見出し画像

ガルパンGの朝一サンプルデータ分析と簡易的なリセ期待値計算

前から試してみたかったnoteで書いてみます。

ガルパンGのリセットデータを集めて簡単に分析しました。サンプル数が少なく、また平均設定も高いであろうサンプルを使っているため、あまりあてにはならないかもしれませんが、もしかしたリセット旨いかもなデータです。

データの信頼度が低いので、数字を鵜呑みにせず自分で分析できる人向けです。

有料部分の内容

有料内容はデータ分析と簡易的な期待値計算です。

初回公開時のサンプル数は216件。
(※現在のサンプル数は2032件)

朝イチの直撃率を中心にデータを集計分析しています。

直撃率の設定差がどの程度かのイメージもつかみたかったので、朝イチ直撃台を終日PAYOUT別に分けた直撃率もまとめてあります。ただし差枚数はグラフから目視で読み取った数値なのでPAYOUTはおおよその数値だということを了承してください。

※7/12 朝イチ直撃ゲーム数と終日差枚の相関を追記
※7/13 朝イチCZの当選ゲーム数分布を追記
※7/14 直撃orCZ別のAT平均連チャン数を追記

購入前の注意

①:サンプル数が少なく平均設定も高いであろうデータからの分析、考察です。

②:価格を変更する予定です。

公開直後は500円に設定しますが、
1週間後(7/17予定)には400円、
2週間後(7/24予定)には300円、
3週間後(7/31予定)には200円、
4週間後(8/7予定)には無料にするつもりでいます。

これはこの情報が時間が経つにつれて陳腐化するであろうことが目に見えているからこその措置です。

③:サンプル数を増やすつもりでいます。

公開直後は216件のサンプル数ですが、7/16までを目安に少しずつでもサンプルを増やすつもりでいます。(初期購入者が多ければ頑張る)

またサンプルを増やした結果、データと分析内容が乖離して考察自体が変わる可能性もあることをご了承ください。

---------------------------------------------

現在のサンプル数:2032件

---------------------------------------------



※7/12 朝イチ直撃ゲーム数と終日差枚の相関データを追記しました。

※7/13 朝イチ当選ゲーム数のゾーン振り分けを追記しました。

※7/14 直撃orCZ別のAT平均連チャン数を追記しました。

朝一リセット後の直撃データ

サンプル総数:2032台
朝一直撃台数:264台
直撃率:12.99%

約7.7分の1。CZのAT当選率を40%とすると全体の約32.5%は朝一内部的にチャンスゾーンに突入してることになります。

終日PAYOUT別の直撃率

110%以上台:15.86% (46台/290台)
110%未満台:12.51% (218台/1742台)
(※設定6近似)

105%以上台:15.96% (91台/570台)
105%未満台:11.83% (173台/1462台)
(※設定5近似)

102%以上台:16.01% (131台/818台)
102%未満台:10.96% (133台/1214台)
(※設定4近似)

100%以上台:15.33% (151台/985台)
100%未満台:10.79% (113台/1047台)

(※差枚プラス・マイナス)

99%以上台:15.20% (161台/1059台)
99%未満台:10.59% (103台/973台)
(※設定2近似)

97%以上台:14.88% (180台/1210台)
97%未満台:10.22% (84台/822台)
(※設定1近似)

最終差枚-2000枚以上の台:13.47% (236台/1752台)
最終差枚-2000枚未満の台:10.00% (28台/280台)
(おまけ)

---------------------------------------------

PAYOUT別に見ると高PAYOUTのサンプルグループは直撃率が高い傾向が現れました!
(※サンプル数が少なかったnote公開直後はPAYOUT別に見ても差がありませんでした。)

6号機の性質上、プラス域(少なくとも105%以上)に低設定の誤爆が紛れ込んでいる可能性は低いので、高設定ほど直撃しやすいといってもいいかもしれません。

※戦車道チャレンジの成功期待度に設定差があるようなので、内部CZ移行率自体に差が無くても、CZの成功率の差によって朝イチ直撃率が変わっている可能性はあります。


最初は朝一直撃については以下の予想1と予想2の2パターンを想定していましたが、今は第3の予想が本線です。

予想1:朝一内部CZは設定差がない。あったとしてもそこまで大きくない。
予想2:朝一内部CZは高設定優遇。ただし高設定がめちゃめちゃ荒いため差枚マイナスになりやすくデータからは見分けられない。

予想3:朝一内部CZには設定差はあったとしてもそこまで大きくなく、低設定でも朝一内部CZであることはそこまで珍しくない。ただし戦車道チャレンジの成功率に設定差があるため、直撃率にも設定差となって表れている可能性がある。


直撃だけを狙っちゃう立ち回り

直撃率のデータがどれくらい信頼できるかにもよりますが、仮に12.99%で直撃が取れるとしたらリセット台を35Gずつ確認するとしても1/269で初当たりが取れます。

