新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

新型コロナ感染拡大がエンターテインメント業界にもたらす光と影(前編)~ホームエンターテインメント:売上好調なゲーム産業

※この記事は5月11日にUPした有料記事「くねくねハニィのWhat's up? ~最近どうよ?~5月前半号」を元にして作ったショートバージョンです。定期購読されている方、記事自体を単発で購入された方は、この記事をご購入されませんようお願い申し上げます。

~~~~~~~~~~~~~~

定期購読マガジンやメールマガジンで配信したところ、読者からの反響が大きかったので単独記事にしてみました。

3月からお伝えしていますが、コロナ感染拡大における世界的な「Stay home」の流れで、ゲーム産業はもとより、映像ストリーミングなどホームエンターテインメントにかなりの活況をもたらしています。

その一方で、映画館やテーマパークといった「ホーム」ではないエンターテインメントは他の業種と同じように苦境に追い込まれています。

今回は「新型コロナ感染拡大がエンターテインメント業界にもたらす光と影」と題し、前編ではコロナ感染拡大がゲーム業界に与えた影響や変化を、明日公開予定の後編では映画に関わる映画館・制作スタジオ・動画配信会社やテーマパークにもたらした影響を解説していきます。

(今回の記事は、$1=107円で計算しています。)

ゲーム業界への影響

(1) 任天堂が絶好調!

任天堂が5月7日に2020年3月期決算(2019年4月1日~2020年3月31日)を発表しました。増収増益です!

売上高 1兆3,085億円(前期比 9%アップ)
営業利益  3,523億円(前期比 41.1%アップ)
経常利益     3,604億円(前期比 30%アップ)
純利益      2,586億円(前期比 33.3%アップ)

Nintendo Switch (本体)が好調

2019年9月に「Nintendo Switch Lite」が発売され、従来の「Nintendo Switch」と合わせて期内のみで2,103万台を販売したとのこと。前期の1,695万台を大きく上回る結果です。

画像32

ソフトウェアも好調

Nintendo Switch向け1stパーティのソフトウェアは当期のみで1億6,872万本を販売しており、前期比42.3%アップ!となっています。また、別ルートの情報によれば、任天堂はゲームソフト売上の約半分はデジタルだったと認めているようです。デジタル版のシェア…半分ですか!

<任天堂1stパーティのNintendo Switch向けミリオンセラー>

画像33

とくに『Animal Crossing: New Horizons(あつまれ どうぶつの森)』は発売から11日で1,100万本以上を達成しており、Nintendo Switchの全世界の売上台数を5,500万台まで押し上げるのに貢献しました。

画像34

Nintendo Switch Onlineは?

Switchのプレミアムオンラインサービスの加入者数が1,500万人を突破しました。2019年4月の段階では1,000万人弱でしたから1年で1.5倍以上有料会員が増えたことになりますね。『Pokemon Shield/Sword(ポケットモンスター ソード/シールド)』と『Animal Crossing: New Horizons(あつまれ どうぶつの森)』のユーザーがこぞって加入したこともこの急激な増加をもたらしたとのことです。

画像35

ニンテンドー3DS

一方、ニンテンドー3DSの販売台数は69万台(前期比 73%ダウン)、1stパーティとしてのソフトウェア販売本数は499万本(前期比 62.3%ダウン)となっており、発売から9年を迎えるこのハードの今後は検討されているものと思われます。

画像36

デジタル売上、モバイルおよびIP収入

ソフトウェアのデジタル売上高は2,041億円(前期比 71.8%アップ)で飛躍的な増加を見せています。

また、モバイルおよびIP収入の売上高は、512億円(前期比11.5%アップ)と、こちらも堅調です。

画像37

今決算は、新型コロナウイルス感染拡大の影響でNintendo Switch(Lite含む)本体、『リングフィット アドベンチャー』を含む周辺機器の生産出荷の遅延もあったものの、当期業績への影響は限定的なものだと述べています。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で中国での生産体制が滞り、チャンスロスはあったものの、絶好調の任天堂は、追加生産を行ってすぐにキャッチアップするからね!ということでしょう。

全世界のステイホームに『Animal Crossing: New Horizons(あつまれ どうぶつの森)』が一役買っていることは間違いない事実ですからね。

この続きをみるには

この続き: 2,679文字 / 画像7枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
マガジンを購読すると月2回情報が飛んできます! ※note会員だけ購読できます。会員でない方は新規登録をお願いします。

ちょっとだけ知ってるけどよく知らない国内外ゲーム市場、産業について独自の解釈で解説しちゃうくねくねハニィの「What's up? ~最近ど…

または、記事単体で購入する

新型コロナ感染拡大がエンターテインメント業界にもたらす光と影(前編)~ホームエンターテインメント:売上好調なゲーム産業

くねくねハニィ

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ありがとう♪ いっぱいいっぱい情報書きます! 毎月10日、25日頃に更新しまーす。 次回もよろしくお願いします。

Thank you so much! シェアも頂けると嬉しいです♪
9
アメリカサウスダコタ生まれの日本人。小学生からはゲームセンターに通いまくって大きく育つ。大学卒業後、大手ゲーム会社にて海外ソフト担当となったもののサラリーマンに別れを告げるべく退職。それ以降は自称フリーのゲームアナリスト。

この記事が入っているマガジン

くねくねハニィのWhat's up?  ~最近どうよ?~
くねくねハニィのWhat's up?  ~最近どうよ?~
  • ¥550 / 月

ちょっとだけ知ってるけどよく知らない国内外ゲーム市場、産業について独自の解釈で解説しちゃうくねくねハニィの「What's up? ~最近どうよ?~」です。 海外市場レポートや業界最新ニュース、その他関連するホットな情報などにハニィがいろいろと解説を加えながら...他では読めない内容を盛りだくさんにして月に2回(10日、25日を目途に)お届けしまーす。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。