を 知っているのだろう。 一般的には、 知らない人の…

3か月前

リエゾン川南では、毎月定例会を行なっています。

毎月お話の会をしているのですが、 お話の会の方法は様々です。 先日は初めてzoomを使った オンライン会をしてみました。 これまでグループで 会話ができるツールを使っ…

4か月前

お小遣いと療育

うちの家庭では 中学生になると お小遣い制にしている。 中学に入る前に、 うちの子と取り決めをした。 お小遣いは、 お金のお勉強。 お金は湯水のように 湧いてくるわ…

6か月前

良しとしようよ。

私の性格上、 ついつい手を出してしまう悪い癖。 過保護… 過干渉… これ、子どもが一番嫌がるやつ。 発達障がいがあるうちの子。 声をかけたり 手を差し伸べたり 時…

6か月前