今よりもデータが落ち着いて直撃率10%程度になったとしても、台あたり35G回して1/350の初当たりが取れます。


※8/7追記

朝イチリセット時は、もっと効率のいい立ち回り方があります。別の方が有料情報としてnoteを書かれているので探してみてください。



朝イチ直撃ゲーム数と終日差枚の相関

※7/12 追記

朝一内部あんこうなら設定に期待できるかも?というアイディアをいただいたので集計してみました。

---------------------------------------------

23G以内直撃台:4.55% (12台/264台)
プラス差枚率:41.67% (5台/12台)
(※戦車道チャレのジャッジ1回目)

26G以内直撃台:6.44% (17台/264台)
プラス差枚率:35.29% (6台/17台)
(※戦車道チャレのジャッジ2回目)

29G以内直撃台:10.61% (28台/264台)
プラス差枚率:42.86% (12台/28台)
(※戦車道チャレのジャッジ3回目)

30G以内直撃台:29.92% (79台/264台)
プラス差枚率:56.43% (43台/79台)
(※有利区間移行1G+ジャッジ3回目)

31G以内直撃台:35.98% (95台/264台)
プラス差枚率:54.74% (52台/95台)
(※有利区間移行2G+ジャッジ3回目)

32G以内直撃台:41.29% (109台/264台)
プラス差枚率:55.96% (61台/109台)
(※有利区間移行3G+ジャッジ3回目)

---------------------------------------------

ほぼ確実に内部的にあんこうチャレンジだと言えそうな、23G以内の直撃台はサンプル数がめちゃめちゃ少なく、直撃台全体の中で約5%、総サンプル数の中で見ると1%に満たない数値でした。

サンプル数が少ないので憶測の域をでませんが、プラス差枚率も半分以下だったので、内部あんこうだったからと言って高設定とは今のところ言いづらいです。

あんこう祭り自体には大きな設定差がありますが、朝イチ内部あんこうだけで高設定を判別できるほど信頼度の高い要素ではないということですね。

なお薄いとは思いますが、内部CZ中にみほ揃いを引いた場合の判別のために、朝イチ23G以内での直撃時は逆押しでみほ図柄を狙ってみてもいいかもしれません。


一方で気になったのは30Gピッタリでの当選数の多さです。39台がこのゲーム数で当選していました。29G以内の直撃台数をすべて合わせても26台なので、この1Gには意味がありそうです。

単純に考えるなら、有利区間移行で1G消化した後、内部CZでの当選はほとんど29G目に当選しているため、1+29で30G目の当選が多くなっていると予想できます。

もちろん有利区間突入ゲームが遅れた場合は、その分だけ後ろにずれるので有利区間ランプはよく確認して打つ必要がありますね。



朝イチCZ当選ゲーム数振り分け

※7/13 追記

CZの当選ゲーム数の振り分けを調べました。

まず当選率が高かった部分について。

120~150G付近のCZ当選率が高くなっており、パンツァーハイの影響が見えました。

表では色付けしていませんが、220G付近、320付近のCZ当選率も高くなっているので早めの周期到達にはパンツァーハイ当選が欠かせないことがわかります。


おまけで、これは単にサンプル不足のせいかもしれませんが、80G~100Gの当選率もごくわずかに上がっていました。

もしかしたらあり得るかなと個人的に思ったのは、朝イチ内部的にCZでCZをスルーした場合の周期到達と、朝イチ内部通常だった場合の周期到達が重なる可能性が高いゲーム数なのかなと予想しています。


次に当選率が低かった部分について。

80G以内のCZ当選率が低いです。

単純な理由として2つ考えられて、1つは朝イチ内部CZを消化している分だけ周期開始が遅れていること、もう1つは1周期目は300ptからスタートしているため。

朝イチ内部CZを消化している台は、単純に約30Gほど周期開始が遅れます。その分周期到達も遅れているはずです。

2周期目以降なら前周期で超過したポイントを引き継いで少ないポイントから周期を開始できる可能性がありますが、1周期目はひとつ前の周期からポイントを引き継ぐということがありません。そのため平均よりも周期到達にゲーム数がかかっていることが考えられます。


以上のことから、朝イチ直撃しなかった場合は基本即ヤメ。

やめる直前にレア役を引いた場合や、高確ステージ移行、あるいはCZ当選示唆ステージ移行などが見られた場合のみ、1周期目到達を目指すといった立ち回りがよさそうです。



初回AT当選時の連チャン数

※7/14 追記

---------------------------------------------

サンプル総数:997台
直撃台サンプル数:264台
CZ経由サンプル数:733台

平均連チャン数:4.33連
直撃台連チャン数:4.31連
CZ経由連チャン数:4.34連

6連以上:19.96%
直撃台で6連以上:20.45%
CZ経由で6連以上:19.78%

11連以上:6.52%
直撃台で11連以上:4.92%
CZ経由で11連以上:7.09%
(※CZ権利獲得率)

---------------------------------------------

初回AT当選時の連チャン数を集計してみました。

最も多かったのは2連終了。初当たり時のパンツァーアタックと救済引き戻しがあるおかげで、単発終了は少ないようでした。

また5の倍数セットは黒森峰の出現率が高いためか、ストッパーになっているのが見て取れました。


次に、直撃台とCZ経由台の違いですが、結果から言うとわずかに直撃台が冷遇されていました。

特に顕著だったのが11連以上でのデータで、直撃台だと約4.9%でしかCZの権利を獲得できていませんでした。

単に10連目だけがストッパーというわけではなく、7、8、9連目でも苦戦しているので、この4連戦が冷遇されたシナリオが選ばれやすいのかもしれません。


なお前作ガルパンではシナリオに設定差がありましたが、今作では全設定共通でシナリオ抽選が行われているようです。





---------------------------------------------
---------------------------------------------
---------------------------------------------

前述したCZ当選振り分けを集計して、平均を出すと実は当選ゲーム数が若干優遇されているっぽいデータになります。

このデータを見て、note公開直後は朝一CZまで打ち切った方がいいんじゃないかと考えていたので、その場合の期待値を計算していました。

以下はその名残です。


-----  CZまで打ち切った方がいいと思ってた時の考察  ここから-----


初回CZの平均当選ゲーム数

サンプル数:1768台
サンプル全体の平均当選ゲーム数:139.03G
プラス差枚台の平均当選ゲーム数:135.80G
マイナス差枚台の平均当選ゲーム数:141.90G
97%未満台の平均当選ゲーム数:144.42G

初回CZの平均成功率

サンプル数:1768台
サンプル全体のCZ成功率:41.46% (733台/1768台)
プラス差枚台のCZ成功率:44.48% (371台/834台)
マイナス差枚台のCZ成功率:38.76% (362台/934台)
97%未満台のCZ成功率:37.80% (279台/738台)

簡易的な期待値計算

97%未満台のデータで整理。
CZ平均当選ゲーム数:144.42G
CZ成功率:37.80%
CZ自体のゲーム数:29Gと仮定
設定1のコイン持ち50.4G/50枚
設定1の初当たり期待枚数414枚

投資:{(144.42G+29G)/50.4G}*50枚=172.05枚
回収:38.71%*414枚=156.51枚
期待値:180.82-176.40=-15.53枚

周期抽選だけだと期待値マイナス。直撃抽選が加わって初めてプラス域に入ります。

直撃を抽選を加味した周期ゾーン狙い期待値

リセット台を0~CZ消化まで打った場合の期待値です。終了条件はCZ失敗orAT消化でヤメ。

サンプル全体(データそのまま)
直撃時の平均G数:33.24G
直撃率:12.99%
CZ当選までの平均G数:139.03G
CZ成功率:41.46%
CZゲーム数:29G
平均消化G数:154.28G
コイン持ち:50.4G/50枚
平均投資枚数:153.06枚
初当たり期待枚数:414枚
平均回収:203.12枚
期待値:50.06枚
期待値(円):+1001円
PAYOUT:107.83%

97%未満台データ+辛めに見積もって計算
直撃時の平均G数:35G
直撃率:10.00%
CZ当選までの平均G数:144.42G
CZ成功率:37.80%
CZゲーム数:29G
平均消化G数:159.58G
コイン持ち:50.4G/50枚
平均投資枚数:158.31枚
初当たり期待枚数:414枚
平均回収:182.26枚
期待値:23.94枚
---------------------------------------------
等価期待値:+478円
5.3枚現金期待値:+272円
5.6枚現金期待値:+88円

---------------------------------------------
PAYOUT:103.47%
5.3枚実質PAYOUT:101.98%
5.6枚実質PAYOUT:100.64%
---------------------------------------------


---------- CZまで打ち切った方がいいと思ってた時の考察 ここまで----------


※7/13 追記

直撃ナシがわかって捨てられた台を想定して、31GからCZ当選まで打った場合の期待値を計算したところ、等価で103.0%、5.6枚現金投資で100.2%くらいになりました。

プラスはプラスですが、前述の通り30G~80G以内の当選率が低く、それなりにゲーム数がかかるため、朝イチに優先して行う立ち回りではないです。

---------------------------------------------



まとめ

まだ内部CZの挙動についてはハッキリしませんが、差枚数別に直撃率を見ると差が見られました。ただしこの差は戦車道チャレンジの成功率の設定差が反映されている可能性があります。

ただし、低設定だからと言って内部CZに移行しないというわけでも無いので、朝イチリセット台を打って回るのはアリですね。


またリセット後はCZ当選までのゲーム数が平均より少し短いこととを根拠に、CZ当選まで打った期待値も計算していました。

しかしサンプルを増やした現在のところは、無条件にCZ当選まで打つのは止めた方がいいという考えに変わっています。

基本的には直撃しないことを確認したら即ヤメ。場合によっては1周期目するという立ち回りを推奨します。




なお、7/16あたりまでをめどにサンプルを少しずつ増やしていこうと思っているので、経過観察にお付き合いいただけると幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
5

こちらでもピックアップされています

ガルパンG 攻略
ガルパンG 攻略
  • 3本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。